View this post on Instagram

連投すみません。 今日は仕事は休みだったけど、今日が期限の年末調整の書類を提出するために、吹雪の中、息子が運転する車で職場に行ってきました。 そのあと遅めのお昼ご飯を、前々から行きたかったびびび食堂に連れていってもらいました。 美味しくてサービス満点、かつリーズナブルなお店といつも息子から聞いていましたが、まさにその通りでした。 お店の昭和的な雰囲気も、従業員の接客も人柄も素晴らしいです。 私はかき揚げ玉子とじ丼(だったかな?正式な名前は忘れました)、息子は焼き魚定食(真ホッケ)をいただきました。 かき揚げ丼が運ばれてきたとき、「女性なら丼のご飯多かったかな?多かったら僕(息子)が食べるからいいよね(笑)余ったらお持ち帰りもできますから」と気遣われましたが、心配ご無用、私、残しませんから❗👍(大盛でもイケます) おまけに私は卑しいから、息子が残したホッケの皮や背骨に付いた身も綺麗に食べちゃった。 私と一緒にいる人は恥ずかしいかもね…(笑) 猫より綺麗に食べる自信があります。 食事中、店内に昔の曲が流れていましたが、井上陽水が唄う`恋の予感が何とも甘くて切なくてとろけそうになりました。 お腹いっぱい食べて満足して、最後に1つ、前々から聞きたかった質問をして帰ってきました。 「びびび食堂のびびびって何ですか?」 その答えは、 「店名の由来ですか?諸説ありますが、美食と美酒で自分にごほうび⬅️で、びびびです」とな… 美◯、美◯、ときて、3つめは美◯ではなく、まさかのごほう、び! そう来たか…予測不可能でした。 びびびと言えば、そう、てっきり松田聖子のびびび再婚…に関係があるのかと思ってしまいましたとさ。

A post shared by ピンクすぱいだー (@genjipink) on