彦根市のジョボ過ぎるコロナ対策(5月補正予算)に反対討論した動画がリリースされました。
賛否両論あるなんてことは、ハナッカラわかっておりますが…たった8分ほどの動画です。
こちらからご覧ください↓

おい元気!また口悪いぞ!
って怒られてしまうかもしれませんが…
きょう元気が申し上げました、新型コロナ対策の5月補正予算に対する反対討論です↓
ーーーーー
チャイナ武漢発症の新型コロナ感染症でお亡くなりになられた方にご冥福を申し上げると共に、罹患された方々にお見舞いを、また医療現場で感染リスクを抱えながら私たちの命を守ってくださっている医療関係者の方々、また社会インフラを維持し続けていただいているすべての方々に、心からの感謝を申し上げたいと思います。

会派「令和会」を代表して、
議案第47号 令和2年度彦根市一般会計補正予算について反対
議案第53号 令和2年度における彦根市長の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例案について反対
以上の2本立てで反対討論させていただきます。

市民が求めているコロナ対策予算のポイントは
①ケチケチせんとドーンとつけろ
②モタモタせんと早くしろ
③ゴチャゴチャせんとわかりやすく簡単にしろ
この3つであると、市民から話を聞いて整理しました。

まず、議案第47号 彦根市一般会計補正予算ですが、
新型コロナ対策の5月補正予算は、事業総額約3.6億円、うち国・県の補助等を含まない彦根市の純粋な支出は約半分の約1.8億円です。

この予算が十分なのか、市民の暮らしや市内の仕事・雇用をしっかり守れるのかという問題ですが、近隣の自治体はどうなっているのか比較してみますと…

彦根市 11万2千人 彦根市独自 約1.8億円
長浜市 11万8千人 長浜市独自 約18.8億円 
東近江市 11万4千人 東近江市独自 約3.9億円
近江八幡市 8万2千人 近江八幡市独自 約4.2億円
高島市 4万8千人 高島市独自 約6.2億円
米原市 3万9千人 米原市独自 約3億円

こうして比較してみますと、いかに彦根市がショボ過ぎるか。
市長が、市民の暮らしや中小・小規模事業者を救おうという覚悟が数字で見えます。
庁舎耐震問題で大損害を市民に与え、新市民体育センターでも派手に大盤振る舞いしていた大久保市長らしくない、ケチケチ予算で期待外れすぎます。

彦根市は財政が大変厳しい状況だから、金がないから
などと言っている場合ではなくて、いま目の前の市民は本当に苦しんでおられるのです。

売り上げが半減し事業が維持できず廃業しなければならない。
収入がなくなり家賃が支払えず生活が立ち行かない。
バイトに入れず収入が無くなり食費さえ捻出できない。
すでに止むを得ずお店を閉めた方、生活保護の相談も私には届いています。

6月補正で追加の支援を現在検討中という答弁がありましたが、まさにモタモタせんと早くしろ!です。
5月補正で対応できたものもあるはずで、実際に近隣他市ではやってます。

1社も潰さない、誰1人として見捨てない!
市民の暮らしと雇用をなにがなんでも守る!
という強いメッセージとともに、それに見合った予算をつけるのが市長の仕事でしょう。
他市と比較しても、明らかに見劣りする彦根市のコロナ対策予算に市民は怒り、また悲しみに明け暮れているのだということを市長はお気づきにならないことが本当に残念でなりません。

改めて、市民が求める彦根市コロナ対策の予算
①ケチケチせんとドーンとつけろ
②モタモタせんと早くしろ
③ゴチャゴチャせんとわかりやすく簡単にしろ
このことを申し上げて、反対討論とします。

=====
次に、議案第53号 令和2年度における彦根市長の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例案について反対の立場から討論します。

市長20% 185万9250円 → 148万7400円
副市長10% 154万7700円 → 139万2930円 
教育長5% 141万7050円 → 134万6198円 
3人合計して65.6万円の期末手当の削減ですが、こんなことやって一体なにになるのか?全く意味がわかりません。

市長は、この削減について「少しでも足しになればと思って」などと答弁されましたが、市民をバカにしてるのかと。
先ほども述べましたが、市民の生活は本当に大変なことになっていて、いますぐ必要な支援を求めているのです。

パフォーマンスにもならん申し訳程度の給与削減なんてやってる暇あるなら、ちゃんと仕事せぇよってことです。

条例改正の趣旨に明記されているとおり、
多くの市民が困難な生活を強いられているという現状を考慮して…
と本気で考えているのなら、
今後、全市を挙げて経済再生の財源に充てるため…
と本気で考えているのなら、
基金の取り崩しや中止となった事業費の不要額を活用してでも、借金してでも手厚い予算を組むべきで、それが市長のやらなければならない本来の仕事でしょう。

失礼な発言だとお怒りかもしれませんが、市民はもっと怒っているのです。
しっかり必要な予算つけてたうえで、それでもお3方は、お金が余ってしょうがないからボーナスカットしますって言うのなら、それはご自由にどうぞという話ですが。
ケチケチ予算しかつけないで市民に寄り添ったフリをするような悪趣味に、職員や議員を巻き込まなないでいただきたいと申し上げ、反対の討論とします。
ーーーーー
採決の結果、賛成多数で可決となりましたとさ。

大変長らくお待たせ致しました。

自粛期間中、学校も休業で、特に子どもっちから相談が多かった「図書館は開けてくれぃ」の件です。
感染防止対策を講じながらの再開となりますが、ご協力よろしくお願いします。
q3LdkL2wwD.jpg
遠慮なく、いっぱい素敵な本と出会ってくださいね。

↑このページのトップへ