IMG_20190519_163331.jpg
バンもんにおける推しメンは望月みゆさんである。
踊れるし、可愛いし、ベース弾くし、料理出来るし、綺麗好きだし、しっかりしてるし……嫁にする(したい)ならこれほど素敵な人はいなかろう!と思うほどよう出来た人だと思います。
客観的には。
主観的には??いやまぁこの人にガチ恋したら凄く辛い思いしそうだな、みたいな気はしています。←
そのせい↑で心理的にバリア張ってるのか、そのせい↓で思いがたかまらないのかは知りませんが、年に1回か2回しかお話することがありません。
”必死の券売バトル”の手売りで、久々に少しお話しましたが、その前を遡ると、かのFGK48の時だという。その位接触が希薄なので、何となく顔知ってる気がする程度で、認知はないと思われ。ツイはようリプする方ですが、名前と顔はしっかり一致はしていないはず。

んでも(辛い思いを~辺りに話を戻すと)、みゆちぃが選ぶ男なら間違いないよ!って気もしています。だから辛くはないのかも。
って、いきなり何書いてんだ(笑)。


色々とございますが、推しメンではありますから、ミドリウムを振り、ステージでは中心的に見ています。ただ、バンもん独特の細か過ぎる歌割りがあるものだから、いつターンが来てもいいよう、誰が歌っているのか?は常に見ていますね。結果全員をよく見ることに。


実はNEWアルバムをまだ聴けていないので、とてもセトリが書ける状況ではありますぇん。
ただ、新旧バランス良くやったな、という感はありますけど、「タカトコタン」は聴きたかったな~~。というか、野音でその光景を見たかった。あと、「ピンヒール」ですかね。

新しいステージ構成になってから、楽器隊が揃って演奏する時の”バンド感”、”ドライブ感”が増し増しになった印象が強いです。
それを象徴するのが、あの曲の”プログレパート”ではないかな?

それから、今回特に良かったのが、バスドラムとスネアのバランス。みさこのドラムが、今までで1番気持ちよく聞こえましたもの。


その他、みゆちぃのビックリシーン。

・4ビートを弾いた
新曲なんで題名わからんですが、あれちょっと驚いた

・ドラムまで叩いた
もっと吃驚した!そんなにややこしいプレイではなかったけど。

・ハッピーバースデーソングでエモまる
直前のぐみさんにつられてしまったでしょうか。
まさか泣くとは。
私は割りと軽率に野音に来てしまったのですが、メンバー個々に強い想いを持って臨んでいたことを、現場で知ったようなものです。
みんなこの光景を観るのが夢の1つだったんだな、と。
その歴史の1ページを目撃出来たこと、あの光の海の1パーツになれたことを嬉しく思います。

MAXX NAKAYOSHIが付くにあたっての理論武装を、若干煩わしく思った部分も正直ありましたが、バンもん!もバンもん!MNも、基本何も変わる事はなかった。
より良く、より直球でみせる為のメタモルフォーゼだったのだ、ということがよく分かった。
あ、メタモと言えば、「メタモライザー」を久しぶりに聴けたのも良かった。

LIVEツアー、そんなにちょくちょくは行けませんが、やはり節目の時は目撃者でありたいな、と思うワタクシでした。それも、すみっこで黴が生えそうでも、みゆチィーズの一員として。

ちなみにですが、LIVE後の特典会には一切参加した事がないので、レギュレーションとか全然わかりません。リリイベの時しか接触がないもんで。