立春。
新しい香りづくり。

お題は「ひかりの春」。

お香は、最初にお題(銘)をつける。

「ひかりの春」から、
風景、色、温度、感情を詠み、想像力をふくらませ、香りをつくりあげていく。

窓から射す光の量が少しずつ増え、着実に春へと近づいているのが感じられる柔らかで温かな光。

この香りとともに、世の中も人々の気持ちも春へと向かいますようにと祈りもこめて。

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7609.JPG