こんにちは。城ゴローです。

いやー、この前のスキー合宿は大変だったなァ。
雪女に氷漬けにされちゃって、今までで一番ピンチだったかも・・・。
でも8子とヤーコのおかげでなんとかなったから、良かったよ。
今回は、スキー好きの女の人との会話を書き留めておきます。

ゴロー:「で、スキーのお姉さんはなんで悪者になったんだっけ?」

女の人:「スキーが好き過ぎて、一年中スキーをしたい~~と思っていたらいつの間にか雪女になってて、周りを吹雪にしてしまったの」

ゴロー:「いったいどんだけスキーに対する情熱が強かったら雪女にまでなってしまうのか・・・」

女の人:「でも吹雪にしたおかげで、あの山小屋付近でもスキーが出来るようになったわよ(笑)」

ゴロー:「いい事したみたいにおっしゃいますけど全然違いますからね、もうしないでくださいね」

女の人:「あ・・・はい」

ゴロー:「それにしても今回はピンチだったなァ。8子とヤーコがいなかったら凍ったままでおしまいだったよ」

女の人:「ああ、あの踊ってた女の子達ね」

ゴロー
:「そうそう。ビックリしたでしょ」

女の人:「そりゃビックリするわよ。急にキレッキレのブイブイな感じで踊りだすんですもの」

ゴロー:「オレ凍ってたから分からなかったんだけど・・・8子姉妹ってダンス踊れるの!?」

女の人:「上手でしたよー!とにかくキレッキレで!あと汗めっちゃかいてましたね」

ゴロー:「へぇ・・・。で、結局俺はなんで助かったんだろう?」

女の人
:「ああ、ご存知ない?」

ゴロー:「・・・凍ってたからね」

女の人
:「う~ん、なんと言うか、8子さん姉妹の踊った情熱の汗で氷が溶けました」

ゴロー:「!!??どういうこと??」

女の人:「汗が飛んで氷が溶けたんです。きっと、あの情熱の汗は何かアッツ~いエネルギーだったんですわ」

ゴロー:「8子姉妹の汗が!?」

女の人
:「はい。・・・主に8子さんの情熱の汗でしたけど・・・明らかに飛び散った汗により氷が溶けたんです!」

ゴロー:「あ、ああそう・・・主に8子の汗ね・・・ヤーコの汗じゃなくてね・・・」

ということで、思ってもみなかった方法でオレは助かったみたいだ。
まさか8子に助けられるとはなァ。ちょっと微妙な気持ちになる助かり方だが・・・。
そういえば、今年はやたら郡上に雪が降り積もったけど・・・まさか、雪女のせい?
こうなったら凍ってる所を溶かす為、8子に郡上中を踊り回ってもらうしかないな!

踊りといえば、3月18日のダンスコンテストまで、もうすぐだな。
郡上は踊りの町だから、ダンスコンテストも盛り上がりそうで楽しみだ!
オレも見に行こうかな。なんせ課題曲が「GJ8マン音頭REMIXバージョン」だし!
8子も来るかもな。(笑)


IMG_8703.JPG


城ゴロー

第16話「スキー場のワル」
https://www.youtube.com/watch?v=AEnnvmckvJ4
----------------------------------------------------
毎月8日はGJ8マンの日!
----------------------------------------------------