逃げ恥をTVerの見逃しで観た。いよいよかと思われた2人の関係に、また新たな波が来ていた。

今秋のドラマの中で、おそらく一番話題の作品。この作品は、ここ最近に見る男女の新たな関係を大胆に描いているところが見どころだ。

作品を知らない人にざっくりと本作を説明すると、ある男女が、世間的には夫婦関係を装い、内情は主婦業を主体とした雇用契約を結んじ同居生活を送る中で繰り広げられる、2人の悲喜こもごもを描いている。

新たな男女の関係性といえば、木村拓哉と山口智子が共演した大ヒットドラマ「ロングバケーション」を思い出す。

「ロングバケーション」では、結婚するはずだった男が失踪し、そのルームメイトだった男と奇妙な同居生活を送る中で、恋愛に発展していく2人を描いた。

ロンバケは、異性も含めたシェアハウス文化への加速の一端を担っていたと言ってもいいだろう。その流れは、後のテラスハウスなどへと繋がっていったと私は思っている。

逃げ恥でも、同様に恋愛関係に無い男女が、同居生活をする中で、徐々に相手を意識していく様が、視聴者を惹きつけている。

しかし、ドラマ内でも星野源が演じる平匡が、自らを「プロの独身」と称するように、恋愛を拒む男が、恋愛をせずとも生活を充実するために選んだのが、新垣結衣演じるみくりとの契約雇用なのだ。

近年では、添い寝をするだけの関係「ソフレ」、キスだけの関係「キスフレ」のように、ある条件下で特定の相手と恋人同士のような関係性を持つ、新たな男女の関わり方が、一部の若者の間で流行している。

逃げ恥も、その延長線上にあると言っていいだろう。

これまでのような男女の恋愛を、疲れると思う人が増えたのだろう。「おひとりさま」という言葉が生まれたり、そもそも未婚率も高く、性経験すらない成人の比率が多くなってるのも頷ける。

しかし、逃げ恥の盛り上がりを見ると、本来は従来のような恋愛関係を多くの人が望んでいるのだと感じる。

なぜなら、恋愛を否定したような関係である2人が、徐々に距離を縮め、恋愛関係になっていく様を、視聴者たちが楽しみにしているのが、ネットの評判から伝わってくるからだ。

では、今の男女が恋愛に疲弊し、深入りすることを拒むようになったのは何故だろうか?そこには、インターネット文化が大きく影響しているように思う。

インターネットの普及によって、我々はありとあらゆる情報を検索で手に入れらるようになった。ドラマ内でも、平匡がみくりとの接し方などを、検索で調べる様が度々描かている。

しかし、そこでいつも行き着くは、調べても本当の正解が分からないということだ。最新回でも、キスのタイミングがいつなのかを調べて、結論はそこにはないといったようなことが、平匡を通じて語られている。

情報が安易に手に入り、さも答えがすぐ手に入るようになったと思った人々は、見えない答を想像することを、苦と感じるようになったのかもしれない。

どんな難問もネットで簡単に調べられたのに、恋愛だけは、絶対的な答が見つからない。

ドラマのように、相手の声がどこからともなく聞こえてきたら、どんなにハッピーだろうか。多くの人は、恋愛が怖いんじゃない。恋愛が出来ないのでもない。恋愛の楽しみ方を見失う時代に生まれてきてしまっただけなのだ。

ドラマを観終わったあとに、ふとそんな考えが頭をノックした。

それでも人は人を好きになる。恋愛は転がってもなければ、ぶら下がってもない。今も私たちの胸の奥で、静かにリズムを刻んでいる。まるで、首をかしげ踊る、みくりと平匡のように。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6864.JPG