PhotoPictureResizer_190523_235038684_crop_1721x1228.jpg
はてさて、行って参りました「マークボールズ・トリロジージャパンツアー」キネマ倶楽部二日目。
一日目は品川にご用事あったものだから、この日しか選択肢がございませんで、行けそうな雲行きになったので、鶯谷向かいました(ちと遅れましたが)。
んでも、キネマの最初はアイドルの対バンだと思ってたのに、バンド観に行くことになるとはね。


まず、セトリはこちらを参照ください。
KellySIMONZ『【セットリスト公開】マークボールズ・トリロジージャパンツアー☆彡』
ライブ開催前にセットリストを公開するなんてクラシックコンサートみたいですが、どうせなら予習して頂き楽しんでもらえたらという考えのもとお知らせすることに決定しま…
ameblo.jp

トリロジーを再現すると言っても、”アルバム再現”ではありません。
トリロジーの曲を中心にやるけど、マーク・ボールズがVo担当でないアルバムの曲もやるし、曲順もアルバムに則してはいないっすよ!という感じ。
(そもそもYou Don't Rememberから始まりませんしね)

京王線の乱れが災いして、開始の時刻には間に合わず、入ったのはQueen in loveの時。
んでもFar Beyond The Sunには間に合ったのだからヨシ!

基本、CD通りのい流れを出そうとはしてたのですが、”完コピ”ではなかったなー。たまに”自分の勢い(?)”で押しちゃった感じのときがあった。この曲に関してはスイープのタイム感もちょと違ったのですわ。
わいは、Far Beyond The Sunに関しては五月蝿いねんで。理由は別にツイートする予定。

話は戻るけど、セトリ通りならば、Rising Force(ジョー・リン・ターナー時代の曲)で始まるのはずるい。
聞きたかったなー、マークのRising Force!
その他、ジェフ・スコット・ソート時代の曲のVikingとかsee the lightとかもやったわけですよ。

マーク・ボールズさん、60という高齢の為か、2,3曲で頻繁に休憩してしまう(でもしっかり声は出てる)。
その間にやるのが、Far Beyond~などのインスト曲なのだけど、Little Savageをやってくれたのは嬉しかったなぁ。これのLIVEテイクとか聴いたことないもの。
CDではフェードアウトの曲ですが、ここではKBと超絶ユニゾン大会をキメキメにキメて終了!

11.と12.の間にある「~Nessun dorma~Mark
Solo~Key.Solo(Mistheria)」は、キーボーディスとマークが趣味(?)の歌を披露するコーナー。23日は順番が逆でしたが。

マークの時は、ヴァイオリストが高いステージから出てきて派手に決めたあと、本舞台に降りてきて、更には赤いドレスを纏ったダンサーが。
ここでヴァイオリンの人がパガニーニの「24カプリス」の中の1曲を弾くんですが、私が帰宅して確認したところ、24番を弾いたと思われます。
直後にマークさんが上手からやってきて、オペラチックな歌唱を披露するのです。「誰も寝てはならぬ」とかやってました?
ここのチェンジオブペースはなかなか良かった。

Dark Agesはやらないで、ミラクルなんとかと、ハンガー18とかいう曲(どっちも知らなかった)をやったなぁ。

本編の最後でやっとYou Don't Remember。
さすがアルバムのリード曲、一番でかい大合唱でした!


アンコールのGimme!Gimme!Gimme!
・・・もしやABBAの曲!?と思ったらまさにそれで!!
イントロのあのフレーズをねばっこいスイープでわるわけでさぁw。
ギターソロは「もしもインギーがこの曲に参加したら」みたいなテイで、尤もらしく弾きまくるのです。ってか、曲全編見事なメタルアレンジになってましたなぁ。
曲の終盤では、いつ終わるともわからないKBとのド派手なアドリブ対決などをして、すんごく盛り上がりました!

I'll See The Light Tonight、マークの持ち歌ではありませんでしたが、なかなか良い感じに歌ってた。
わいらも歌ったけど、これには血管切れそうになった(笑)。
最後にもう1曲、ユアターンだか何とかターンいう曲で終了。

頭の2曲は観られなかったけど、8000円が痛くも痒くもなく思える見事な内容でした。
ありがとうございました(ピックもw)。
PhotoPictureResizer_190523_235102563_crop_768x1005.jpg