月別アーカイブ / 2019年08月


まにあった…😁 
z_EK8Okfeb.897.jpeg夏休みの宿題… 

読書感想文 

ジェリー(ねずみ)が大人になった頃、トム(ねこ)はもうこの世にいませんでした。

トムは自分の命の終わりがに近づいているのを知ったとき、こっそりジェリーの前から姿を消しました。

ジェリーの前で弱くなった自分の姿を見せたくなかったのです。

いつまでもジェリーのライバルで居たかったから。
jSVBVFYTVS.891.jpeg

トムがいなくなったことに気づいたとき、ジェリーは、悲しみはしませんでしたが、「退屈になるな」と思いました。

トムとの喧嘩は最高にスリリングなゲームでした。


胸の奥がチクチクしますが、それがなんなのかジェリーにはわかりませんでした。

ジェリーのとってトムは、どんくさくておっちょこちょいな喧嘩相手でしかなかったのです。

そんなある日、ジェリーの前に1匹の猫が現れました。

トムよりも小さくてトロそうな猫です。

トムがいなくなってからずっと退屈だったジェリーは、今度はこの猫をからかって遊ぶことにしました。

手始めにジェリーは、穴の空いた三角チーズが仕掛けられたネズミ捕りを利用して、その猫を罠にかけようとしました。

いつもトムにしていたように。

ジェリーは物陰から猫がネズミ捕りに近づくのをじっと待ちました。

猫は期待通りネズミ捕りに向かって歩いてきます。

ジェリーはワクワクして見守りました。

いつものようにネズミ捕りにかかったふりをして、逆に猫がネズミ捕りに挟まれるようにするつもりでした。

手や尾尻を挟まれて飛び上がる猫の姿が頭に浮かびます。

でも、ジェリーの思い通りにはいきませんでした。

ジェリーの気配に気づいた猫は、目にもとまらぬ速さでジェリーに襲いかかってきました。

ジェリーはいつも通り逃げましたが、トムよりどんくさそうな猫は、ジェリーにすぐに追いつきいきなり噛み付いたのです!

ジェリーも噛み付き返しましたが、猫は攻撃を諦めません。

血まみれのジェリーは、薄れゆく意識の中で、本当はネズミが猫と喧嘩をして勝てるわけがないんだと気づきました。

実は、トムはジェリーにいつも負けたふりをして、捕まえないでいたのです。

_20190828_083952.JPG

トムはジェリーと「仲良くケンカ」してあげていたのです。



そしてトムがいなくなって感じた胸のチクチクは、かけがえのない友を無くした悲しみだったんだと気づきました。

_20190828_084044.JPG

ジェリーの魂が体を抜け、空に昇って行った時、雲の上には笑顔でジェリーを迎えるトムがいました。
『トムとジェリー最終話」より 
FB_IMG_1566945371947.jpg
「また喧嘩ができるね!」

「望むところさ。今度こそは捕まえてやるぞ!!」


来年は!世界地図の感想文を書こう。

世界は!広かったと…( ̄^ ̄)エッヘン



でゎ!皆様の健康を祈って失礼致します。 

俺がリーダーに…😁 

南無大日大聖不動明王 🙏 
TmJr834U27.201.jpeg本日、不動様 御縁日 
朝から雨☔ 
これから横浜成田山で手を合わせて来ます‼ 


🙋ぢゃぁ🌀 

おはようございます。(^-^)ゝ゛ 
_20190827_151340.JPG

笑顔は!笑顔が大好き💕 

1566888205877.jpg

笑顔の効果は絶大です

笑顔は自己肯定感を高めます

笑顔でいる自分が大好きになります

笑顔は相手の存在感を認めます

笑顔は自分を幸せにします

笑顔はその周りの人も幸せにします

笑顔が似合わない人はいないのです

自分の笑顔は素敵なんです。 


ほら🎵笑って♪ヽ(´▽`)/ 
4uvQs3WXlq.jpeg

笑いすぎ!食べすぎに注意⚠ 
REcGjQ6CHP.576.jpeg

でゎ!今日という日が皆様にとって平和な今日でありますよう祈って失礼致します。 

南無大日大聖不動明王 🙏 

1560587476131.jpg

本日、不動様 御縁日 

1560587509748.jpg


🙋ぢゃぁ🌀

全て悪天候、悪条件、ため息のみさ、荷が重すぎる… 
 
でもね最悪の時こそ自己の成長があるんだ‼ 
辛く苦しい狭間の中から愛への挑戦と自己の成長が生まれてくるから… 

苦しい…今が挑戦の時なんだ‼  


沢山の愛と喜びある扉は苦難の鍵によってのみ開かれる❗♠  


明日も愛ある行動に挑戦 ♪ヽ(´▽`)/ 


でゎ!明日という未来、皆様に沢山の愛と喜びが降り注ぐことを祈って失礼致します。 

南無愛染明王 🙏 
1562582187647.jpg昨日、一昨日と持病の二日酔いで苦しかった… 

健康に感謝 (^∧^) 

🙋ぢゃぁ🌀 

↑このページのトップへ