View this post on Instagram

長文になります。 今日も1日お疲れさまです。 また私事で恐縮ですが、9月20日午後、札幌市動物管理センター福移支所にある動物慰霊碑にお参りしてきました。 この日は献花台が設けられるとのことで、可愛らしいお花と、亡くなる前日に買った子猫用のエサをお供えして手を合わせてきました。 正直言って、今でも疑心暗鬼に陥った状態は変わりません。でもありがたいことに、いろんな方々からいただいた前向きであたたかい言葉がとても力になりました。この日の供養を区切りに気持ちを切り替えます。 札幌は日に日に風が冷たく肌寒くなり、まもなく雪と寒さの厳しい長い冬がやってきます。 外猫(母猫)がこの厳しい寒さに負けずに冬を乗り切れるように援助しなくちゃ…悲しんでばかりはいられません。 私が外猫の存在を知ったのは2016年秋。"取り壊される予定の廃屋に、猫の親子がいる"と、工事の人に子猫の写真を見せられました。その子猫が今、私がエサをあげている母猫です。 その頃は近所の初代猫おばさんがエサなど猫のお世話をしていましたが、おばさんの家も取り壊され、引っ越してしまったので、私がその後勝手に、2代目猫おばさんに就任しました。 現在は毎日2~4回、近所のおじさんのお宅のベランダにエサを置かせてもらっています。 だから旅行や、仕事以外で長時間家を空けることはできません。唯一、2017年X JAPANのライブで横浜に行った時だけ、初代猫おばさんにお願いして、代わりにエサをあげてもらいました(笑) 今年の元日からは、エサの内容や猫の様子、食事量など記録をつけていて、ノートは2冊めになりました。 猫ちゃんがいる限り、2代目猫おばさんは死ねません(笑)

A post shared by ピンクすぱいだー (@genjipink) on