05:スマートフォン普及と課題

この講義では、ガラケーとスマートフォンをさまざまな事柄で比較していたと思います。

私は自由に制限無く使える携帯電話を持ち始めたのは中学1年生の時です。
その前は親や友達との連絡手段として、お下がりのガラケーを所持していました。
今現在はiPhoneとタブレットを所持しています。

講義内では○○の増加/減少についてのグラフが多かったように感じます。
グラフに表して改めて比べてみると、スマートフォンがどれだけ急激に普及されたのかが分かり、進化が凄いと感じました。

スマートフォンが普及されたことにより、今までテレビやラジオで耳から聞き、情報を取り入れることが多かったのが、目からの情報へ変わったという話をされ、今はスマートフォンで沢山のことが出来るから、テレビの必要性が薄れてきているのではないか?と思いました。 

スマートフォンが普及されたことにより、起こる変化は様々で、沢山あります。
ですが、それらは殆どが現在当たり前になっている事で、言われてからでないと気づきませんでした。

改めて確認することができた講義だったと思います。











#情報リテラシー論
#長岡造形大学
#横田秀珠
#よこたん

04:ソーシャルメディアの台頭

これまでの授業で聞いた話の中で、一番私たちと距離が近い(?)話だと思いました。

まず初めに国内で利用されている主なソーシャルメディアサービスの画面を見せられましたが、使っている/使ったことがある/見たことがある/名前を知っている………といった感じのサービスが殆どでした。
私自身は少ない数のサービスを長く使っているのですが、新しいサービスが次々と出るなぁと感じています。

授業のスライドは途中で終わりましたが、全て聞いた後に思ったことは、SNSが世界中の毎日を豊かにしていると思いました。
確かにスマホ中毒などと言われるような人もいましたが、SNSが無かったらできないことは山ほどあります。

2011.3.11のTwitterもそうですが、何か災害があったときに生存確認が出来たりしますし、普段の生活の中でも友達から今何をしているかとか、新しいお店がオープンしたとか、テレビやラジオでは分からない情報が多数あります。
私はテレビもあまり見ません。
iPhoneでニュースも天気もアニメも見られるし、テレビ番組は興味が無ければ見る必要はありませんし…………

当たり前のことですが、SNSは必要不可欠なものになっていると改めて思いました。

#情報リテラシー論
#長岡造形大学
#横田秀珠
#よこたん

03:検索エンジンの変遷と進化

個人的に、あまり印象に残った話がありませんでした……。すみません。

「検索ページのメニューに選択肢を与えるのなら、理想は5個で多くて7個が限界」という話は印象に残りました。
私はプロダクトデザイン学科なのであまり関連性は無いように思えますが、webデザインという面で興味を持ちました。
Yahoo!ではたしかに5個ですが、スマートニュースというアプリでは何個もメニューがあります。(スライドすると見られる感じです。)
ですが、一気に見られる数は5個です。
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8237.PNG
↑実際の画面

どこのデザイナーも同じように捉えているのだなぁと感じました。


#情報リテラシー論
#長岡造形大学
#横田秀珠
#よこたん

↑このページのトップへ