「身の回りの必要なもの」
・下着、履きなれた靴、
バスタオル、ティッシュペーパー
・洗面具
・食事に必要なもの
・筆記用具

※寝衣はレンタルできる(1日100円弱)。
※転倒事故防止のため、
スリッパやサンダルは使用不可。

スマホの充電器は必須ですね。
テレビ観るならイヤホン必須なんですが、
テレビ観る習慣がないから観なかった。
テレビ観るにはテレビカードがいるんですが、
そのカードで冷蔵庫も使えるそうな。
冷蔵庫は食堂にもあって、
名前を書いて入れておく事はできるけど、
ベッド横に個別の冷蔵庫があって、
テレビカードで使えるというシステム。
このテレビカード、
洗面所にある洗濯機にも使用できるらしい。
乾燥機もあって、
料金は別なんですが、
イロイロできるもんなんやなぁ。

何故か、おかーたまがコンビニでもらう
スプーンやフォークを持ってきて、
箸がなかったので、
ひたすらスプーンで食事してましたが、
魚料理の時は、どーしよーって感じで。
あと、ペットボトルのお茶があったのと、
毎食お茶がついてたので、
コップはあまり必要なかったかな。
石鹸とかはいつから風呂に入れるか、
が、わからなかったのか、
持ってきてくれてなかったので、
売店に旅行用の小さいサイズを
買いに行きました。
あと、髪が長いので、ブラシが欲しかった。
売店がコンビニやったので、
ブラシもあるけど、高い。
100均のありがたみが身にしみました。
ゴミ箱がないので、ちょっとしたゴミ袋
(コンビニの小さい袋とか)、
ボールペン(記入したり)はいります。
タオル類は、バスタオルやスポーツタオル。
布団や枕にひいたり、
お風呂の時に使ったり。
枕が微妙にあわなくて、
タオルひいて寝てたので、
イロイロあれば重宝します。
ただ、あまりアレコレ持ってくると、
退院の時、重いですが。



「食事編」
最初の2食こそ、全粥でしたが、
その後は、普通食でした。
朝ご飯は、パンと牛乳ともう1品。
パンも食パンの薄いのが2枚と
バター&ジャムや、
ミルクパンや、
食パン1斤の形をした1人前サイズとか。
もう1品は、サラダか卵料理。
牛乳なんかは給食を思い出して、
なんだか、妙に美味しかったです。
昼は肉料理、夜は魚料理
が多かったのですが、
メニューはそれぞれ2種類あって、
選べたらしい。
提出期間に入院していれば、の話ですが。
急な入院だったので、
病院チョイスでしたが、
美味しかったです。
煮物が多かった気がする。
食べ物にアレルギーはないんですが、
好き嫌いはあるわけで、
それはやっぱり困りました。
食べれる元気はあるものの、
残すのは申し訳ないですね。
退院許可が出た日がメニュー提出日で、
メニューを眺めていましたが、
カレーうどんとかカツ丼とかもあり、
考えるのも大変だろうなぁ、とか、
美味しそうやなぁ、とか。

費用ですが、1食は400円弱でした。

食堂には電子レンジとトースターがあり、
パンを焼いたりもできるんだそう。
あと、冷水・お湯・お茶が出る機械もあり、
コーヒーとか紅茶も飲めそうでした。
結局、使ってはないですけど。

少しでも快適に過ごせるように、
ってことなんですよね。
ありがたいことです。

31日に入院し、
1日手術。
4日に血液検査をし、内診してもらって、
OKが出れば、退院。
のはずが、
血液検査の結果、
炎症度が高くて延期。
朝晩の点滴続行。
傷口は痛いんだけど、
多少はマシになってきて、
近くをウロウロする余裕も。
シャワーの許可が出て、
シャワー室が30分使える。
点滴の管はラップで保護。
それでも濡れはするんですが。
今まで寝てたベッドが、
整形でも使えるベッドとかで、
普通のベッドと交換になったり、
シーツを替えてもらったり。
ベッドの交換時がちょうどお昼で、
目の前の食堂で初めてご飯。
大きな窓があって、明るくて。
なんだかちょっと感動したお昼でした。

↑このページのトップへ