こんにちは、美容師学科の倉林です。
季節も変わり、大好きな秋がやってきました。

今回は、「パーマのしくみ」についてお話ししてみます。
現在、多く使用されているパーマ液は、「コールド二浴式パーマネントウェーブ」という種類のもので、パーマ1剤の還元剤が毛髪内の結合を切断し、パーマ2剤の酸化剤が結合を再結合させる仕組みでウェーブやカールが表現されます。

パーマ液は還元力の違いなどにより様々なものがあり、ウェーブやカールを出すために使用するロッド(毛髪を巻きつける)も様々なものがあります。

ロッドの種類(一部)
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3028.JPG

使用するパーマ液とロッドの組み合わせで、ウェーブやカールの大きさ、強弱などが変わってきます。もちろん、髪の毛の状態でも仕上がりは違ってきます。

ウェーブとカールの違い・・・
ウェーブは
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3029.JPG
髪の毛が、S字になった状態。これは、ロッドに髪の毛を3回転巻きつけることで表現できます。

カールは
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3030.JPG
髪の毛先が、Cの状態。これは、ロッドに髪の毛を1回転半巻きつけることで表現できます。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3031.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3032.JPG
写真(ヘアモード11月号)
青く澄みわたる空の下、鮮やかな装いや、シックな装いとともにパーマスタイルも楽しんでみてください。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3033.JPG
写真Lura japan11月号

皆さん、こんにちは。

本日は、ビューティスタイリスト学科、ウエディングスタイリストコースのウエディングドレス撮影の作品をお送りします。

だいぶ前のブログ(6月??)にてドレスの撮影授業を行った様子をお伝えしたのですが、その作品データが到着しましたのでお披露目したいと思います!!!

まずは、キュートなイメージの作品→→
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3024.JPG
柔らかく、優しい印象に仕上がりました☆

続いては、クールなイメージ!!
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3025.JPG
背景の色や、照明の当て方で雰囲気がまったく変わりますね。

さらには、ナチュラルなイメージ作品→→
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3026.JPG
いい表情が出来ていて、可愛らしいですね♪

全て、白色のドレスなので、背景やポージング、撮影角度や光の当て方によって、イメージを変えることが出来ます。
撮影授業を通して、カメラの知識も得て、完成作品をチェックすることで、次回の作品への反省点と改善点を見出すことも行っていきます。

学生達は毎回、より良い作品にするべく様々な工夫や努力をしています。それが、社会人として現場に出た際の大きなスキルに繋がるんですね!!!



真剣な中にも、アイスブレイクは必要で...
最後にオフショット♪
学生リクエストの"ジャンプポーズ"!!!
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3027.JPG
キレイに飛べています!

今月は、カラードレスの撮影を行います。その様子はまたブログにて紹介しますね。
本日の担当は、オオバヤシでした**

みなさんこんにちは!
アーツサウンドビジュアル専門学校の山口です。
今回は、日本一?暑い気温を記録した館林市にある「館林市文化会館」にお世話になりました。その様子を取り上げたいと思います。

館林市文化会館は開館約43年と大変歴史のあるホールです。

到着後、早速反響板を組んでいただきました。
反響板とはオーケストラの演奏等、音を反射させて、客席に音を響かせるものです。これがあるのと無いのとでは音の大きさが全然違います。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3006.JPG
迫り舞台も実際に動かして頂きました。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3007.JPG

綱元での体験操作もさせて頂きました。最近のホールではオール電動式バトンが増えてきているので、今後綱元でのバランス取りも減少していくのかなと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3008.JPG
鏡板(能等で使用する)も吊られていました。
普段あまり見ない所作台(能や日本舞踊で使用する台)も見せて頂きありがとうございました。
本日はここまで!次回に続きます。

↑このページのトップへ