こんばんは

宮武佳央です☺︎


image3_116.jpeg



(⬆︎生徒手帳の当たりで入っていた、学生証の写真。)


DOLLについての想いをみんなが沢山書いてるので、そろそろ飽きちゃったよーなんて方いるかもしれませんが、私の想いも最後まで読んでいただけると嬉しいです🤫💭


DOLLを上演すると決めてから、80年代の設定で描かれたDOLLをそのまま上演するか、現代に映して上演するか、みんなで凄く悩みました。

最初、台本を何一つ変えずにそのまま上演したいと言う意見が多かったのですが、沢山話し合い、現代に映して上演しようと決めました。

話を進めていく中で、何度も出てきたワードが

『ディスコミュニケーション』

自分の気持ちを言葉にできず、コミュニケーションが取れない状況になっているということ。

80年代よりSNSなどの発達で、よりコミュニケーションが取れなくなっている現代。

昔から変わる事ない、むしろ酷くなっているこの時代にフォーカスを合わせることにしました。

きっとその方が、同じ世代の子達にも響くのではないかと。

日常で埋もれてしまっていることに気づいてもらいたいなと。



この作品は最後に『死』を選ぶという結末。

こういった話をハーベストが挑戦する事はなかったので、私達がこのテーマを扱えるのか、そこについても討論しました。

ただ、如月さんがDOLLで伝えたかったのはそこではないのではないかと。

この作品を見て、死を選んでしまう動機が薄い。と思った方もいらっしゃると思います。


だが、皆さんが学生の時はどうだったでしょうか?

友達と喧嘩したり、親に気持ちが気持ちが伝わらなかったり。

そんな事で苦しいくらい悩んだりしませんでしたか??


私は高校生になる前、進路の事でお父さんとバチバチに言い合って号泣しました

泣き喚いて、もう死んじゃいたいと思ったくらい。

今考えれば

『何故?』

『そんな事で?』

と思う小さな理由だけど、私にとってはとても大きな問題だったんです。

あの時同じような気持ちの子が集まってたら、ふと一歩踏み出してしまってたかもしれない。

そう考えると、とても身近な出来事なんですよね。

誰しもが通り、感じた感覚なのに、大人になるにつれ、その感覚が薄れてしまう。

今ちょうど大人への階段を上り始める時期の私達が伝えられることがあるのでは無いかと思い、この作品を選びました。



image2_134.jpeg




そして吉川京子。

私はヤンキー役をやることが多々あったので、素に近い印象がある方もいるかと思いますが、そんな事はないです。笑

正直凄く苦労しました。


似ているところはあったけど、育って来た環境、口調、考え方の違い。


この吉川京子が出来上がったのには全てに理由があるわけで、どのようにして吉川京子が出来上がったのか。

京子と同じような環境に居た友達などを研究して、どのような人生を歩んできたのか考えました。

親からの愛情が不足して居た京子にとって、5人はどんな存在だったのか。


京子の人生を悩むことが本当に大切な時間でした。



稽古での動画を見ては、口調が馴染んでいない事がとにかく気になって、普段から語尾や口調を気をつけていたり。


戯曲では京子は自分の事を『オレ』と言うのですが、今とハマらないよねという話で私は『ウチ』紗良は『あーし』に変えました。


そういったところから、それぞれの京子が表現できていたら嬉しいです💭


ーーーーー♡ーーーーー

京子以外に演じた役たち🧚🏻‍♀️


image1_297.jpeg


お父さん。

離れる娘を送り出す感覚。
味わったことはないけれど、自分のお父さんと離れる時の感覚を思い出して、お父さんの気持ちを想像しながら演じました。

ちなみにカツラを被ると、メンバーからお父さんそっくりだと言われました。笑


image2_199.jpeg

校長先生。

生徒のためを思って言葉をかけてくれるのに、学生の頃は綺麗事に聞こえてしまうんですよね。
どうしても自分達からみた大人を演じてしまうところがあり、苦労しました。


ワンシーンだけの役だけど、とても貴重なものになりました。

image3_174.jpeg


そして女子高生。

少ししか登場していませんでしたが、私だと気づきましたか?

髪色で気づくか。笑

最後の『皆さん、本当にありがとう』のセリフ。
舞台上に入ってすぐのセリフだったけど、空気感を感じて毎回気持ちが高揚したな。




全ての役に感謝しています😌


ーーーーー♡ーーーーー


そして、この公演をもって卒団した

山本萌花と弓木菜生。



image2_201.jpeg



菜生とは、地方組でずーーっと共に生活をしてきました。

週末は新幹線で行き来し、学校の長期休み期間はホテルで共同生活。

ずーーーっと一緒でした。

本当にずーーっと。

共同生活に慣れず、生活リズムの違いで喧嘩をしたこともあったけど、沢山成長することができました。


皆が東京で遊んでる時、私達は大阪や京都で遊んでたね☺︎笑

これからもご飯行ったりお泊まりしたり。
ずっと変わらない関係です。

大好きなお姉ちゃん?妹?
分からないけど、家族みたいに大切な人です☺︎



image3_210.jpeg



そして萌花。

梨里香が『芝居面もメンタル面も支えてくれた』と言っていましたが、本当にそのまんまです。

どれだけ萌花に支えられたことか。

仕事面でもプライベート面も萌花の存在は大きかったです。


稽古後、一緒にご飯行って色んなことを話すのがとにかく楽しくて。

あの時間がなくなるなんて寂しいなあ。


最後の最後まで『萌ちゃん、辞めるの辞めない?』と言い続けました。笑

だけど、大好きな萌花が選んだ道。
応援するしかない!!




青春を共にしてきたメンバーが居なくなるのは本当に寂しくて寂しくて仕方ないけど、これからそれぞれの夢に向かって歩き出す2人を応援し続けます!!


有難う。
そして大好きだよ!!


ーーーーー♡ーーーーー


DOLLの余韻に浸ってる暇もなく、『ロリコンのすべて』いよいよ5日後初日です!!


image1_407.jpeg



うわああ緊張。

タイトルとは想像つかないかもしれませんが、
意外と?純愛ストーリーです。笑


そして、演出のイトウさん曰く『稽古場での演出席ってベンチシートの位置だから、ベンチシートは見やすいって事だよね?』とのこと。

演出席を体感してみたい方、オススメですよ☺️

予約が早い方から良い席でご案内できますのでお早めに!!

とにかく、観に来てください!!


宮武佳央専用フォームはこちら💁‍♀️

初のスズナリ。
小屋入り楽しみだーー!!!

皆様のご来場、お待ちしてます😊


それでは今日はこの辺で!

次はあるです✨


劇団ハーベスト 
Twitter ➡︎@gekidanherbest 
Instagram  ➡︎gekidanherbest 
LINE公式アカウント➡︎劇団ハーベストで検索🔍


宮武佳央 
Twitter ➡︎@__miyatakekao51 
Instagram  ➡︎@miyatakekao


フォローよろしくお願いします🐣