月別アーカイブ / 2018年05月

おはようございます。(^ー^) 
今日の過ごし方 その1 

FB_IMG_1526129260446.jpg

未来の自分に笑われたくない… 

それは今日の過ごし方だ!! 

昔の自分に笑われたくない… 
ならば!今日に!め~いっぱい挑戦しよう!!  

新しい何かに挑戦してみよう 

挑戦が自身を成長させる 

挑戦こそ我が人生ぞ‼ 








誰のためでもない!自身のために、今日も動けることに感謝して喜んで進んで働きます‼ 

それが愛する人のために繋がるから… 

皆様にとって沢山の幸が降り注ぐ日でありますように。(^人^) 



あっ! 
私は、この歌と友たちに励まされました。 そのうちなんとか…🎵 


誰がそばにいてくれたか…💢💢💨 
私には!友がいた… 


でゎ🌀ご縁に感謝して失礼致します。🙋 


collage-1527118906746.jpg

玉丼 腹が減っては…😁 

孤高のイーグル‼ 

FB_IMG_1527151097178.jpg

鷲(わし)は鳥類の中でも寿命がもっとも長いと言われ、
なかには70年ほど生きることができる物もいます。
しかし、実際にその長い命を全うするためには、
40年という節目に必ず1つの大きな試練を
乗り越えなければならないと言います。
鷲は40歳を過ぎる頃に、
 爪の老化が始まり獲物を捕らえにくくなり、
 くちばしは長く伸び過ぎ、もろくなり、
 羽が分厚く重くなりすぎ飛びにくくなります。
そんな老練な鷲には二つの選択があります。
「このまま何もしないでただ死を待つか」
    あるいは
「自らを変えるために様々な苦痛に耐え生まれ変わるか」
    どちらかだと言うのです。
後者を選ぶ鷲は渾身の力を振り絞って
絶壁に飛び上がり、巣をつくります。
そして、最初は、岩石を突いて痛みに耐えながら
自らのくちばしを削り落とし、再び生え出るのを静かに待ちます。
新しいくちばしを手に入れた鷲はその生え出たくちばしで、
さらなる痛みに耐えながら爪を剥ぎ取り、
再生するのをさらに待ちます。
そして最後の段階は、
生え出た爪で、古い羽を1本1本抜き取っていくと言うのです。
鷲は生まれ変わるために、
ひたすらさまざまな苦痛に耐えて過ごします。
そして試練の時間を耐えぬいた鷲は、
  新たなくちばしと、
  新たな爪と、
  新たな羽が揃った翼で、
残りの30年、大空を再び優雅に飛び回るといいます。

105.jpg
70年の寿命の半ばで選択を迫られる。
40年ほどの命で、そのままま尽きるか
あるいは、苦難を乗り越え30年を新たな命で生きるか。
       ***
生まれ変わるために要する試練の期間は
150日だと言います。
40年目の節目にあなたならどちらを選ぶでしょうか? 

small-2.bin

我 53歳児 Ο/ shoot the target 

Twitter @seinendan_snzk 工藤 鷲 


おはようございます。(^ー^) 

今日も大きな夢を叶えるために小さなこと1つ1つの積み重ね。

DSC_1208.JPG

地蔵菩薩様 行く道を!お守り下さい。🙏 

_20180514_115252.JPG

今日も1つ1つを大切に行動します。 


🙋でゎ、ご縁に感謝して失礼致します。 

_20180523_220641.JPG


素敵な日にしましょう。


↑このページのトップへ