こんばんは

新菜です







_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3026.JPEG







劇団レトロノート『真新しい夜の下』

無事全公演終了致しました。

ご来場下さいました皆さま、応援して下さった皆さま、ありがとうございました!



今回の作品も、私にとってまた一つ大切な作品になりました。



峯水かな
やりたい事が出来なかったり、求められている事が違かったり、好きな事だけど難しかったり。
いろいろ刺さるものが多かったです。

今回は弾き語りにも挑戦させていただき、人前で歌うなんてハーベストのオーディションぶりで、本当に大丈夫なのだろうかとばかり思っていました(笑)

「も一度moonlight」は、広瀬咲楽がつくってくれて、ピアノのアレンジは岩崎さんが。
岩崎さんは全然大丈夫だよ!っといっつも言ってくださって、その言葉はとても心強かったです☺︎



座組の皆さん本当に素敵な方々ばかりで、常に稽古場が暖かく毎日の稽古が楽しく濃い時間でした。

役で困った時もなかなか歌わなかった時も、どんな時でも優しくフォローして下さり、
作品と、役と向き合っている姿勢だったり、
私にはまだまだ足りないところを、たくさん学べる現場でした。



そして、レトロノートさんは作家の小林さんにはハーベストの脚本を書いていただいたり、公平さんには毎回演出を、岩崎さんには音楽を、こうやさんとまーくんは仕込みやバラしを手伝っていただいたり、とてもお世話になっている劇団で、そんな皆さんの最終公演に参加できたこと、とても嬉しかったです。

声をかけて下さり、本当にありがとうございました。



この公演に携われて本当に嬉しかったです!
終わってしまうのは寂しいですが、また次のステージに進みたいと思います!





_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2941.JPG





それでは

この辺で