P_20201003_215530.jpg
P_20201003_150619.jpg


LOVEbiteというか、鈴森さんに関心もつきっかけというのが、かのバズりツイートです。
こんな面白いことする人いる?

tiktokも面白いし。

ツイートもだいたいリプするような感じなっておるので、1度ご挨拶に伺いたいなと。
「最初が生誕イベ」というのには高い敷居を感じていて、普通なら見送るんですが、なんか3日はフリーだし、これを逃すとLOVEbiteさん観る機会がいつになるかわからない!っぽいので、意を決して向かった次第。

さてさて、検温やら問診票やらのコロナ渦で面倒になった入場手続きを経て(ここはフェイスシールドまで配布!)入場いたしますと、わりと椅子が密目にならんでいる~。まぁハーツNEXTは狭めなので仕方がない。何しろ初めての現場なので、何がどうなるのかがわからないので、大人しく座ってました。

主役の二人だけでの1曲目・・・これは知ってる曲だ!(いきなりカバーとは)
あー、チャイムはラブソングを久しぶりに聞いた!!
本家様が12公演一挙出し!を始めたし、なかなかタイムリー!
これは結構好きな方の公演曲でしたよ(と自分の演奏を出す)。
四人揃ったところで、美澄さんと鈴森さんがチョイスしたグループの曲をそれぞれ披露。
鈴森さんが選んだ「ワガママ」という曲・・・ツーステ踏めるじゃん。
これはもう踏みにくるしかないでしょうて(今日の環境では無理ね)。

各人のソロパートでは・・・鈴森さんは、なんとおジャ魔女カーニバルを!

こーゆーインプットもあったから好きな曲。←

美澄さんは広末の「大好き!」でもって、物凄い癒やし空間になりました。


その次に、この後やる曲の”落ちサビ”歌唱をかけて二人で3本勝負!
美澄さんの先行を許すも、続く2本を鈴森さんが連続でとって”落ちサビ”獲得!

などなど、色々ありましたが、たかだか千円ポッキリで1時間以上ものお楽しみ時間を提供してくれました。
とにもかくにも、LOVEbiteさんのメンバー、全員かわえぇ(しかもタイプが全員全然違う)。
曲の方もツーステ対応が2つはあるみたいで、私の趣向と合致する部分があります。
また行くでしょう、きっと。

あ、忘れるとこだった。
最後の方、鈴森さんへのお手紙というのが、なんとアキシブprojectのあるメンバーさんからというもの。
生誕イベは、たまに観てますが、他グループの人が書いてきたってのは初めて遭遇した。
積もり積もる間柄のお二人のようで、凄くいい内容の手紙だったなぁというのが素直な感想。
鈴森さんだけでなく、他のメンバーも全員泣くという展開に……。
なるほど……メンバーさん同士の仲も良さそうだしいい現場だな。


最後に、ほとんど関係ないけど、私が好きなラブバイツという2つの(タイプの違う)曲を載せておきます。
どっちも好き。