いつも応援ありがとうございます。

「津田健次郎・大河元気のジョシ禁ラジオ!!」が、
響ラジオステーションに移籍して復活致します。

復活第1回目は、4/13(金)21:30〜 無料配信!

https://hibiki-radio.jp/description/joshikin/detail

さらに、「響REFLESH!」番組スタート記念して、
開始記念特番動画を4/6(金)22:00〜生放送を予定してます!
*レギュラー配信は音声のみです

響FRESH!
https://freshlive.tv/hibiki


復活する「ジョシ禁!!」よろしくお願い致します!

おまけ
AJの写真別ver.(ちょっとハニカミ&寄り添い気味)

IMG_5460.JPG






  3月17日、18日の二日間、パシフィコ横浜国立大ホールにて、TVアニメ『MARGINAL#4 KISSから創造(つく)るBig Bang』単独イベント、『Big Bang Fes(BBF)』がおこなわれました。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5044.JPG

  待ちに待った、ピタゴラスプロダクションの単独ライブです。

  一年前に発表された時はまだまだ先の話だと思っていたのですが、振り返ればとてもあっという間でしたね……。

  本当に幸せで、楽しくて、感慨深い2日間でした。

  この『MARGINAL#4』という作品に、先輩ユニットであるLAGRANGE POINT(ラグポ)の緋室キラとして参加させていただくことになったのが四年前。
  MARGINAL#4(マジフォ)より後に出てきた僕らが先輩ユニットを演じるという事に、スタクラの皆様は少なからず不安や抵抗があったのではないかと思います(勿論これは推測ですので、そうでなければご容赦下さい)。その不安を少しでも取り払えるよう、キラとはどんな時も全力で向き合ってきました。マイクの前、ダンスのリハーサル、取材を受けさせていただく時……どんな時も一切手を抜かず、そのせいで彼を迷走させてしまう事も多々ありました。
  個人的な理由ではありますが、この緋室キラという役を任せて頂いた時、僕は声優業を始めたばかりでした。実力不足に何度も嘆きました。皆様の不安を更に強めてしまう事に何度も何度も絶望しました。

  そんな時に僕の一番の心の支えとなってくれたのが、キラの相棒・牧島シャイを演じる豊永利行さん(とっしーさん)でした。
  当時の僕からすれば、とっしーさんは僕なんかでは到底及ばない実力と経験があり、とても横に立とうなんて思えないような凄い人でした。
  そのとっしーさんが、その時の僕にかけてくれた言葉は、今でも忘れません。

「一緒にやってると楽しいね」

  とっしーさんにとっては何気ない一言だったのかもしれませんが、僕にとっては全てが許されたような気がして、この人についていこう、ずっと一緒にやっていこうと思えました。それ以来、キラを演じる時はどんな時も隣にシャイの存在を、とっしーさんの存在を感じていました。

  感謝の気持ちは書き出せばキリがないので、後ほど改めて書かせてください。

  BBFに全力を注いだ二日間。
  今言える事は……











身体中が痛い。


  今までの流れをバッサリカット。そう、それが我のブログです。どうもみなさんこんばんわ。
  そんな、いつまでもしんみりしたの書かないから。


  改めまして、BBF、お疲れ様でした!!


  楽しかったな!

  終わってしまった寂しさもあるけれど、それと同じくらい幸せでいっぱいだ!!
  最後の挨拶の時にも言ったけど、ホワイトボードからBBFの文字消すのイヤだったんだわ。
  でも、いざ消してみても、ちゃんと覚えてる!扉が開く瞬間のワクワクも、客席の光を見た時のドキドキも、あの瞬間もこの瞬間も、全部覚えてる!ので、意外と大丈夫でした。

  それから、






 未だにUNICORN Jr.(ユニコ)の曲が頭から離れない。



  ラグポがスタンバイする時ステージ上ではユニコが歌っているので、一番聴く事が多かったのです。

  随分前の話になりますが、新堂ツバサ役の蒼井翔太くんがまだユニコに決まってない時、家に来てラグポのCDを「これ貰ってくからー!!」と自分のカバンにぶち込んだのがまるで昨日のように思い出せて、あの時はまさかこうして同じステージに立つなんて考えもしなかったなぁ。

  滝丸アルト役の沢城千春くん、仲真テルマ役の染谷俊之くんは翔太と同い年。つまりは僕とも同い年なわけで、あの三人がどこか羨ましくもありました。



 まあ、とっしーさんには敵わないんですけどね。


  不思議な縁で出会ったユニコの三人。いつも三人で努力する姿に、本当に勇気付けられ、背中を叩かれ、とても救われていました。
  心の底から、











CD返せよと思います(できればユニコのやつを)。





  さて、話を戻しましてBBF。

  マジフォが皆様の前に現れてから五年。誰もが望んだピタゴラスプロダクション単独ライブは、予想を遥かに上回る、しかしそうでなければいけない規模でおこなわれました。

  五年前に、あの四人が揃っていなければ、ラグポもユニコもこの世には生まれなかったでしょう。
  もっと言えば、結成後に誰か一人でも欠ける事があれば……

  こんな話はあまりにナンセンスですが、そう思わずにはいられない程の感謝が僕にはあるのです。

  桐原アトム役の増田俊樹くん。

  藍羽ルイ役の高橋直純さん。

  野村エル役のKENNさん。

  野村アール役の鈴木裕斗くん。


  言葉になんかできないような、いろんな意味を込めて、

  本当にありがとうございます。

  





  ハグ痛くてごめんね。



  本当に素敵なライブでした。
  ステージに星を降らせる、なんてのはどう考えたって比喩です。もし本当にそうなったら危ないからね。そこら中クレーターだらけ。踊りどころの騒ぎじゃないでしょ。
  でも、本当に降ったんだね。客席で姫さんが振るペンライトの一つ一つが、星のよう、ではなくて、本当に星でした。
  それは決してペンライトが光を放つものだからではなく、姫さんみんなの心に生まれた、もともとはゼロであった場所に物凄いエネルギーで生み出された何かの輝きだったのだと思います。
  うむ、「KISSから創造(つく)るBig Bang」の名に偽り無し!!
何度も繰り返しますが、本当に楽しかったな。


  



  さて、改めまして、とっしーさん。

「ラグポとして、やれる事は全部やろう」って話をして、その通りに機会があれば二人でパフォーマンスができた事、それから、いつかやりたいねって話してたピタゴラスプロダクション全員でのライブ、本当に楽しかったね!

  至らない点ばかりで、いつも足を引っ張ってばかりだけれど、それでもずっと一緒にやってきてくれた事、本当に本当に感謝しています。
  きっとまだまだ沢山迷惑かけてしまうと思いますが、これからもよろしくお願いします!!


0S9lIdqKxh.jpg



  最後に、いつも応援してくださるスタクラ、ユニメイト、そしてラグジュリエットの姫さん。

  あの場にいた誰もが大切な星の一つで、どれが欠けてもあの日の銀河は完成しませんでした。
  僕達に会いにきてくれた事、いつも応援してくれる事、心より感謝いたします。

  ワガママだけれど、もう一つだけお願いを聞いてくれませんか?











Blu-ray&DVD、買ってね!



  そうすりゃいつでも会えるから。




  まっすーも言ってましたが、まだまだ終わるつもりなんてありません。みんなの応援があればまだまだ沢山の星を降らせる事ができるのです。
  宇宙はまだまだ生まれたばかり!いつかこの生まれたばかりの宇宙を、星と愛で一杯にしちまおうぜー。



  ……読み返してみると、なんて長いブログなんだ。
  書きたい事はまだまだ山のようにあるけれど、そろそろ切り上げよう。


  アップしないとみんな読めないから。



  それでは、また次の機会に。

  今回がBig Bang(宇宙創造)だったので、次は……






Galaxy Formation(銀河形成)……?



↑このページのトップへ