月別アーカイブ / 2019年09月

View this post on Instagram

猫バカおばさんの傷心日記です。 読んで不快に思われたら申し訳ないので、昨日の投稿に不快感や反感をもたれた方は、この先読まないでスルーしてください。 昨日の朝のショッキングな出来事…今日も引きずっています。 無惨な姿で亡くなった子猫も可哀想だけど、この10日間ほど、子猫に一生懸命ご飯を運んで与えていた母猫の無念さを思うと、また悲しくて涙が出る。 昨日は動揺して無我夢中で、亡骸を家に持ち帰ったけど、いくら氷や保冷剤で冷やす努力はしても限度がある。 明日夜勤が明けたら、市の施設で火葬をしてもらいに行くことに決めました。 それまであまり劣化しなきゃいいけど…😢 こんなことくらいしか出来ない情けない私だけど、心から祈ります…天国では幸せになってね、と。 今、後悔や情けなさ、切なさなどいろんな思いが込み上げて傷心状態です。 後日コメントの返信をさせていただきます。 ダイレクトメッセージは本当に申し訳ありませんが、遠慮させていただきます。 (写真と文の内容は関係ありません)

A post shared by ピンクすぱいだー (@genjipink) on

View this post on Instagram

おはようございます。 今日は日勤。今は出勤の地下鉄車内です。 今朝はあるハプニングでショックを受け、かなり動揺しています。しばらく引きずると思います。 数年前から少しばかり世話をしている外猫が生んだ子猫。 朝4時にご飯をあげにいったときにはなかったのに、7時半にご飯をあげにいく途中の道路に、カラスがつついている物体を発見。見るとシルバーの子猫…可哀想に、頭と後ろ足の皮と身は食べられてしまって… 動揺してしまって、せっかく持っていったご飯、半分地面にひっくり返しちゃって無駄になった…😢 とりあえず歩道に寄せて、合掌…その後家からビニール袋持ってきて、亡骸を入れて、時間がないからひとまず自宅に持ってきちゃった…どうするかは仕事から帰ったら考える。 そんなわけでいつもギリギリ出勤なのに、このハプニングのおかげで遅刻確定。 でも痛ましくてほっとけない。ほっといたら車に無駄に引き潰されてしまうし。 昨夜まで、ニャーニャーって可愛い鳴き声も、動いている姿も見ていたのに… 安全なすみかがないから生き延びるのが困難… 短かったけど、親猫の愛情を受けて懸命に生きた小さな命の旅立ちに…天国では幸せになるんだよ🐾 (写真と文の内容は関係ありません)

A post shared by ピンクすぱいだー (@genjipink) on

View this post on Instagram

ちょうど1年前の今日、北海道を中心に大きな地震がありました。 前日9月5日は朝から24時間勤務で、日勤終了から引き続き1人当直中の夜中3時過ぎ、大きな揺れを感じました。 救急外来に患者がいなかったのは幸い。しばらくして停電。通常病院は自家発電で電源が確保されているはずなんだけど、徐々に電気が暗くなってきて、まさかの院内停電状態。 救急隊からけが人の受け入れ要請の電話が来たけど、電気が使えないから受け入れ不可。 勤務が終わっても地下鉄が運休だから、仕方なく24時間勤務のあとのくたびれた身体に鞭うって、歩いて帰ること2時間半。さらにうちはマンション11階なので、息を切らし、重だるい脚で11階まで上がってようやく帰宅。 帰宅すると玄関先にガラスの破片が散らばり、ふなっしー(金魚)は虫の息… マンションが停電すると、エレベーターが使えないだけでなく、水道が使えないため、近所の公園まで水を汲みに行くこと11階までの階段8往復。 うちはその日の夕方に停電が解除された地域だったから、不便は最小限で済んだから恵まれていました。 家の中がぐちゃぐちゃに散らかったり、痛ましいことに犠牲者もいたわけだから、本当に恵まれていました。 あの日被害に遭い、犠牲になった方には心からお悔やみ申しあげます。 このところの台風の影響で現在停電中の地域もあるし、いつどんな災害が起こって、日常生活や生命に危険を及ぼすかは予測できないから、不測の事態への備えと、いつもと変わらない生活が送れることへのありがたさを忘れずに生きていかなきゃね。

A post shared by ピンクすぱいだー (@genjipink) on

↑このページのトップへ