月別アーカイブ / 2017年10月




こんばんは。

ますひーです(・∀・)

いつも ❤と コメントありがとうございます。

読んでくださった方、

ついでに フォローしてくださると うれしいです(ちゃっかり😆)

きょう、いちばん 作りたかった はがきが できました。


20171029175424.jpg
ん?
暗いですね。

DSC_0687.jpg

こっちの方が まとも?

やっぱり 詰めがあまい ますひーです。

顔が 顔が ヘンです!

休憩しながら、がんばったのですが、ファンの方が見たら

おらぁ!もっとマシに作らんかい!!

と おこられそうです。

いや、そんな下品ないい方する ファンは いませんけど。




あ、自己満足で ここまで書きましたが、分からないですよね。

これ、THE ALFEEの 去年の コンサートgoodsの ダルマストラップを

ちぎってみました➰!

そろそろ、年賀状の準備がいりますからね。

まいねん、印刷するけど 今年は いいデザインが 見あたらず・・・・。

でも、来年は戌年ですよね。

みんな 犬の写真とか するのかなぁ・・・・と思うと

あまのじゃくな ますひーは ちがうことを したくなるのです。

😺とか いいかもしれない・・・・・。

招き猫。でも、😺も飼ってらっしゃる方々が しそうですね。

熟考しなければ なりません。

ひさしぶりに 手描きイラストも いいかもしれない・・・・・。




どちらにしても、

小さい知恵を ふりしぼります。




ますひーでした。



こんにちは。

まいど おなじみ(?) ますひーです(・∀・)

いつも ❤と コメントありがとうございます。




今夜あたりから 台風の暴風雨が 吹き荒れるみたいですね。

おかげで 身体の正直な ますひーは へろへろです。

それでも、あさのうちは よかったんですよ。



というわけで、

ますひーの 過去の栄光(?)です。

IMG_20171029140759_.jpg
IMG_20171029140831_.jpg
IMG_20171029140943_.jpg

こんな感じです。

最後の額入りだけ、 カードサイズです。

ほかは はがきサイズです。



けさ、体調がいいあいだに はがきサイズを 作りました。

それが、こちら


IMG_20171029141236_.jpg

あんまり 納得していないんですけど、

きょうのところは ここまでに しておきました。

ツリーのうしろは 典具帖を2枚貼ってます。

ツリーは 色の違う春雨という和紙を 3枚ぐらい 重ねました。

まだ、少し濡れてるので、真ん中あたりが 暗いですね・・・。

はがきサイズの額がある と思っていたのに

はがきは はがきでも 2分割されたものだったので、ちょっと入れにくかったです。

本来なら、この額縁は

IMG_20171029142132_.jpg

こうなります。

夏に作ったものなので ハイビスカスを つくったつもりですが、

改めて 観ると・・・・迷いが出まくってますね。

おそらく、つくってるときに 構図が 決まってなかったのでしょう。




てなわけで、こんかいも ながながと おつきあいくださり

ありがとうございました。



ますひーは ちょっと 横になって ほかの はがきをみながら 次の構想を練ります。


HAVE   A   NICE   DAY!✨




おはようございます。

はやおき ますひー 眠れずに 起きてます。




ということで、先日の ちぎり絵作品展の厳選作品です。

DSC_0673.jpg
DSC_0674.jpg

あれ?

ふたつしか出してないですね。




DSC_0681.jpg

こんな感じで、いかがでせう?

最初の 夕景の富士山。

ステキですね。

夕暮れの時の 空の色。 富士山の影。 そして、手前の これは湖でしょうか。

雲海ではないと思うんですが・・・。

色合いがいいですね。



それから、2番目の作品。

草原に、無数にあるススキを 細かく表現しています。

これだけの ススキをちぎるのは 相当の根気が必要です。

また、草原の陰景を これまた すばらしく表現しておられます。



最後の 紫陽花。

これは、台紙がもともと こういう色のついた台紙のようですが、

台紙の柄を うまく利用して 遠近を出してます。

奥の方に、台紙に近い色の紫陽花を持ってくることで 

さらに奥にも 紫陽花が咲いているように見えます。

手前に 大きく 明るい色を持ってくることで、

さらに 鮮やかさが 際立ってますね。

これまた、花びらをちぎるのに どれだけ時間がかかったのか 測りかねます。





評論家っぽくなってしまいましたが、

これでも ますひー 10数年ちぎり絵をし、一応 助講師などを仕事にしてましたので

たぶん 見る目は あると思います。(あくまで、たぶんです)




最後の作品以外は、台紙作りから始めます。

つまり、うっすい典具帖という染められた和紙を 何枚も貼って 納得のいく台紙にして

それから、奥の景色から 貼っていきます。

最初は こんなので 本当に この風景ができあがるのだろうか・・・?

と思いますが、できてくるんですね~。

もちろん、先生方のご指導の賜物もありますが、

先生の指導も入らずに、完璧に 作ってしまう 生徒さんもいらっしゃいます。

そうなるには、20年以上は かかりますね・・・・。



もちろん、紫陽花も 奥から貼ります。

だから、最初の構図が 乱れると 貼り直しです。

ちぎり絵のいいところは、糊づけなので、濡れたガーゼハンカチで 失敗したところを

湿らせれば、貼り直しができるところです。

これに どれだけ 助けられたことか・・・・。

でも、和紙によって 稀に 貼り直しがきかないものが あります。

そういうときは 一発勝負!

すごく神経を使いながら 貼ります。




ますひーも 最初は この作品を作ってみたい!(基礎の作品)

という思いで始めましたが、

やればやるほど 奥深さを知り、追究していく。

そんな感じです。





また、あさから ながながと 書いてしまいました。

おつきあいしてくださった みなさん ありがとうございます。





ますひーでした。

↑このページのトップへ