月別アーカイブ / 2018年03月


市野成美ちゃん(※1)の関東最後の勇姿を・・・とか思ってチケットとったんだけど、不参加やないですか・・・。
なら活動最終日は27日として欲しかったぜーみたいな~~。
まぁ、最後の活動はメールということになるのでしょうかね。
さておき、学制服orスーツで、という謎のドレスコードに従い、サカエファン入学式を雰囲気から楽しむつもりで参加してきました。※2
スーツマンもっと多かったら面白かったのになぁ。割といつものスタイルの人が多かった感じ。
※1━  直接的な推しメンではありませんでしたが、ガチヲタの知人がいて、わりと能動的に動画を作ってきた俺的重要メンバーの一人
※2━  ここに書いたことはなかったと思いますが、2016年いっぱいくらいまで、ほとんど48ばかり(SKEメイン)だった人なのです。去年の参加は、全ツ千葉、マンゴーリリースLIVE  Zepp東京、じゃんけん大会ガイシくらいかな


セトリはこんな感じ
https://plus.google.com/109032389081888190627/posts/9XULZAuSCkF
印象に残ったメンバーや事柄は・・・

M08  ウィンブルドンはお馴染みの曲ですが、衣装はお馴染みじゃないのを繰り出してきてました。センターえごさんの脚線美がやば過ぎた。 

M09  シャララは、なんかのカップリングでチームEの曲。6,7期のカワイコちゃん勢揃い~な顔ぶれなんですが、ゆうかたん(卒業した佐藤すみれの超推しメン)がムチムチとしだして来たのが、ちょっと気になるちゃん

M13 フラフープでGO! GO!  GO!は最初のアルバムに収められたチーム曲。かおたん(松村香織)の顔面が、本日異常に絶好調で、えごさんがまた出てきたのかと遠目に錯覚した程でした(笑)。

M17 Because どっちつかず、コサンガー7のMVも作られてない曲ですが、ほんとに名曲かも知れんこれ

M20からのチーム曲パートでは・・・
まずS、JYURI-JYURI  BABY入ってたのがちょっとうれしい。あれはSの曲でだいぶ好きなやーつ。
あと杉山の杉ちゃんが、非常にいい動きをしてたのが目についた。踊りはやっぱり上手いですなぁ。

M21 K2パートでは、DA DA マシンガンの時に気がついた。あの超アグレッシブな動きしてるの誰や!?
あんなツイン髪の子いたっけかな・・・。映像化された時に、よく見る必要ありかな・・・
が、その後のMCで判明しました。水野愛理!あんな踊り踊りに成長していたのか!!見方を変えます!

M22 E曲では、バナナ革命が嬉しかったっすねー。
気になった子はというと、チーム曲に限らないのですが、今回おーちゃんこと末永桜花ちゃんがやたら目についた。
同期でいいライバルと思しき浅井裕華ちゃんが、先輩メンの卒公などに引っ張り出されたりで、水をあけられつつあるのかな・・・と勝手に思ってましたが、なんのなんのこちらもしっかり成長しているなぁと認識した次第です。
しかしあのツインテール、めちゃ見つけやすいですね。

ツインと言えば、8期の倉島杏実ちゃんも、最年少ながら元気ハツラツで踊りまくってましたな。この春からやっと中学生とか、将来性豊か過ぎる。

若手では、北川愛乃ちゃん(よこにゃん)が無双するんではなかろか?と予想してたんだけど、実はそんなに印象に残っておらず。
自分の鑑賞位置からはもっとも遠いポジションにいることが多く、それほど多く見つけられなかったこともありまして。
同じ超ロングヘアとしても、おーちゃんの方がすぐに分かったというのは、自分の中で発見でした。
よこにゃん期待してるんだけどな。

とりあえず、ほとんどセトリに不満点はないのですが、欲を言えばBlue  Rose聴きたかったかな。公演曲がもう2,3あってもよかったかも。


その他気づいた点は・・・チーム曲で一面チームカラーにするという文化がなくなってたことですかね。
アンコールですら一面オレンジにならず・・・。コール続くごとにオレンジが徐々に増えてましたが、一面オレンジってわけにはいかなかったですなぁ。見たかったなぁ一面オレンジ。
最も一面カラーになったのは、だーすー(須田亜香里)のリクエストでバナナ革命の時に起きた一面イエローでした。


さて・・・そうだな、まだまだ見続けるポイントの多い、10年目のSKEだということはよーく分かりました。

行こうと思ってた日曜が無理ぽそうなので、平日なんとか行ってみた。
(最初で最後)
時間的に一部の歌ステージは全然あかんので、一部の特典と二部のステージを見ていこうという作戦。
ハーツ現場で見かけるお顔もちらほら見受けられますが、逆に自分の方もそう思われているのは間違いないわけで!店舗でもおうて、純情さんでもだもんな。行動パターン被りすぎ(笑)。

特典は、ユミ・カオリで個別握手。
カオリさんに、やっとシグレイダーの感想言えましたがね。

ユミさんには、とある映画の話を振ってみましたが、食いつきが凄かったw。ゆみちぃはんは俺が一番好きなジャンルの映画話が出来るタレントさんになるかも知れませんな。
前後しますが、おらのターンで前に進んだ時のリアクションが地味に面白かった。
「あー!(キター的ニュアンス)」
「……(名前出てこない!)という焦りが伝わってきた」
無理もありません。だって話すの去年の2マンぶりだもん。


歌唱ステージ、今日のお召し物テーマは”花見デート”というテイなんですが、カオリさんのコーディネートは、”二児の母”感が凄くてw、ことあるごとに「ママ~」ってのが飛び交ってました。
「それだけが生きる意味なんだ」は、川越対バンに続いて2回目の目撃になるんですが、いまだにあの衣装姿を拝んでおりません。1回は見てみたいよね。 
そして、純情さんの新メンバー追加の狙いがようわかってきました。 
そうか……
巨乳化に拍車を掛けてきたのか!!← 

あの辺のeastやnest、crestには入ったことあったんだけど、唯一入ったことなかったのが、今回のwestでございました。
思ったよりも狭い感じなんですね。チッタでワンマンやって欲しいなー。 

さておき、昼夜で参加するので、人生初めてツアーTってのを・・・いや、人生2度目のツアーT(※)を購入いたしました。
昼夜で着るシャツを変える意味もありまして。
※最初はShark Island

パフォーマンス面では何も心配しておりませんので、その辺の不安はありませんでした。いや、ちゃんと11人いるんだろうか?という懸念だけは、始まるまでは拭えませんでしたが。 
昼夜でセトリをガラッと変えてきたり、長時間なのに飽きさせなかったり、そんなに”ワンマン慣れ”してるとは思えないのに、なかなか達者なパフォーマーぶりを見せてくれました。
リリイベをあれだけこなしている事は、ちゃんと血肉になっていたのだなぁ。 


以下箇条書き的に━
  • 今井あき復活 
おかえりなさいって散々書いたからここでは書かない。←
やっぱり11人いないとだし、クローバーは四つ葉でないと・・・なわけですよ。キャラが濃いだけに、カルマストライプ以降の曲では、いないと如実に寂しくなるということが分かった。

  • なんのかんの言うて、一番印象に残ったのは…… 
たちばなりえさんの2ステップ時の横移動!
なんですかね、あのスカートの翻し方は。誰の影響を受けてこうなったのか、話を聞いてみたい。現在の彼女のフェイバリットアイドルが誰なのかは、少々知ってますが。

  • 地獄の夜セトリ
2曲目でカルマストライプやってしまって、「え、このあとどうすんの?」と少し思ったのは確か。
それでも「生きて終われるか…」とMCで言ってたわけですが・・・その真意を知るのは、終盤に差し掛かってからのことです。
イケハーの曲はどれも基本アクティブですが、一段階上の沸き方をする曲というのも確かに存在します。
で、そんな曲ばかりが、終盤に固められてました!「ここでそれなのか!!」を3回くらい続けて思いましたもの!!!
カルマを序盤で使ってしまっても全く問題ないレベル。
去年の秋より前は存じ上げませんが、イケてるハーツ・・・恐ろしいグループになっているんじゃないですか??

  • ん~~~と思った点をあげるとするなら 
しいかてん生誕コーナーで3曲・・・かな。
知らない曲ばかりのこともありましょうが、ノリにくい面は否めなかったので、2つで良かったんやないかなーと。もちょっと”イベント的”な部分で時間を使って欲しかったかもという意味でも、3曲は多かったかなと記しておきます。

入口横というか、ローソン前に飾られてたスタンド~~
IMG_20180318_174752.jpg

こちらはしいかてん単独のもの
しいか界隈という名義がらしくて良き
IMG_20180318_174817.jpg




↑このページのトップへ