月別アーカイブ / 2019年06月

城木さんの水着が撮りたかったのかーと言えば、ハイとは言い切れない感もあるのは正直なところ。
そもそも、そんなに写真に頓着がないのである。
reia3.JPG
”れいあのれいあ”が凄い破壊力を秘めているのは前から予測していたので、それが衆人にどんな影響を与えるか、その場の様子にこそ興味があったかもしれない。
そして私は、川越に来る理由が欲しかっただけかも知れない(詳しくはツイッタにて)。
個人的な趣向で言えば、城木さんは”細過ぎる”のだー。はっきり書くと悪口になりかねないので、オブラート包みの言い方で書くならば、です。むしろ、綺麗なレッグラインこそ讃えたいポインツ。
んでも、いずれどこかで会って話す機会あったら、ちゃんといお礼を言っておきたいと思います。

これも貼っておこう。

さてさて、私は午前中お仕事していたので、4部しか来れません。となると、純情メンバーは不在のため、被写体にしたい人が一人しかいないわけです。いったい一人でそんなに時間もつのか!?

不安につつまれながら、なる早で到着したら13:25くらい。受付の人が言うには、14:40まで待てという。
とりあえず、待つしかないので待ちます。

時間近づいたので入りましたが、いつから始まるのか、どこに向かえばいいのかさっぱり分かりません。

なんか人だかりある方に行ってみますと、どうもDグループの撮影が行われているようです。
ここはわりとこなれたグラドルさんが多いので、女豹のポーズとかキメたりしてる人もいました。特に考えも無く近づいていったら、ケツの方向からアプローチする感じになっとって、「うむ、ケツだな」とかどうでもいいことを思ったり思わなかったりしますた。ううむ、このグループの人ら目つき違うぜ。

ええと、次のAグループとかはいつどこで?と戸惑いながらボーっとしてると、お時間なようで、去って行くモデルさん達なのでした。ファンの人ら(?)をはべらせながら。

次に4人登場(あとから一人追加)して、特にアナウンスもなく始まったんですが、この子らは何グループですか?
AなのかBなのか・・・とりあえず城木さんの姿はなし。
DSCF1950.JPG
DSCF1948.JPG
DSCF1949.JPG
一応練習のつもりで撮った。
んでも、何組なのか、結局わからず。

もーちょっと待っていると、またまたぞろぞろとやってきました。今度こそAB組のようです。
上記のわからん子達もそうだったのですが、固定客(?)が何故か移動中から張り付いておるのです。

城木さんにもイケてる常連の人らが囲い込んでいるのかな~と思いきや、そんなこともなく、一人屹然と歩みを進めていました。
いつもよりメイクが濃い気がします。私の知らない顔です。ってか、そんなに知ってる顔がないってのが正解。
城木さん一人かと思ったら、イベントの時に毎度見掛けるスタッフの人が近くに一人いらっしゃいましたけどね。
それはともかく、結構移動しましたよー。

撮影ポイントに着きまして、無事に撮影開始となるのですが、どーも特に話したりは出来ないようだすね。これはあれだ、例のプール撮影がいかに恵まれた環境であったかだーなー。
30ショット近く撮って、もうええかな・・・となりましたので、早々に離脱。

結果、待ってた時間の方が圧倒的に長かったわけですが、誰が悪いということは全くなく、全ては私の選択です。

先行して行われてる純情メンバーのチェキ撮影を横目で見ながら退場しましたが、マホさん、カオリさん、ミイミさんは確認出来ても、ゆみちぃいなくね??一人だけ確認出来ずに出て行くことに~。
DSCF1975.JPG
さてさて、帰り道に気づいたのですが、公園の近くに架線がかかってない鉄塔が1つ。
新規なのか取り壊すのかは不明ですが、こりゃ珍しい!と水着より興奮して撮ってしまいました(笑)。
せっかくなので、スマホではなく、ちったぁマシなカメラにて。


メモリアル写真(スマホ)
_20190630_133529.JPG
_20190630_133455.JPG
IMG_20190630_153403.jpg
凄い眺めの八王子方面

・オマケ
IMG_20190630_171427.jpg

IMG_20190702_225221.jpg

D9tUl4CU4AIBkmF.jpg
新木場駅近くの、超ひさびさのカレーうどん屋「千吉」で腹ごしらえして参戦。

◆LEVEL7さん
アイドル諜報機関LEVEL7 てとこだな。よくわからないけど、全員が自分のカラー(予想)のジャージでした。
名前がとんがっているので、どんなグループなのか気になってはいましたが、悪い方に思っていたよりだいぶまとも。曲の印象も良かった。


◆CoverGirlsさん
理由不明だが、なんだか楽しくなってきて、初見にも関わらず即興フリコピで踊ってしまいますた。なんだろ、寝不足ハイかな?曲の粒が揃ってて良かった感。


◆イケてるハーツ
本日は、内田琴音さんがおやすみ。これは珍しいんでないかい?

・セトリ
  1. ルミカジェーン
  2. 罪証のルシファー
  3. ロゼッタストーン
  4. 世界へはばたけ!

シングル表題曲縛りのセトリらしい。Sparkle衣装だけど、その曲はやらなかった。
個人的には、いれて欲しかったのはカルマストライプ。
あと、どうしてこんな場所広い時にやらないのだHOJを!
でも罪証でツーステ踏めたからいいや。
(踏みながら結構移動出来ることがわかった)

特典会は、ツーショと写真にサイン。生写真新しいバージョンに初めてサイン頼んだ人らしく。ちなみに、うっかり電池なくなった時しかチェキは撮らない上、チェキ撮ってもまずサインは入れないのですけどね。
ところで、ついさっき生写のサインを確認したら・・・
あれれ??これはどういうことだ(次回以降に続くかも)
ツーショではとあるものを持ってもらいましたが、これが何かは後日明かします。
DSC_0003akhf.jpg
肌の色が微妙に撮れてたのでセピアにした
俺のターンを待機してた時に近くのステージでやってた「LoVEGReeN」というグループの曲が良かった感。
名前覚えておこう。


◆Jewel☆Cielさん
つ、ついにわいが来場する日に一緒になったわ!しかも連番!!
特典会の都合で、2曲目までで出てしまいましたが。←

2曲目の「ナツオト」が映える時期になって参りました。
リリースの初期に近い状態から断片的に見ているのですが、そんなにキレとか躍動感が出せる振りではないと思うんですよね。でも何故か凄い出てるんだよなぁ・・・。その辺に感動を隠せません。とにかく、勢いだけで聴かせる曲ではない事は確か。

特典会絡みの話をしてしまいますが、安藤笑さんと、他のメンバーみたいに分かれて列が形成されたりしています。ハシカン在籍時のRev. from DVLよりは大人しいとは思うんですが。
かと言って安藤さん一人のグループでは決してありまへん。
ちゃんとみな歌えるし、動けるし、チームワークいいよねぇという目で私は見ております。

とは言え、私も安藤さんとこに並ぶのですが。
愛乙女 DOLLで観た時はスルーしていた私が”再発見”したきっかけは純情のゆみちぃのツイにありました。
なんか二人の絡み愉快ですが、これはダレだ!?
その過程でインスタを見るようになったのですが、みなさん()安藤さんのインスタ見てますか?←
安藤 笑さん(@emichii87) • Instagram写真と動画
フォロワー8,850人、フォロー中482人、投稿44件 ― 安藤 笑さん(@emichii87)のInstagramの写真と動画をチェックしよう
www.instagram.com

映えスポット知りすぎじゃないですかこの方。
そこらの芸能人よりインスタ映えするスポットを多投している気がしてならんのです(自分の写真も凄く上手い)。
つまり、過剰にならない程度・頻度のインスタ映えを提供してくれる方として、フォロワーになっているのが私の主な立ち位置です。
もちろんパフォーマーとして思う部分も無ければ、アイドル現場で絡もうとも思わないわけですが。
(この先はバランスをとっていかねば……←)


シエルさんのチェキ回しはちょっと変わっていて、安藤さん列数人、他メンバー列数人を交互に撮っていくスタイル。撮った人は別の場所にまた列をなして、そこでチェキにサインを入れてもらうテイでした。

チェキでいよいよ前に進んだ時に「XxXXX~」え、そーゆー反応?
「ハートやりましょー!」グイグイきますね。その方がありがたい面もありますが、いきなり近くない?とも思ったw。
「あの、英語ですか?」外国人と思われたらしい!(笑)
ワイ「いや、日本人なので大丈夫でーす!」
画像1.png
”行き場のない右手”を初めてやっちまったかも
チェキサインの時に、どのスジから来たのか明かして、名も名乗りました(通り名の方)。
「名古屋なんですか?」って、やっぱりそう思うよねー。(安藤さんがそもそも名古屋)
とりあえず”やっとあえました”は、これまでの過程があってのことでした。
きっかけがゆみちぃツイと知ってもらっているので
「さっきゆみちぃに会ったよ!」写メないですかね?w
この辺で時間切れとなりました。

ブースから離脱して、いったんお外へ。そろそろ純情のアフィリアさんが出番のはずです。
野外ステージに行きますと、そこにいらしたのはP-Locoというグループ。名古屋からの刺客らしいです(名古屋から呼べるなら、ポイズンラットも呼んでください)。ラス前、ラス曲しか聴いてないですが、”厄介”とか”ガチ恋”とか、そっち系アイドルグループならではのワードが散りばめられた曲をなさっておりました。
まぁなんだ、可愛い子多くなかった?

◆純情のアフィリア
今日は”全員が”アフィリア制服にて。誰か一人とかじゃなくてよかた。←
半野外みたいなとこ(幕張)では観たことありますが、屋根のない完全な屋外・自然光頼みというのは初めてな環境かも知れません。上を見ると鳥が横切ってるのが目に入ったりして面白い。
屋外は小さなエリアなので、そんなに人は多くありませんが、他グループファンも巻き込んで、そこそこ盛り上がったのではないかなぁ~。
特典会は、プレボさん終わってから、こなれた時間帯で参加。あまり無いゆみちぃと2ショいきましたが、結果雑コラする流れにw。
DSC_0005x2.png
MIBごっこ


◆神使轟く、激情の如く。さん
メインに戻ってシンゲキさんを観るよ!
何故ならば、コーストでツーステしたかったからだ!!
結果:えーと、おじさん疲れました。


◆絶対直球女子プレイボールズ
・セトリ
  1. 絶対直球少女隊
  2. ブロックサイン
  3. Mr.Greenlight
  4. ダイビングキャッチ

前グループにてツーステで息あがってんのに、だいぶ踊りました。俺何歳よ?←
ブロックサイン、超久しぶりなのに間奏のとこ間違えなかった!

んで・・・曲も現場の感じも大好きなのだけど、”推しメン”がいないのでそんなに頻度が上がらない感じな今日この頃。
特典会に久しぶりに参加して、ちょっと話してみたいかな?って人に行ってみたのだけど・・・久しぶりに”踏んだ”感。これはいかんなぁ。
しばらくはランダムに挑戦してみようかと思ったヒトトキでした。

この番組は上記放送局のもの。
20:45からとされる、川越クリアーズさんの時間に間に合いそうだな、ってことで、パワーステージに向かって歩を進めました。
もーちょっと大きめな会場を想像してたのですが、「え、こんなとこにあるの?」って思う規模の雑居ビル。
住所間違っていないか、改めて確認してしまったほど。
中はバーカウンターのエリアとホールと呼ぶには小さいなって感じのライブスペースに2分されておりました。広さは、品川Jスクエアの半分くらいですかね。
門外の私は、カウンターの方に居場所を作って様子を眺めておりました。

入った直後は、収録終わり際かな?とも思ったのですが、あとあと側聞するには、どうもトラブルがあって収録は行われず、フリートークみたいので時間を繫いでいたらしい。

出演者の一人、中田ちさとさんと言えばAKBの元メンバーってことは、大手音痴のワタクシでも知っていること。
でその中田さんのLIVEタイムもあり、番組のテーマ曲と「ハート型ウイルス」をカラオケで歌われました。
卒業してからもAKBの曲を歌うというのはどんな気持ちなのでしょうか。
”ハート型”にしたって、ドームコンをコンスタントにやっていた頃には、何千何万もの客の前で歌ったこともあったかも知れません。
この場内にいるのはいても50人くらいでしょうか……。何とも言えない絵面です。


・川越クリアーズさん
前がいつか調べたところ、1/6の渋谷タワレコぶりでした。だいたい半年ぶりで、現在の7人体制になってからは初めて。
ここのステージじゃ7人はキツいでしょう~と思ったのですが、榛野さんがお休みということで本日6名。それでも狭いのに変わりはありませんが。

とは言え、色んなハコで揉まれて来た川越さんの面々には舞台の狭さなど何の問題でもないようです。
特にというかやはりというか、班長である伊織あいさんは、気合いは入ってるけど、抜くとこの力は抜けている独特な抑揚づけのダンスを披露していました。なんだろ、この人だけ、”重力のかかりかたが、他の人間と違う”と思わせる様なムーブをされるんですよねー。
パフォの他にも、SNSの取り組み方や、総合的なアイドルとしての姿勢など、姉妹グループのだれもが認める”班長”としてのあり方は、他のグループの子が見習ってもいいレベルだと思ってます。そんなわけだから、今年も圧倒的な強さで、西武戦の始球式をチアーズで獲得!
31歳と公言していますが、まだまだ他の追随を許さない域の存在だと思いますね。

ステージの方はまぁ通常営業だったとは思いますが(ここでもマイクトラブルはありましたが)、客席の方が何とも元気がない。
この日のこんな時間帯までいるってことは、熱心なお客さんなのでしょうに。
そんな中一名やりたい放題のお客さんがいて、
普段なら「うぜぇな」って感じなのですが、良くも悪くもムードメーカーになっていて、今日は”良くも”の方で捉えるしかなかったです。

あの日の晩のことは、伊織さんでさえ何とも歯切れが悪いのですが、パワーステージでのアレコレが尾を引いているのかな?と考えられないこともありません。それほど並々ならぬ時間帯であったことは、想像に難くないのです。

せっかく来たので伊織さんにご挨拶(特典券得るのに買ったのはランダム写真)。
ぴょんぴょん跳ねながら訪問を喜んでくれるのですが、もしかしてボクみたいのがタイプですかね?(まぁ冗談として)
「2回目ですよね?」とかよく覚えてるなぁ~。
その他、「おだて名人やな」と思えるような言葉を浴びせられて、気分良く撤収するのでした。
川越さん・・・一度は定期公演にお邪魔してみたいものです。

↑このページのトップへ