IMG_20191002_231510.jpg
                 ⬆さくらホール一階下の壁面に
                   ã‚る七色の光🌈をパチリ📷
October 2, 2019
こちらへ行って参りました🎵
⬇
IMG_20191003_012802.jpg
DSC_1631.JPG
開演前、
中央の階段が❗懐かしい演出
古川さんとノリマサさんでロミオとジュリエットの寸劇でもやるのかしら?と(笑)
違いましたが

whit night
Ave Maria シリーズ
 ã‚°ãƒŽãƒ¼ã®ã‚¢ãƒ™ãƒžãƒªã‚¢
 ã‚·ãƒ¥ãƒ¼ãƒ™ãƒ«ãƒˆã®ã‚¢ãƒ™ãƒžãƒªã‚¢
 ãƒ”アソラのアベマリア
ニュー ã‚·ãƒãƒž ãƒ‘ラダイス
伝えなくちゃ
     éšŽæ®µä¸­æ®µã‹ã‚‰ä¸Šæ®µã¸â€¦â”(笑)
約束
水のない河
     å£®å¤§ãªéŸ³ã®ã†ã­ã‚Šã«èº«ã‚’まかせます
永遠の人
      いつも泣いてしまう
地図のない道~Ave Maria~
You Raise Me Up
     ãƒŽãƒªãƒžã‚µã•ã‚“の美しい歌声に自分の気
     æŒã¡ãŒå¸ã„寄せられる感覚
     é³¥è‚ŒãŒâ€¦

休憩15分

red night
ロミオ&ジュリエット
     ã“ちらも鳥肌が立ちました
Close to me
愛のモンタージュ
     ç¾Žã—い月夜にキラキラした大海原が目に      æµ®ã‹ã³ã¾ã™
荒城の月
リベルタンゴ
      二つの情熱が迸る 
追憶のオペラ
愛の讃歌
     ãƒ¢ãƒ¼ãƒ¼æœ€é«˜ã§ã™
希望の歌~交響曲第九番~

アンコール
Period.
ビンチェロ

今回はレジェクラ初のホールコンサート、
このお三方でしか作れない音の世界観を
それぞれの情熱が絡み合って脳に染み込む感覚を
たのしみました
ノリマサさんの歌声はもちろんのことチェロのソロピアノのソロを拝聴した時、改めてお一人お一人の情熱が好きなんだなぁと再認識したホールならでわの距離間でした






今も尚、余韻に浸りながら

September 19, 2019
 çˆ½ã‚„かな秋空の下、
藤澤ノリマサさんの歌声が響く紀尾井ホールへ行ってまいりました。
バンド編成
ピアノ
ベース
ドラム ãƒ‘ーカッション
アコーディオン…
初めてアコーディオンが加わったバンド編成のアレンジは新鮮でした。
セットリスト
一部
prayer
ダッタン人の踊り
愛は今も
心のアルバム
同郷北海道出身のアーティストのリクエストを会場へ問いかけてのカバー
ワインレッドの心
未来予想図Ⅱ
空と大地の中で
そして一部の最後はノーマイクが入った
タイムトゥセイグッバイ
Break time
一部が終わり、爽やかな秋空を眺めながら白ワインをいただきました。素敵なホールには好みのワインありここも然りでした
二部へのワクワク感が募ります

二部
何でもいいのさ
黒い貴婦人
夜明けのヴィーナス
VINCERO
希望の歌~交響曲第九番~
アンコール
オーソレミオ
ノーマイクもあり、アコーディオンとの絡みがオシャレなアレンジでした
弾き語りで
手紙(新譜)
お母様からのお手紙をもとに、ノリマサさんの思いを松井五郎さんが作詞、作曲はノリマサさん。
昨年7月前事務所から独立し、今の事務所に籍を置くまで大変なご苦労があったと思います。その様な彼の心を一番心配し、癒してくれるのは御両親さまだと思います。事あるごとのお母様からの手紙は無償の愛ですよねそして新たに一歩前進する勇気を戴いたのかなと思いました。
弾き語りが終わり、徐に立ってご挨拶をしようとしたのだと思います。
でも弾き語りをしたその両手が顔を覆います。
男らしい涙と思いました。
強い涙と思いました。
真実を知る毎のRESTARTは人を強くするのだと思います。
新たな旅立ちを感じました
IMG_20190919_160138.jpg
格式ある素晴らしいホール
このホールならではのノーマイク。
彼の優しく力強い生声がホールに響き渡りました

心満たされたコンサートでした

『#ポップオペラシアター』 : 藤澤ノリマサ 公式ブログ
藤澤です。今日は初めて紀尾井ホールでコンサートを開催させて頂きました!いやー楽しかった。久しぶりのコンサートで、ステージに立つまでドキドキでしたが、楽しめました(笑)平日の早い時間にも関わらず、沢山のお客さんにお越し頂きました。ありがとうございました。ち
lineblog.me



一皮剥けた藤澤ノリマサさんを想いながら

August 10, 2019
Legecla(Legend of Classics)のアルバム第一弾『PROLOGUE』がリリースされました。
全曲コンサートホールでの収録
ピアノ+ボーカル+チェロの三つの情熱の音がホール中に漂い、融合し、反応し合い、臨場感溢れる極上の音色が全身を包み込み幸せなひとときへと誘ってくれる一枚
DSC_1611.JPG
🌹レジェクラ・プロフィール
レジェクラ命名前のprologueですね
IMG_20190813_191506.jpg
🌹お三方のプロフィール
IMG_20190813_192150.jpg
🌹ジャケット内のスリーショット
IMG_20190813_110359.jpg
Pf.塩入俊哉  Vo.藤澤ノリマサ  Vc.古川展生

このスリーショットは2017年1月28日八ヶ岳高原音楽堂のコンサート時のものだったのですね
この時は、レジェクラの聖地とも言うべき八ヶ岳高原音楽堂での2回目かな?
レジェクラの音楽がしっかり確立された素晴らしいコンサートだった
収録曲
Ⅰ追憶のオペラ
ⅡPeriod.
Ⅲ地図のない道~Ave Maria
ⅣClose to me
Ⅴ愛のモンタージュ
Ⅵ愛の讃歌
最後のドラマティックな終わりかたはピアフの情熱的な愛と重なり、ノリマサさんの表現力の底力を感じる
そしてまた、静かなチェロの音色から入る追憶のオペラがはじまる
ゆったりとした時間にじっくり癒される

次のアルバム収録曲が楽しみです
DSC_1619.JPG
これは自分の封印
アルバムのジャケットを見たとき、封印みたいと思いました。
そして手にした時、そのシンプルさに驚きましたその何十倍もの期待感を抱いていたのだと思います残念さがありました。
待ちに待ったアルバムがーーーーーという思いでした。
レジェクラのアルバムですからCD一枚が総合芸術であってほしい思いでしたが・・・
正直CDを聴くまで時間がかかりました。
やっと落ち着いて聴いたとき、何度も何度も聴いていました
ジャケットのシンプルさは、中身の上質さをストレートに聴かせる為に十分なのかも知れないと思えてきたのです
要は中身ですね
そして、先ずはprologueとしてファンの為だけに作ったアルバムなのかと思えました
また独立した今のノリマサさんの立場だから作ることが出来たアルバムなのかなとも思いました
私個人の見解はどうであれ、レジェクラのアルバム制作を有言実行して下さってありがとうございました

いつでも拝聴出来ることに感謝です





待望のレジェクラ・ファースト・アルバム ãƒªãƒªãƒ¼ã‚¹ã«å¯„せて


↑このページのトップへ