image1_363.jpeg
 
 
 
広瀬咲楽です!
 
8月の東北ツアーから今日まで
怒涛の日々だった
TOHOKU Roots Project 音楽の時間
『イーハトーヴの途中』
東京公演も全公演が無事終演しました!
 
 
メンバーも東京公演観に来てくれました☺️🌟
新菜、光瑠、佳央、瑠菜、有、ありがとう!!
 
 
image5_59.jpeg
image3_128.jpeg
 
 
今日は、千秋楽でした。
沢山のお客様と一緒に、あの日から今、そしてこれからに向かって歩いた旅。
 
東北ツアーの仙台、女川、宮古から
東京公演今日までの下北沢。
改めて、お越し下さった全ての皆様、
ご来場本当にありがとうございました。
 
 
世界中、日本でも、あちこちで様々な災害や事件が起こって、大事なものや大切な人をなくしたり、困っている人がいたり、不安な毎日を送っている方々がいらっしゃると思います。
西日本の台風の被害に遭われた皆様、北海道胆振東部地震の被害に遭われた皆様、心からお見舞い申し上げます。
一刻も早く、安心して生活ができるようになることを祈っています。
 
 
いまは立ち上がることが出来なかったり、
この先の未来がよく見えなかったりすることがあると思います。
 
わたし自身も、地元宮城県内で13歳の時に東日本大震災を経験して、あの時失ったものや、傷ついた心をどうしたらいいのかわからず苦しんできました。
 
 
震災から7年が経った今のことを、
今日のようにお客様の前に立って
夢だったお仕事をさせていただいていること
当時は全く想像もつきませんでした。
 
この「イーハトーヴの途中」の物語は
わたしがこれまでに作詞作曲した歌と、
 
TOHOKU Roots Projectに出会って
ピアニストの立石一海さんに出会って
一緒につくらせていただいた歌と、
 
更にこれまでに出会った皆さんや
新しく出会った場所から得た想いに向き合って
作詞作曲した歌を
 
構成演出の大原研二さんが、代表の坂野早織さんの想いも汲み取り、わたしがぽつりと話した言葉や想いなどもちりばめ、見事に“ライブなのか演劇なのか”はっきり決めることの出来ない唯一無二のステージに仕上げてくださいました。
 
 
ジャズピアニストの立石一海さんのピアノによる、全12曲のアレンジも本当に素敵で、わたしの楽曲たちを沢山生まれ変わらせてくれました。
 
 
スタッフの皆さんや、来てくださる方々、
応援してくださる全ての皆様に支えられた公演でした。
 
また皆さんと出会えることを楽しみに、
そしてまた新たな出会いを楽しみに、
自分の信じた道を歩いて。
これからもアーティストとして成長していけたらと思います。
 
 
 
image2_198.jpeg
 
 
 
あなたも自分の信じる道を
明日に向かって歩いて行ってください。
 
皆さんの明日が輝きますように。
ありがとうございました。
 
それではまた!
明日も楽しい日にね☺️
 
 
 
広瀬咲楽