あれから10年となります。
最近もまた大きな地震がありました。
あの時も音楽の意義を考えて迷いましたが、
逆境の中、力強く立ち上がろうとする皆さんの姿を見て、
その日々に笑顔が平穏が取り戻せるように、音楽で寄り添っていきたい、と
強く思うようになりました。
  
帰れない故郷に思いを馳せながら、新たな生活をはじめた方
いまだ、その時計が止まったままの方もいるでしょう。
  
それぞれがそれぞれの想いを抱きながらも、
それでも皆様の日々が前に向かっていくことを願ってやみません。
福島、東北はボクたちGReeeeNの故郷。
これからもボクたちの音楽が皆さんを優しく照らす、星影であれますように。
  
Green Boys Project