多くのご要望にお応えして、「太福萬福」「ベベサンド」同様、8/13(日)福福三三vol.2に関しまして、事前予約/当日精算を開始することをお知らせ致します。

事前予約/当日精算をご希望のお客様は、以下のリンク/フォームの「お支払い方法」から、「当日精算」をお選び下さい。

http://u0u1.net/E7bB

これにより
「銀行振込は、やっぱり面倒」
というお客様も、お気軽にお申込み出来ます。

なおチケットの事前購入/販売もこれまで通り行います。

なおチケットを事前購入されたお客様には、8/13当日は「当日精算」のお客様より優先してご入場いただけます。

こちらも是非ご利用下さい。

なにとぞよろしくお願い申し上げます。

いよいよ、明日6/13(火)11:00より前売開始!
笑福亭べ瓶+玉川太福+桂三度三人会
福福三三vol.2@ザムザ阿佐谷

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3134.JPG

さる2月14日、ヴァレンタインデーに開催し好評だった上方浪曲と落語の会、笑福亭べ瓶さん(上方落語)、玉川太福さん(浪曲)、桂三度さん(上方落語)の三人会が再び。あの3人がザムザ阿佐谷に戻ってくる!
 
今回はなんと!二部昼夜公演
 
13時からの昼の部は江戸落語を代表する真打のお一人三代目橘家文蔵師匠をお招きして、上方落語のべ瓶さん、三度さん、浪曲の太福さんによる、しっかり聴かせる話芸の会をご覧いただきます。
 
一方20時からの夜の部にはゲストにパフォーマンスチーム「96969」(クロックロック)が登場。べ瓶さんの舞台仲間でもあるこの、言葉を一切使わないノンバーバル(非言語コミニュケーション)パフォーマンスユニットが、喋りの究極芸である落語、浪曲とどんなコラボを見せてくれるか、今からとても楽しみです。
 
笑福亭べ瓶+玉川太福+桂三度三人会「福福三三vol.2」@阿佐ヶ谷・ザムザ阿佐谷
 
8/13(日) 
昼の部 開演 13:00 開場 12:15 受付開始 11:30
夜の部 開演 18:00 開場 17:15 受付開始 16:30

会場
ザムザ阿佐谷
東京都杉並区阿佐谷北2丁目12−21
JR中央線・総武線阿佐ヶ谷駅北口徒歩3分
03-5327-7640
https://goo.gl/maps/YaArpYHuRNJ2
 
出演
笑福亭べ瓶
玉川太福
(曲師:玉川みね子)
桂三度
 
ゲスト
昼の部 橘家文蔵
夜の部 96969
 
全席自由席(昼夜共)
 
木戸銭(昼夜共)
一般 前売 3,500 円 当日 4,000 円
学生 2,500 円 (前売当日共)
昼夜通し券(前売のみ)
一般 6,500 円 学生 4,500 円
 
チケット購入方法
 
⒈ ザムザ阿佐谷での直接購入
 
ザムザ阿佐谷を併設するラピュタ阿佐谷1Fにて直接ご購入出来ます。
お近くにお住いの方、通勤通学でお通りの方は是非ご利用ください。
 
販売開始
6月13日(火) 11時00分から
販売時間(休館日を除く)
毎日11時00分〜21時00分
お問合せ
ザムザ阿佐谷
‪03-5327-7640‬
 
⒉ 「ごりんや」でのご購入。
 
以下のお申し込みフォームから、必要事項をチェックの上、お申し込み下さい。
 
https://goo.gl/forms/kXcdjyAnMZNFF2rJ2
 

折り返し、振込口座等、その他送金、入金に関する必要事項をご連絡し、期限内の送金、入金が確認され次第、チケットをご希望の方法にて郵送致します。
 
前売り開始は
 
2017年6月13日(火)
 午前11時00分から。
 
販売開始前のお申込は無効となります。振込口座その他必要事項は fuku2san2yoyaku@gmail.com から届きます。必ず受信出来ますよう、設定をお願い申し上げます。
 
なお本公演、チケットに関するお問い合わせは、以下までお願い申し上げます。
 
主催「ごりんや 」土岐 康 (Yasushi Toki)
HP https://lineblog.me/goringya/
twitter https://twitter.com/goringya
メール goringya@gmail.com
電話(携帯)‪080-6554-0530‬
電話は留守電対応、早急に折り返しお電話を差し上げます。
なおお客様側の電話番号が非通知の場合は、ご返事が差し上げられません。

2017/06/03
浪曲師玉川太福の会
太福萬福vol.9@らくごカフェ
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3233.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3163.JPG
会当日まではどうなることかと思いましたが、フタを開けてみれば、いつもと変わらぬお客様の入り。他にも遊びどころが多い中、太福さんの会に脚をお運びいただき、こころより感謝申し上げます。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3236.JPG
今回の客演は三笑亭可龍師匠。太福さんとはこの日が初対面、でもおふたりはお互いに刺激を受け、いつになく聴かせる高座となりました。
可龍師匠の「野ざらし」は本来のサゲまで。客席の笑いを誘いつつ、本来の落語が持つ芸の本道を味わうことが出来ました。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3210.JPG
仲入りを挟んで、恒例のトークコーナー。おふたりに身近な話題から芸談まで、お客様からの質問で答えていただきました。特に弟子、後輩を育てるということについて、特に可龍師匠にとってリスペクトする噺家については、印象が深かったです。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3185.JPG
そしてトリの太福さんは「天保水滸伝鹿島の棒祭り」。十八番のこの演目が、今回はいつもよりグッとダイナミックに感じたのは、おそらくですが可龍師匠とのトークの中で何か得るものがあったからかも知れません。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3182.JPG
終演後、ささやかな打ち上げでも、太福さん、可龍師匠から「芸人の了見」を感じるお話を聴くことが出来たのは、役得というべきでしょうか。いやお客様の皆さんが、太福さん、可龍師匠の高座に接することがあれば、きっと感じることの出来るものに違いありません。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3164.JPG
さて、浪曲師玉川太福さんの会「太福萬福」も次回はvol.10です。そこで特別企画として、活動写真弁士の坂本頼光さんを客演にお招きし、浪曲と活動写真のコラボを企画しました。詳細は後日、どうぞお楽しみに。

浪曲師玉川太福の会
「太福萬福vol.10」
2017/9/16(土)18時00分
出演 玉川太福 玉川みね子(曲師)
客演 坂本頼光(活動写真弁士)

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3247.JPG

↑このページのトップへ