こんにちは。

毎週月曜日は、ビューティスタリスト学科が担当します。

今日は、ウエディングスタイリストコース2年生の最後の作品制作の様子をお伝えします。
1年間を通じて、ドレスや和装の撮影授業を行っていますが、今回はそれぞれがドレスをテーマに思い思いの作品を仕上げました。

ヘアメイクからコーディネートはもちろんのこと、写真の構図取り、ポージング、撮影までを学生だけで行っていきました!!

2年間、コースの担当をしてきた中で、学生達の成長を感じることが出来、とっても感慨深い一日になりました。

それでは、学生達が選んだベストショットをご紹介します!!

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4196.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4197.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4198.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4199.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4200.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4201.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4202.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4203.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4204.JPG

もうすぐ卒業の日を迎える学生たちが、立派な社会人として現場で活躍することを楽しみにしています!!!

本日の担当は大林でした。

みなさんこんにちは。
アーツサウンドビジュアル専門学校です。
ワタシは先週末、ぐんま学生映像祭り2018上映会を見てきた様子を少しだけですが、報告します。
ただの観覧者です。

今回アーツサウンドビジュアル専門学校としては、製作時間がなくて、、作品参加できなかったのですが、、。
上映会は、スマーク伊勢崎のプレビ劇場で13時30分開場で14時開演でした。

少し早めに到着したので書店にて、来期のビジュアルサウンド学科、グラフィックの授業で使えそうな教材ないかな、、と探していました。この分野の書籍は高価で分厚いので、電子書籍にするか、、本で購入しようか、、と長いこと悩んでいました、、気がつけば開場時間過ぎてました。入場無料なので、制限かかるかもしれませんので、少し急いでチケットコーナー向かいます。席の方は、いいところ埋まっていましが、後ろの方は空いていたので、無事に着席して開演を待ちます。

この手のコンクールを見るのは初めてでしたが、自分の作品がスクリーンに上映されるのは、テレビ放送とちがって、いい気分になるのだろうなーと思いながら、、早めに場内の様子写真とっておきます。始まったらスマフォ使えませんですからね。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4193.JPG
群馬県内学生作品<全10作品>の上映が行われます、今回初見学で前知識なく、、理解っているのは、夏に講習会させていただいた高校生放送部会の学生サンが参加してるコトくらいですが、放送部会サンの作品は楽しみです。ドキュメンタリーやホラー、コメディーなど思っていたよりもいろいろなジャンルがありまして、、2時間ほどの上映会でした。

学生監督のコメントもたのしく作ったんだろうなーというのが伝わってきて良かったです。現場が楽しいのが1番ですからね。

コメントするなら、カメラの立ち位置が二人称で、すこし残念だったかな、、といったところですかね。
来年は学生とともに参加してみたいですね。
お疲れ様でしたー。

こんにちは!!

2月5日・6日に美容師国家試験(実技)第1課題「レイヤーカット」第2課題「ワインディング」を2年生が受験してきました。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4181.JPG
当日は朝早くから練習をして、みんなで試験会場に移動!
皆、緊張しながらも、今までの練習の成果を出せたと思います。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4182.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4183.JPG
今は、3月4日にある美容師国家試験(筆記)に向け猛勉強中です。

筆記試験では、「関係法規・制度」「衛生管理」「美容の保健」「物理化学・香粧品」「美容技術理論」が出題されます。四者択一問題なので、文章を読み解く力が必要ですね。

筆記試験の次の日は、いよいよ卒業式です。悔いが残らないように、全員が合格するために頑張っています。

美容師学科 倉林でした。

↑このページのトップへ