月別アーカイブ / 2018年02月

ラジオ番組の”公開録音”の現場にいたのは初めてかも。生放送はあるんですけどねー。
まだ放送前でしょうから、詳細は省きまして、ざっくり印象に残ったポイント。

・ハーツメン(ゲスト)の優秀さ(^^)。告知の時間読みとか完璧過ぎて感動の域
・カオリ嬢のツッコミ力
・ゆみちぃの切り込み隊長ぶり

うん、楽しかったです。


LIVEパートは、「こんなにやる?」っつーくらい持ち時間長くて驚いた。
イケてるハーツでは、遂に『希望の地図』のハーツバージョンが聴けたとです。キラーチューンがまた増えてしまったな。
アフィリアさん達は、収録の段階で、もうその衣装だったのですが、”正装”での『魔法のチョコレート伝説』を聴けたのは良かったですねぇ~。
昨年末の幕張でもやってたと記憶してますが、あの時は『この世界に~』の方の衣装でしたので。
トークでも言ってたMV、凄いですww。 
https://www.youtube.com/watch?v=4klcDFYrWoI

にしても、アフィリアさんの曲の強さを改めて痛感してしまった一時だったなぁ。新曲どんな風になるんでしょうね?

特典会はグループ握手ないんで久しぶりに写真撮った。そろそろ撮ろうと思ってたので、ちょうど良かったでし。

この日も片側レーンだけー。
の前に、この日のLIVEの話。噂のDistance Love をお初めてで。
ラップもあると聴いて、「あら、48のダンスナンバーみたいな感じ?」と思ったのですが、当たらずとも遠からずな感じかな?
しかしこのダンスは激しい。どこに向かってういるのだイケてるハーツ・・・。

・ゆうゆさん
distance 
loveの”踊ってみた”作る予定あるのか聴いてみた。この日の段階では「無い」というお話でしたけれどもー。

・ちゃんあき先生
果たして先生は、私を踏んづけるためのアイテムをゲット出来るのか!?(何言うてんだ)
この日起こったアクシデント、私もハーツ見ている間は忘れないですww。

・こと姉さん
全身真っ黒のビターチョココーデとか。スカートはターンキメた時に、いい感じに広がるもんをチョイスしたとのこと。
正直、見せぱんもよう見えてました。←←

・おちちゃん
「シグレイダー良かったですが、越智さん(出番的に)途中退場が残念」みたいなお話を。
「あれで印象残らないかな?」と少々心配だったご様子。

・まなみぃさん
まな脚をさらに恐ろしい凶器に買える網タイツ着用とかほんとに罪な人。←
”網タイツ”に(話題として)触れたら、「これは(オーバー)ニーソなの」と。
もっと凶悪な仕様でした!

・虹ちゃん
なんか大人っぽいお召し物&髪のゆる巻き具合(っつの?)も良かったに。
あら、将来もっと綺麗になるのかしら?

・宇咲美さん
ダンス上手いのは知ってたが、演技まで上手いとは聞いてない。
ポーズの決め方も、えらく堂に入ってるっつうか、低重心感のある、腰の入れ方が良さげ。
殺陣も上手いしねぇ、格闘系もやってたことあるんでしょうか?
img20180131sig_15.jpg

・たちばなさん
たちばなさんの明るさが、十二分に発揮出来るいいキャラクターに配されたと、ただただそれです。
sig_rie.jpg

・越智さん
ちびっ子ポジションのメンバーなのに、パワー系キャラをあてがわれたのが面白いところ。
何となく、イメージしてたよな演技に近かったのが越智さんでした。 
sig_stu.jpg
越智さんは右から三番目


・内田さん
改めて、何やらせてもそつなくこなす人だなぁと思ったり。
殺陣も見てみたかったですね。

・今井ちゃん
シグレサイトの”ビッチ呼ばわり”がなにげに気になってたのだけど、舞台中は1回もそんな呼ばれ方することもなく、むしろ自己申告だけだった?みたいな。
いやまてよ・・・。あの泣いてる場面は、”ビッチ”言われて泣いてたのではなかろうか?(次の台詞から推測)
であるならば、あの場面は山本智美の心根を表す、意外と重要なシーンだったかも。

ところでちゃんあきちゃんの演技ですが、そりゃあ悪い点がなかったとは言えませんけどね、とっても素直なとこがある子なので、指導者に恵まれたら、役者としてバリバリ伸びていく可能性があるかもですよ?でございます。
sig_jk.jpg

あ、ちょっと純情のアフィリアメンバーについても触れておきましょか。


・モモコさん
重要なキャラクターのはずなのですけど、あまり目立った場面はなかったかも。
絶対領域の漫画家”ってのはいいですねぇ←
sig_momo.jpg

・カナさん
今回のカナさんと言えば、あの一人芝居のシーンにつきますね。
あれは良かった。あはは。
sig_kan.jpg

・カオリさん
この人のトワがなかったら、物語は成立しなかった!ってほどの重要な役回り。
いやぁ、この人凄いですなぁ・・・。
毎度毎度いじられてしまう、お笑いタイムもナイスでした。
sig_kaori.jpg

そして・・・


・ユカフィンP
なんで・・・あんなお腹前回のセパレート衣装だったのでしょうか?(^_^;)
にしても、凄い膨大な台詞を覚えられてましたよねぇ~。
sig_yukafin.jpg

舞台そのものの特色としては、殺陣アクションが非常に面白かったですね。

舞台の上で、アニメ/映画的なアクションの表現をするのです。
例にあげやすいのは、X-MENとかかな?
瞬間的な移動表現や、はたまたスローモーションの動き。
壁を走る!!なんてのもあったなぁ。

これは「カプセル兵団」の演出家の方の協力があって、初めて実現出来た”時空”なのだと思います。
その辺の演出に関してはこちら。
http://www.kapselheidan.com/about2.html

↑このページのトップへ