月別アーカイブ / 2017年10月







20年ほどむかし、
あるところに、新妻と夫君と2~3才の女の子が
すんでいました。



そこの新妻は、おばあちゃんの知恵袋を
重宝しておりました。






あるとき
米にむしがわかないようにするには
鷹の爪を米といっしょに入れておくといい。
といわれ、
そのなつは あつくなるまえに
米びつのなかに、たかのつめを入れておきました。











あるひ、
米びつに計量させて引きだしをあけると
なにやら あかちゃいろいモノが・・・・!















えっ?なにこれ!
まさかのG?




ひるまだったので
たのみのつなの夫君はしごとでいない・・・。
ひとりで どうにかするしか・・・





ん?
このG うごいてない・・・・・よね・・・・・?












よ~く よ~く よ~~~~く
のぞいてみると





























Gではなく
たかのつめだった!!




















ホッとした新妻は、腰をぬかして 大ため息をつきましたとさ。





おしまい
















むかし、ますひーが体験したびっくりぽん&笑い話でした(^^ゞ

ふぁ〰😵
疲れた!


疲れた原因・・・
それは
これ!

DSC_0647.jpg
このコンクリートの間の砂利を


DSC_0648.jpg

こうしたのでした!

わかりますか?
この微妙な違いが!


そう、
積み上げてた赤レンガを、砂利の所に敷いたのです!





ちょっと、赤レンガが足りなかったので、
買いに行かなければならないですけどね。
とりあえず、引っ越してくるまでに、🏠にあった赤レンガを使用。


以前から、掃除に苦戦していたのです。
この砂利の所に、近所の落ち葉が入って、ここだけ
手で摘まみあげて掃除しないといけなかったので、
これで少しはマシになるといいのですが・・・・。


残った砂利は・・・?


ふ(*^^*)
木は森の中に隠せと言いますが、
当然、砂利は砂利の中に隠しました(^O^)v

幸い、
敷地内に砂利が山ほど敷いてあるので、スコップで数回かけて移動。
敷地内でよかったです。
別の敷地だったら、違法ですからね。(^0^;)



その間、夫君は何をしてたか・・・?
もちろん、日頃の疲れを取るべく、熟睡中でした。(^^)


ガーデニング系は、私が楽しみたいので、手は出させません。
できあがりをみてもらうだけです。



その代わり、たぶん、夕飯を作ってくれるでしょう。
というか、最近、休日は夫君が作ることになっている状態です。(^O^)v


だって、食事用意してたら、吐き気がするんですもん。(-_- )
平日は、それでも他に作る人がいないので作るのですが、
休日は、夫君と買い物行ってる最中に、
「今夜は○○を作ろうか」と言ってくれるので、
お願いしちゃいます。


ありがとう、夫君!
理解ある夫君で、ますひーは幸せです。

もちろん、作ってくれた時も、片付けをしてくれた時も
「ありがとう💕」は忘れません。

おかげで、結婚してから、揚げ物を作ったことがありません。
結婚して初めて、唐揚げをしようとしたら、
横から見てて、あまりにもぶっきーに見えたらしく(夫君の元の仕事を目の前でやっていた)
「もういい!おれがやる!」
と言われて以来、夫君が揚げ物担当です。

そろそろ、唐揚げのおねだりをしようかな😆🎵



というわけで、
なんとなーく、
役割分担ができてる、ますひー家でした(^O^)v



おはようございます。
ますひーです。

ただいまの時間、午前4時25分。
眠い・・・・・
けど、眠れないので、起きてしまいました。

なぜかというと・・・・・
②の遊び帰りが遅いんですよね〰。
毎度、口を酸っぱくして言っているのですが、
最近、午前様が多いです。(▼皿▼)
オヤジギャルとはいえ、一応女の子なので、
せめて、シンデレラタイム(12時)までには帰りなさい!
といっているのですが、
話が盛り上がるんでしょうね〰。
それは分かってるけど、ご時世と帰り道を心配する母ますひーにとっては
おいおい💧いい加減にしてくれよ!
って思います。

日付が変わって帰ってきて、
風呂、ドライヤーの音・・・。
で、帰ってきたときに暗いと可哀想だろうと
リビングの電気を点けてるので、
リビングの隣の部屋で寝ているますひー夫婦にとって
うるさ・・・心配のタネです。
(ん?なんかちょっと違う?)






ますひーが②と同じ年頃の時は、
OLしてましたが、残業以外で遅くなるときでも9時には帰っていました。
それを言うと、
お母さんの時代と今は時代は違う!
とそれはそれは恐ろしい剣幕で言い返してきます。
(女の子にとって物騒なのは、いつの時代も同じです!)





結婚前、夫君とデートしたときですら、
夕方5時には帰宅していたますひーにとって、
異次元の世界です。

そして、時々、
ますひーって箱入り娘だったよねぇ・・・(しみじみ)
と言うと、夫君は
箱?金庫だったよ!
と言います。

そうか・・・夫君にとっては、金庫だったのか・・・。
厳しかった我が家は、父が仕事から帰ってくるまでに
家に帰ってないと、大目玉でした。

父が帰ってきてから、一緒に食事をするのが
ますひー家の暗黙の了解だったからです。

だから、遅くなるときは、
「今日は鷲羽山の夜景を見てくるね。だから遅くなるよ」
と言うと、
「じゃあ、出かけるのは夕方からね?」
ん?
ますひーそんなこと言った覚えないけど、いつの間にかそういうことになってたのでした。

だから、デートの時間が親に決められていた!
のでした。
それから開放されたのは、短大に入って親戚の家に
下宿仕始めてから。
それでも、
「部活が終わるのは何時だから、何時頃には帰ってこられるわね?」とか
「バイトは水を扱う所はダメ!」とか
コンサートに行っても、終わったとき、電車に乗るときに電話してました。
おかげで、テレカ(テレフォンカード)が必需品でした(T-T)


OL時代も、バブル期だったので、
同期の子は、仕事帰りにショッピングしたり、
一旦、帰ってからドライブに行ったり・・・。
羨ましかったです。
ますひーが遅くに帰られるのは、
会社の飲み会(それでも9時)と
残業の時・・・・。



そんな環境で育ったますひーにとっては、
②の帰り時間は、心配事です。

かといって、起きて待ってたら、
翌日、寝不足で偏頭痛が起こるので、できない・・・。
ちょっと矛盾しているますひーですが、
お年頃の娘を持つ皆さんは、
どうしているのでしょう?



ぜひ、教えてください!







↑このページのトップへ