こんにちは。城ゴローです。

この前はサルに襲われて、水筒も取られちゃってピンチだったなァ。
今回は、以前8子を高い木の上にしばりつけたサルとの会話を書き留めておこうと思います。


ゴロー:「いやー、まさか水筒を奪われるとはね・・・」

サル:「キキ~~・・・すみませんでした!」

ゴロー:「あんな素早い悪者、初めて見たかも。あのスピードを、もっと色んな所で役に立つように使った方が良いと思うよ」

サル
:「その通りですね」

ゴロー:「そういえば、8子以外にもガラクタみたいなのが沢山ぶら下がっていたけど、あれは?」

8子ガラクタ.JPG


サル:「ああ、ガラクタを拾ってくるのが趣味なんですよね。森の中でくだらないものを見つけたら、ついついあの高い木にぶら下げちゃうんですよ」

ゴロー:「どんな趣味だよ!8子はくだらないガラクタじゃないだろう!たぶん(笑)」

サル:「す、すみません!珍しいものを発見したと思って、ついガラクタ感覚でぶら下げてしまったのです」

ゴロー:「8子の扱われ方って、一体・・・。結局オレ、8子を下ろさずに帰っちゃったけど、あのあと8子はどうなった?」

サル
:「もちろん助けましたよ。それはもう、めちゃくちゃ怒ってたのでこっちもめちゃくちゃ謝りました」

ゴロー:「まああんな所に吊るされたらめちゃくちゃ怒るよな・・・」

サル:「でもこれからは!この森で何かあった時にはボクが何とかするので、お任せください!」

ゴロー:「ほほう、頼もしいじゃないか、サルよ!」

サル:「はい!もしこの森で強そうな悪者が出てきたら・・・今度は僕が!!」

ゴロー:「おお・・・!!」

サル「今度は僕がGJ8マンを呼びます」

ゴロー
:「ズコーーーーーッ」

というワケで、悪かったサルも心を入れ替えて良いサルになったし、あの森で何かあっても(すぐにオレが呼ばれて・・・)安全なはず。

それにしても、今年もあっという間だったなァ。
オレの都合はお構い無しで変身させられて忙しかったけど、なんやかんやでちょっとした「マン」になってきたかな?(笑)
・・・ハッ!大掃除に冬休みの課題も!GJ8マンのことだけじゃなくて、現実にも目を向けないと!
オレはこれでも健全な男子高校生なんだ!

ではでは、皆さんも良いお年を!

kaiwa_saru.jpg


城ゴロー

第14話「悪いサル」
https://www.youtube.com/watch?v=Od3HQFPKCvQ
----------------------------------------------------
毎月8日はGJ8マンの日!
----------------------------------------------------