こんにちは。城ゴローです。
郡上おどりが終わってしまう・・・今年の夏もあっという間でなんだかさびしいなァ。
という事は、夏休みも終わってしまう!!これはヤバイ。
そういえば前回郡上八幡で迷子になっていたヤーコちゃんを無事に8の世界へ送り届けたあと、たまたま郡上八幡で、はちごろうにバッタリ会ったんだ。そのときの話を書き留めておきます。


ゴロー:「あ、はちごろうじゃないか。」

はちごろう:「あ!GJ8マン!」

ゴロー:「いや、そうだけど・・・今は違うよ。城ゴローだ。」

はちごろう:「そう言えばそんな名前でしたね。やっぱり郡上八幡は良い場所ですね~。」

ゴロー:「そんなことより!お前、ヤーコちゃんに一目惚れだっただろ。」

はちごろう:「え!?ほぁ!?何ですかぁ?ぜ、ぜ、全然、そそそそそんなことないですよーーー!!!!」

ゴロー:「バレバレだから・・・。それにしても、はちごろうも恋をするんだな(笑)」

はちごろう:「ん?恋を、する???それってどういうことですか?」

ゴロー:「お前、恋が何なのか知らないのか!?」

はちごろう:「恋は知ってますよ~。郡上八幡のいがわ小径なんかにも沢山いますよね。

ゴロー:「いや、この流れでサカナの『コイ』の話なわけないだろ!!惚れちゃった気持ちの方の『恋』だよ。」

はちごろう:「おサカナじゃなくて気持ちの『恋』???オイラのこれは恋なのかなぁ・・・。
ずっとおサカナのことだと思ってました~。」

ゴロー:「一旦いがわ小径のコイから離れよう。

はちごろう:「ヤーコちゃんとまた会いたいです~。」

ゴロー:「まあ8子を助けに行ってればヤーコちゃんに会える時もあるだろ。」

はちごろう:「そうですねっ!8子さんとヤーコちゃんはああ見えて姉妹なんですもんね!」

ゴロー:「うん・・・。そんなことあるのかってくらい似てないけどな・・・。」

はちごろう:「でも、8子さん、ヤーコちゃんのこと大事にしてる感じでしたね。」

ゴロー:「いつもなぜか怒ってるけど、意外と妹思いのいいヤツなのかもしれないな。」

はちごろう:「きっとそうですよ!だからゴローさんも面倒臭がらずに、8子さんを助けてくださいっ。オイラはヤーコちゃんを助けますからっ。」

ゴロー:「…素直に『ハイよ!』って言いたくないぞ、オレは。


というワケで、はちごろうの恋(?)が、この先どうなっていくのか楽しみなわけだが(笑)
オレは助けを求める声が聞こえてくる前に残りの夏休みの宿題を終わらせないと…。

“いがわ小径にコイの花〜♪”・・・か。 
いがわ小径のコイ.JPG



城ゴローとはちごろう

----------------------------------------------------
毎月8日はGJ8マンの日!
----------------------------------------------------