明日、四月十八日は「お香の日」

なぜ四月十八日は「お香の日」かというと、
むかしむかしのお話です。

お香の日本伝来はいくつか説があります。
そのうちの一つが日本書紀に記されています。

日本書紀によると、推古天皇の時代の595年の4月に「沈水、淡路島に漂着」と記されており、淡路島に大きな大きな香木が漂着しました。

「沈水」というのは、今でいう「沈香(じんこう)」のことで代表的な香木のひとつ。

長さ2メートルを超えるこの香木が淡路島に流れついたとき、島民はただの流木だと思いこの木を燃やしたところ、なんとも芳しい香りが広がったため、あわてて火の中からひきあげて、この木を朝廷に献上したのだそうです。

そして、その木片をみたのがあの聖徳太子。
博識だった聖徳太子は、この木が沈香だということがわかり、それを用いて観音像をつくったといわれており、今もこの香木は淡路島の枯木神社にご神体として祀られているそうです。
(いつか枯木神社に行ってみたいな💓)

この香木伝来の四月と、「香」の漢字を分解した「一十八日」から、四月十八日を「お香の日」と定めたのだそうです。

今日は、沈香を聞きながら、約1600年以上前に初めて日本で沈香の香りを聞いた島民は、この香りをどう感じたのかなと思いを馳せてみました。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8605.JPG