月別アーカイブ / 2018年04月


 
~バンもん!のこと~

どっかに書いた記憶もありますが、その”きっかけ”を改めて。
それは去年の1月あたり、ゴッドタンはマジ歌選手権のエンディングで流れた曲でありました。
小さくワイプ的に映し出されるMV・・・そこに映っているのは”ばんどじゃないもん”言うらしい。
名前だけは聞いたことあったけど、ファンクやないかい!ゲロッパ言うてるやないかい!!
え~~こんな音楽性なの!?

驚いた勢いでMV検索!楽器持ってる人いるけど・・・
女性がこのファンキーなベースライン弾いてるのか!?と更に驚愕したのでした。
勢いでツイしたら、そのベースの望月さんからいいねがついて、そのまま緑推しに(笑)。

LIVEはこれ、当て振りになるとしてもどうなるの?
こいつぁ確認せざるをえないな!
そしてこれが、48G以外の現場に歩を進めるきっかけとなったのでした。
ちなみに、最初の渋谷o-nest(野郎共DAY)では繰り出されずだったので、また別の機会に伺うこととなりました。それがかの、映像化された新木場COAST・・・(ここではYAKIMOCHIやってます)。

そこで披露されたMETAMORISERが良かったりで、何度かリリイベに通い、柏に行ってみたり、サイサイフェスに行ってみたり(ここはある意味運命的な日になったとですが)・・・1年以上、長いブランクもなく観ているわりに、実はあまり接触をしていまてん。認知とかもまぁ別にあれですし・・・。
望月さんが魅力的な人なのは揺るぎない事実ですけどね。だからずっとここでは緑振ってんだ。

んでも正直、17年の秋頃、「バンもん、ちょっと飽きたかな?」という思いに囚われたのも確か。
それをあっさり覆してくれたのが、12月のワンダフルな日本青年館LIVE。
いや、あれは本当に良かった。これからも(たまには)目にしていかないと駄目だと思わされた。
そんなわけだから、中野サンプラザのチケットなど、早々にオーダーして当然の帰結なのです。

バンもんの何が良いとこなのか?
イ.エモい曲達
可愛い曲、かっこいい曲、楽しい曲、泣ける曲、謎な曲などなど、方向性明確な様々な楽曲があるんですが、そのどれもが、どうも一般的に思い浮かべるようなアイドル歌謡とは一線を画す仕上がり。
総じてエモいと言えましょう。

ロ.全力パフォーマンス
とにかく終始全力です。
カラダシュ!」という、エクササイズのモーションを取り入れた様な運動量の多い楽曲があるのですが、ここ何回かの参加したLIVEでは、ほぼ終わり際に出てくるのです!
みんなどんな体力してんだぃ!!
 
ハ.楽器チェンジの妙技
ドラムのみさこさん、叩いてたかと思えば、突如前に出て群舞に加わったり、踊ってたかと思えばキットに戻って叩いたり、実に忙しい。海外でもそんなにないパフォーマンスな気がするので、外国でウケるかも知れませんね。
望月さんにしても、自分でもよく把握していないうちにベースを持っているとか何とか、ラジオ番組か何かで話してた覚えがあります。
そんな状況で生歌だったり、メンバーさんのやってることが、冷静に考えると異常ですw。


【15日~中野サンプラザ】
かような(いつもの)状況でお届けされたサンプラザLIVEでありました。
客層の事は一概に言えないので軽々しくまとめたりは出来ませんが
1つ言えるのは「よく泣く」ではないでしょうか?
LIVE直後のファンの声をお聞き下さい。泣くという単語がどれほど出てくることか。
 
私は場内でも”高齢”の方なので、エモ泣いたりはしないのですが、
それぞれの楽曲が、ファンの中でどんなポジションの曲なのかはだいたい把握してるつもりです。
で、中盤から終盤にかけて、”エモーショナルコーナー”とでも呼ぶべき流れがありました。
そのエモ度は、私が観た中でも最も高かったかも知れません。
”そのイントロ”が流れた瞬間、若人達がバタバタとなぎ倒されていく(泣き崩れていく)光景を何度か目撃しました。
そして、この日のラスト・ナンバーは「NaMiDa」。”いや参りましたm(_  _)m”という凄い展開でした。

この日一番思ったのが、「音楽の力って凄いよな」です。
そんな凄いパワーを完全に味方に付けてるバンドじゃないもん!
彼女らが凄くない訳がない。


【21日~ニコニコ本社】
この日は来れないはずでしたが、異常に仕事が早く終わったので訪れてみることに。
接触の意思はまーったくなくて、とにかく様子を見ようと(ぶち当たったことのない”セクシー会”ってこともあって)。
まぁモノ凄い人でした。
ニコニコ本社のイベントは、イケてるハーツでも3回来ているのですが、動員力はだいぶ違ってました。
サンプラザは・・・ソールドアウトではなかったのですが、ほぼ満席に近い状態ではありましたからね、ニコニコ本社のキャパでは全然足りてませんでした。
月さんのこのお召し物はこちらとか
 

【28日~タワレコ新宿店】 
DSCN2031.JPG
そんなに接触は・・・と言っても、たまにはLIVEの感想を直接言いたくなるときもある。
このタワレコはいいタイミングでした。なので行ってみた。
サンプラに言った旨を告げると、「どうでした?」と。
わい「中盤以降がエモ過ぎでした」
望「ねー、でもあんなにエモくなるとは……」
どうも、セトリ組んだ時点で想定してた以上の、エモパワーが発揮されていた模様です。

望月さんは元タワレ店員常にエプロンがハマってるw
 

オマエ(わい)はどうも気が多いようだけど、バンもん!はいったいどんなポジションなんだ?と問われたら・・・。
ちょっと方向性変えて、こう聞かれたとしましょう。
「オマエが気に掛けてる中で、一番ステージすげぇグループに連れてけ」

即決でバンドじゃないもん!のチケットを手配します(すぐ行けるLIVEがあるとして)。
これで自分の中のポジションが分かっていただけるかと。


DbnAGLQWkAYOiXG.jpg
われらが~さん辺りから入場。

・われらがプワプワプーワプワ
文字打つの大変←。メンバーごとにバラバラば個性的な衣装を着ていて、敢えて統一感出さない感じでしょうか。

ここの川崎さんと、次の神使さんの生牡蠣(いくがき)さんが割と最近のサキドルエースにエントリーされていたのですが、ちょうどこの見開きの順に登場というのが面白いところ。 
IMG_20180428_035538.jpg
生牡蠣さんめくると、アキシブprojectさんのメンバーさんもいて、なにげに”サキドル大会”だったのかも。
なぜいないのだ純情さん・・・(ツアーのレッスンでしょうて)。

この川崎さん、グラビアはちょっと垢抜けない(?)っぽいような印象ですが、実際のお姿はお洒落番長かも知れないですね。
特典会が近くで行われていたので気づいたのですが、ブーツを履かれておりましたですよ(左から2番目)。
 

・神使轟く、激情の如く。
グループ名の通り、熱いパトスが迸るパフォーマンスでした。
曲中に「よく”どこ目指してるの?”って聞かれる」的な台詞を言う曲があったのですが、本当にどこを目指しているのか行方不明な感じします。
とにかく並のグループでないことはようくわかった。


・イケてるハーツ
ひっさしぶりにLIVEでDreaming Loveを聴いたな~~。
ちゃんあき先生が過去最大レベルで笑顔溢れまくっていた。何かええことあったんすかね~~。

(特典会参加中)
越智さんの薔薇キャップは白…って聞いたのは川崎の方だったな。まぁメモとして。←


・放課後プリンセス
観る度に衣装もセトリもガラッと違う。
「ライチレッドの運命」の衣装だったのですが、”こりゃー楊貴妃っぽいなー”と思ったら、まさに楊貴妃がテーマの曲でした。
これはいいカレンさんだな!って、どこのカレンさんやねん。
が、ライチ~に特化した衣装過ぎて、他の曲の時に違和感が仕事頑張ってしまう。そのミスマッチ感も面白いとこではありましょうが。

ひまりさん見つからなくね?でしたが、家帰ってツイッター見たら休演とのことでした。ツイを常時チェックするほど気にかけてるわけではないってことでぇ。


・バクステ外神田一丁目
つい先日o-eastで観た時に、ダンスに目を瞠った方の名前がやっとわかった。有村智美さんね。よし覚えた。
言うてもバクステに行くことは無いかと思われますが、誰かに誘われたら乗ってしまうかも知れません(笑)。少なくとも拒否する理由はなくなった。

セトリは、基本渋谷と同じ感じだったので、それでパッケージング化されてるのかな。
それに+2曲といった内容。
渋谷ではなかった”アイドルがクラスメイト~”とか歌う曲があったのですが、それ1回深夜のテレビで見た覚えあるんだよな。
その時のグループ名は覚えてないのですが、このバクステさんだったと考えるのが自然でしょかね。

今回は短評で

・エラバレシ
新曲初めて聴きましたが、どメタルじゃないですか。
おどろいたなぁ・・・。


・イケてるハーツ
去年の秋の時と同様に、「カルマストライプ」からスタート。
ただ正直ね、あれほど”すげーもんを観た!”と思ったカルマストライプは、初披露のあのチッタのステージがピークだったのではないかと。今にして思えば。
駄目になっているというお話ではないのですが、あの時にあった”何か”は失われてしまったような気がします。
私もまぁ、”慣れて”しまったのかも知れませんが。

特典会のお話は・・・んー・・・だいぶ忘れたなぁ。
まなみぃさんに「ビシッ!(口で)ビシッ!グッ!!」とやったら
「あ、コニー」と分かっていただけました。うん、何やってんだ。
虹ちゃん、ツアー衣装の洗濯に若干失敗し、色落ちしてしまったとか何とか。
白い部分が気持ちピンクに!?


・Ange☆Reve
初見ですが、皆が皆、キレ良く踊ろうとしてるよな印象で、そのシャキシャキ感に好感持てました。
Stand-Up系の振り付けにはないキレ味があるというか・・・。
これなどは、サビの右腕の動きが印象的。 
Limited complex 


・ピュアリーモンスター
去年のStand-Up!LIVEぶり。しばらく観ない間に、だいぶ成長された感じがします。
客側も、跳んでる人が一番多い感じ。
ま、だいぶハイBPM頼りな印象も否めないとこはあるかな?

↑このページのトップへ