皆さん、こんにちは。

本日は、ビューティスタイリスト学科、ウエディングスタイリストコースのウエディングドレス撮影の作品をお送りします。

だいぶ前のブログ(6月??)にてドレスの撮影授業を行った様子をお伝えしたのですが、その作品データが到着しましたのでお披露目したいと思います!!!

まずは、キュートなイメージの作品→→
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3024.JPG
柔らかく、優しい印象に仕上がりました☆

続いては、クールなイメージ!!
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3025.JPG
背景の色や、照明の当て方で雰囲気がまったく変わりますね。

さらには、ナチュラルなイメージ作品→→
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3026.JPG
いい表情が出来ていて、可愛らしいですね♪

全て、白色のドレスなので、背景やポージング、撮影角度や光の当て方によって、イメージを変えることが出来ます。
撮影授業を通して、カメラの知識も得て、完成作品をチェックすることで、次回の作品への反省点と改善点を見出すことも行っていきます。

学生達は毎回、より良い作品にするべく様々な工夫や努力をしています。それが、社会人として現場に出た際の大きなスキルに繋がるんですね!!!



真剣な中にも、アイスブレイクは必要で...
最後にオフショット♪
学生リクエストの"ジャンプポーズ"!!!
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3027.JPG
キレイに飛べています!

今月は、カラードレスの撮影を行います。その様子はまたブログにて紹介しますね。
本日の担当は、オオバヤシでした**

みなさんこんにちは!
アーツサウンドビジュアル専門学校の山口です。
今回は、日本一?暑い気温を記録した館林市にある「館林市文化会館」にお世話になりました。その様子を取り上げたいと思います。

館林市文化会館は開館約43年と大変歴史のあるホールです。

到着後、早速反響板を組んでいただきました。
反響板とはオーケストラの演奏等、音を反射させて、客席に音を響かせるものです。これがあるのと無いのとでは音の大きさが全然違います。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3006.JPG
迫り舞台も実際に動かして頂きました。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3007.JPG

綱元での体験操作もさせて頂きました。最近のホールではオール電動式バトンが増えてきているので、今後綱元でのバランス取りも減少していくのかなと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3008.JPG
鏡板(能等で使用する)も吊られていました。
普段あまり見ない所作台(能や日本舞踊で使用する台)も見せて頂きありがとうございました。
本日はここまで!次回に続きます。

 みなさんこんにちは!

BURABI(群馬ブライダルビジネス専門学校)です☆

今回は学生が授業の中で仕上げた作品をご紹介していきたいと思います。

ブライダル実習の中では様々なコーディネートをしているのですが、今回は架空の新郎新婦様の「ウェルカムコーナー」をグループごとに作り上げました。

まずはこちら。
テーマは『Garden Wedding』
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3002.JPG
ポイントは
・立体感を大切にしたこと
・使う色をまとめたこと
・新郎新婦様の職業に関するものを入れたこと(酪農家・フラワーコーディネーター)
・光を取り入れて暖かい雰囲気にしたこと  


続いてはこちら。
テーマは『和モダン』
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3003.JPG
ポイントは
・バージンロードを意識した赤いランナー(真ん中に敷いてある布です)
・「寿」の下に「welcome」といれることで柔らかさをプラスしたこと
・手前の枯山水は2人の思い出のデート場所を表現している


続いてはこちら。
テーマは『Let’s just be who we are wedding』(私たちらしいウエディング)
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3004.JPG
ポイントは
・お二人が出会ったパリをイメージしたこと
・風船の中に花びらを入れることで華やかさをプラスしたこと


最後はこちら
テーマは『カントリー風』
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3005.JPG
ポイントは
・使う色のまとまりを意識したこと
・お2人の元気で明るい雰囲気を黄色を多く使用することで表現したこと

どれも個性的な作品が出来上がりました。
今回は1年生の作品でした。カラーやフラワーの知識を深めることで、もっともっと素敵なものがご提案できるようにたくさん勉強していきましょう★

以上、カトウがお送りしました~

↑このページのトップへ