_20190921_180006.JPG
埼玉某市から川崎までか・・・とげんなりしていたら、30分早くあがっていいとの吉報が! 電車の乗り換えタイミングもバッチリで、7:25よりもちょい早いくらいに入場することが出来ました。 乗りかえた上野東京ラインが品川停まりじゃなかったら、もちょっと早かったんだけどなぁ。 
 
さてさて無事潜入いたしましたセルビアンナイト、最初のMCの前の曲の、途中から入った感じでした。 予想はしてましたが、前回の同会場とは違って超満員!
 
ただ、立錐の余地もないのを覚悟していったとこが、そこまでではありませんでした。腕立て伏せが出来るほどの若干の余裕はございました(笑)。
 
 MC入ると「6曲続けて聴いていただきました」 え、もうそんなにやったの!?!? あとで分かったことですが、フルバージョンとワンハーフを織り交ぜてやっていたとのこと (曲数を増やすために) 。
 
MCはあかりすこと橋本朱理さんが中心に、とにかく普通ではありえんくらい長い長い。 振り返ったり、思い出を語ったり、メンバーへの一言二言などなど。
 
 ここでソロ曲もあったのですが、卒業発表の日(観てはいない)と同じ曲目を。 その”前回”では、発表前だったので、その時点では選曲の意図は誰にも伝わっていなかった(はず)。 でも、「匂わせたつもり」ではあったと。 
 
本当に伝えたいことだったので、”踏まえて”改めて聴いて欲しい……で、再び歌われた模様です。
 
 そんなこんなで、Wアンコールを含めまして、私計測で15曲。MCが相当長かったので、これで目一杯だったのでしょう。 途中泣きそうになりながらも、お客様の”泣かないで”コールに支えられ、ほぼ笑顔で終えられた公演でした。場内的にも「こいつぁは楽しいなぁ」という感じでした。曲知らないながらも(2,3は覚えたが)。  
 
途中黒尽くめの運営の方が舞台に出てきて、所属会社社長の”感謝状”を読み上げる一幕も。 「川崎純情小町☆の発展に尽力をつくされ・・・」って本当だよね。この場内の様子を見ればわかる。 
 
加えて、川崎フロンターレの応援担当というのか、そちらでも最終的には認められる存在になっていて、川崎純情一筋に捧げられた4年半だったのだなぁ・・・ということがヒシヒシと伝わって参ります。 

 
私は、川崎純情小町☆のファンということでも、あからさまに”あかりす推し”でもないスタンスで接してきましたが(基本、ツイッタラーとしてファン(かな?))、それでもどちらかと言えば好意的に応対してくれたのがありがたかったですね。アイドルの鑑だったと思う次第なのでござるよ。 
 
本編終わって・・・しれっと帰ろうか迷ったのですが、やっぱり最後にちょっとお話してみたいし、すげー時間掛かりそうだけど、チェキ列にならんでみることに(ざっくり1時間かかりました)。 

IMG_20190920_215118HD.jpg
この札、最後のお仕事と思うので記念に。最前列もあるとこは、狭くてカオスな現場でも重宝しますね
 
卒業だけでなく、芸能界からの引退であることの確認と、 リプ欄でどーしても気になる人のことを窺ってみる展開に。  
それは語尾が毎回(毎センテンス)同じで、たんまに真似してみたくなるんだけど、disりっぽくなりそうなので、何度も我慢したことがあったりする方なのだ。 
 
「~~~の、あの人は現場に来る人なのですか?」
 
 「(ちょっと困った顔で)わからないの・・・」 
 
あら、そうなのか。毎回「大好き」って書いてた人なのになー。 最後によくわからない事聞いて申し訳なかったですが、私はちょっとすっきりしました。 りがとうございました。 
 
ところで最後のあかりす仕様は・・・ 携帯で1ショット&2ショット、チェキを券数分(3まで)サインはナシというものでした。最後までサービスええのぅ。 
DSC_0019.jpg
一番右フラスタの“一堂りす”を含めたくて、中央に立っていただきました。
 
2ショットは貼りませんが、私のバッグに海苔を見つけると、自らスッと抜き取って小道具に使ってくれました。頼む手間省けた。 
 
IMG_20190921_160238HD.jpg
2ショチェキでは、「一緒に持と」やて。ほんまに機転効く子やで。 ところで、前回買った海苔、まだ完食してませんw