月別アーカイブ / 2020年09月

P_20200922_125908.jpg
注)あんまりLIVEレポになってません!!

この日の特典会はLIVE後でなく、拡大事前特典会!(13:00~16:00)。
同会場で日中行われていた、ッスッゴイライブ出演者の特典会と場所を共用していました。
ッスッゴイの方にも用事があってチケットをとっていた私は、なかなか有意義に時間を使えた気がします。
知らんけど。

~~~~~~~~

あそびダンジョン解散宣言・・・晴天の霹靂ではありましたが、今思えば・・・ということが無いでもありませんでした。
というのも、2月の瀬戸さんで始まる2020年における各メン生誕祭・・・次のあやのさんのもそうでしたが、「生誕でこんなに泣く?」と思うほどメンバーが泣いていたのが、気にならないでもありませんでした。
つまり、年初くらいから、”全員の生誕終えたらお終いな”ということが、メンバー間には周知されていたのではなかろうか?
だから、伊崎さんの生誕LIVE終えて間もなく、というタイミングになっていたのではないかしら?
まぁ邪推でしかありませんけどね。

~~~~~~~~

20分くらい押して・・・メンバーの影ナレがあって・・・
瀬戸さんがまさかの「コールはOKです・・・間違えました!」みたいなのでひと笑い。
これでちょっと雰囲気和んだのは事実ですが、瀬戸さんの本音だったのではなかろうか?という気もする。
最後くらいコールありの環境で迎えたかっただろうな・・・。

代表的(?)なところだと、ビビビトネイチャーにおける可変三連MIXや、JAWSにダンジョンするのだ!の”ヒダリカラ!!”など、現場では不可欠だったコールも少なくない。JAWSに~では濃厚接触wもあり、アフターコロナの環境下では、ちょっと実行するわけにはいかなくなっている。

これまた邪推なのだけど、コールを封じられたあそび場など、片翼をもがれた鳥も同然。完全に元に戻れるとしても、新型コロナの治療法が確立されるにはまだ数年の月日が要るだろう。それまでこんな状況であそび場を続けても・・・という部分が絶対なかったとも言い切れないのではなかろうか?

~~~~~~~~

楽しい時間はあっと言うまで、最後の曲「あそびマスター」が始まり、そして終わってしまった。
ここで、俺らが起こしたちょっとしたミラクルについて触れたい。

曲が終わり、拍手が、終わらない拍手が沸き起こった。
バラバラだった拍手がやがて1つの大きな手拍子になり、メンバーの再登場を促し続けた。
「あぁ、これがアフターコロナのアンコールなのだな」などと思いながら私も手を叩き続けた。

「アンコール」という掛け声にしてもそうだけど、こういった手拍子などはだんだんズレていくもの。
(場内に集った全員が、多少の経験はあるだろう)
”いつズレる?そろそろか?”と其の辺を気にしてたのだけど、なんと・・・なんと・・・

ステージの照明が灯るまで、

一切ズレなかったのだ!!!

さすが、あそびダンジョンのお客はリズム感しっかりしてるぜ!
いや、皆の心が1つになっていたのだと、今はそう思いたい。
そして”考えてはいなかった”はずだったアンコールは行われた。

もう1度「あそびマスター」を聴いて、今度はだんだん早くなる手拍子になったんだけど、これもズレなかったんだよなー!!(いい加減ズレる速さだろ?ってとこで照明ついたのも手伝った)

さすがにハコの制約があって、曲はなし。
これを見せてくれたのでした。
USAijKab.jpg_small
~~~~~~~~ メンバーさんについて(五十音順)

・伊崎るなさん
アサヒスーパードライが好きな天才肌の人です。
生誕グッズでビールのジョッキ作った最初で最後のアイドルかも知れん?
私の面識のある人だと、同じくスーパードライ好きで芸名もビールから来てる”麦乃あさひ”さんと一度どっかで会って欲しかった。コロナさえ無けれな、にこにこ♡きゃんでぃとどこかの対バンでいつか被ったはずなのに。


・沙倉あやのさん
あそびダンジョンを裏で仕切ったプロフェッサー。←
元々バクステにいたことを知ったのは、去年の11月くらいだったのですけれど。
もしかしたら、バクステにおいて”凱旋公演”なんてこともあったのかなぁと漠然と思ったこともあるのですが、その可能性は完全に潰えてしまいましたね。


・瀬戸そららさん
顔強いのに表情がコロコロ変わって(変顔も辞さない)最初から見ていて飽きない感がありました。
あ、でも特典会デビューした頃は何の話をしていたっけかなー?
元アフィリア店舗のキャストさんてことは、絡むようになってちょっとしてから知ったので、元々知っていて絡むようになったわけじゃーありません(以前にも書いたけど)。
それに気づいてからは、わいの嗅覚ってあれやなぁと少し思ったものでした。
それはともかく、冷静に周囲を見れるいい大人でしたので、グループの精神的支柱な存在であったと思います。


・姫乃ななみさん
2番目によく話したメンバーさんで、癒やしオーラがもの凄い!
まぁ知ってる人は知ってるんだろうけど、”こんな仕事も?”的な痕跡を1度見たことあって、姫乃さんも苦労してたんだなぁと書くのは筋違いなのかも知れませんが、それでもやっぱり…ねぇ……。
あそび場で見れた夢は楽しかったかなぁ?この先も姫乃さんらしく、ほわほわな空気感で頑張って欲しいものです。
ともあれ、どこかLuceさん出る現場で会いたいw。←←


・八神なゆたさん
この方のおかげで、餃子食ってから訪れていい現場になってたわけですよ、あそび場は。←
実際、恵比寿のCreAtoの時など、駅からの途中にある恵比寿餃子を食して行ったこともあるw。
それから餃子ピアスで笑い崩れた姿は忘れませんww。(餃子のことしか書いてないやん)
餃子モチーフの髪飾りや、ジョーズの被り物など、頭につけるものの印象がお強かったメンバーさんでした。
あ、ラストライブで高々とジョーズ放り投げたとこかっこよかった


いくつかの曲についても書きたいのですが、長くなるので2つに分けます。
P_20200922_192702.jpg
P_20200922_182029.jpg
ポップやの幟のあったロビーを外から(再入場前に)


P_20200922_174223.jpg
ハバネロタレカツ丼、これを食ってきて参戦

卓からの眺め、ありがとうございます!!

EicJ9a0VkAEOJJA.jpeg
あそびダンジョンの物販(超先行で行われた)に出遅れ、わりとギリギリにイケハー直前に入場。

(夢幻クレッシェンドさん)
最後の曲の終わりの方に入ったので、実質観ていないのですが、PA卓担当の人も踊ってたのが印象的だったのです。
ファンかよw。

◆イケてるハーツ
・セトリ(衣装はカルマストライプ)
  1. 希望の地図(家虎)
  2. カルマストライプ(虎虎)
  3. MARIA(名前コールフィーバー)
  4. ルミカジェーン(家虎)

曲名の横に、曲中で最も印象的なコールを添えましたが、早い話が「喉潰すセトリ」です。
コール禁止である意味良かったかも知れん(苦笑)。
”久しぶりの衣装”とどこかで見たけど、これは確かに……。でもカルマとは思わんかった。

カルマストライプにおいて、療養で休んでる宇咲美まどかさんパートのいくつかを2期生が担当したのですが、これがなかなかナイスリカバーで。
やらせれば何とかしてしまう子達なのだから、もっと歌割り増やしてたら良かったんですよね。

思うに2期生メンバーは、”ビジュアルの強化”が主眼で補充されたのではないか?と推測してみる。
ダンスはそれなりにやってもらうとして、歌は1期メンバーが強かったからこちらはあまりアテにしない。むしろ、2期生はその面において、あまり強化する気はなかったのではないだろうか?
(実際、2期生メンバーのSNS発信で”ボイトレ”というワードを最近まで見たことがなかった)
これは更に邪推なのですが、もしかすると2期生メンバーは、”もっと早く離脱すると思われていた”からなのではないか?蓋を開けてみたら、全員揃って4年目突入でありますが。

とにもかくにも、歌でもダンスでも牽引役の末っ子リーダー虹香ちゃんが卒業するとあっては、2期生の頑張りがますます重要になってくると思われます。その中で頼りになるのが、しいかてんこと小泉椎香ちゃん。

この日はなかなか存在感を誇示していたので、次のシングルがあるとするなら、今よりもっと重要なパートを任されることでしょう。

この日は珍しく対バンで自己紹介やってましたね。


(終わってすぐあそび物販列へ)
ロビー滞在中にStand-Up! Next!さんの特典会あって参加することも出来たのですが、詩月さんお休みでしたので動かず。てか、絶賛お並び中だったため、ステージの方は観れず。


◆メイビーMEさん
(そーいや、場内で時間潰すのもありだな、で入る)
入ったらこの曲をやっていた。

ギターのリフ聴いた瞬間、これ思い出した。

こっちはマイナーキーだけど、メジャーにしたのがメイビーさんのヤツみたいな。

最後にやったこの曲がとてもインパクトあった

1度聴いたら忘れられないこのシンセフレーズ・・・大音響で聴いたらなおさらですぜ。

メイビーMEさんは、見た目と曲ががっちりリンクした王道アイドル系。コンセプト明確~みたいな。
メンバーの平均年齢、高校生くらい?とか思ったのだけど(遠目には中学生くらいに見える子もいたという印象)、そうでもないのかな?オンラインTGIFに4人くらい出る言うてたし……。


(集合撮って、アフィリアさん目当てで再び場内へ)


◆なんキニ!さん
時間的にMyDearDarlin'さんのつもりで観ていたが、なんキニ!さんだった。押してるやん。
てか、今7人なのですね。以前観かけたときは3人くらいだった記憶ですが……。
メイビーさんに近い印象の王道ステージを展開されておりました。


◆My Dear Darlin'さん
・・・なんか観たことある希ガスです~~。たぶん赤羽ReNYで
印象に残ったのはこちらも2曲。
ヘヴィなこれと・・・

最後のフラワーだかFlowerと言ってたのが良かった。特にこちらはオケのスケールが壮大で……。
パフォーマンス良きですし、レベル高いグループですね。
歌声が安定しすぎてたので、録音を疑ったほどですが、一人は確実に生声なめちゃ上手な子がいたなぁ。

たぶん前も思ったのだけど、衣装が一人ずつデザイン違ってて面白い。
同じ白とピンクでも色々出来るもんだ。


◆純情のアフィリア
今日の曲3つ(5曲中)くらいわからんのでセトリなしw
衣装は、”純情”になって一発目の「この世界に魔法なんてないよ

カナさん、アミナさんが休演で、多人数を誇る(?:言うて今全8名)アフィリアさんが6人のステージ!
2だか3曲目だかで、小さい組と大きい組の3-3に分かれてた場面あったのが、ちょっと面白かった。
衣装それだし、”魔法”が久しぶりに聴けるかな~と思ったら、最後はC/Wの「はじめてのSEASON」でした。あぁ横移動してぇなぁ。
P_20200922_171848.jpg
22日のゆみちぃさん。
私のStand-Up系との邂逅は、通りすがりのサンシャイン噴水広場で、純情さんがリリイベやってるのを見た時なので、初めて見た姿は店舗制服じゃなくて、この衣装なのですよ。

この写真撮って、一旦外に撤収。買い物やら飯で、19時くらいまで時間をつぶそうと。

毎回色んなテーマでお送りしている生配信番組。私は初めてこの現場にお邪魔しました。
今回は、高校の放送部なテイで、番組を1本仕切るというミッションが下された回。
メンバーだけで通すのはお初めての模様(いつもはPがいる)。

ざっくり感想
藤井さん:トークは苦手という割に、自分から切り出していくスタンスが良かった。
西脇さん:ハマってる曲で紹介したのがとても良くて、他のこと忘れた←
夏芽さん:基本的MCポジション。おしゃべり好きってのはほんまやねんな。
小町さん:一番何をぶっ込んでくるかわからない人だった。ガチャガチャ好きなのは意外

アコースティックというには微妙でしたが、リズムトラック抜きの「真夏の匂い(〆に披露)」は、グループのボーカル力がわかってナイスだった。

ミニライブは、Step by StepとShape the Futureの2曲。
Shape the Futureにも例によって落ちサビがあるのだけど、誰もケチャらずにCDの通りクラップ入れようと構えているという恐ろしい()曲だ。


P_20200914_000049_vHDR_On.jpg
弊ブログ、ツーショットは加工しても上げない仕様になったので、ソロショットを能動的に狙いガチ。


xZYuAVtiQR.jpg
あ、販売してたのでシングル全部揃えました。
これが”インディーズ”扱いだったなんて、凄い話過ぎるぜ。

↑このページのトップへ