こんにちは。

1526715258828.jpg

川畑光瑠です。

山本とのツーショット。
よく似てるって言われるんですが、そんなににてますかね。
自分にはわからない。

前回のブログの写真の撮影者は弓木でした〜、ありがとう、弓木。







1日1日があっという間に過ぎてて、気づいたら朝が来て、気づいたら1週間過ぎてて、


そんな毎日です。


あっという間に20歳になって
あっという間に30歳になって

あっという間に80歳になって
おばあちゃんになって、、、


人生ってそんな感じなんですかね。

大人になればなるほど、時間の感じ方は短くなっていきますよね?必然的に。
そしたら、今よりもあっという間の生活になってしまうと思うと、、、怖っ。

1日1日を丁寧に。
今だからできることをしたいです。

そんなことばかり言ってますね、私。

ブログを書くたびに、冷静に今の自分について考えさせられるので、好きです。











そして、本日は

1526715255711.jpg

イキウメ「図書館的人生vo.14 襲ってくるもの」を観劇。


感じたことある、考えたことあるって思うこと多々。
人間の作りの複雑さというか、生きるということはどういうことかをクスクス笑いながら考えてました。

やっぱり、演劇って面白いなと思うのは、一生懸命に生きている役に出会う時なんですよね。私も舞台上で役として人生を全うできる頑張らなくちゃ。





今夜は別の観劇へも行ってきます。
ぜひ、twitterなどみてね☺️

@hikaruk613_sma




『ひかる目線』

1526715261132.jpg

フィルムって撮った写真をまとめて一気に現像するから、その期間の思い出が頭の中でいっぱいになって、フォルダが一瞬で過去に戻ったみたいになる。

これは友達と韓国に行った時。
2人でチマチョゴリを着て、きょんぼっくんへ。

実は人生初海外。
韓国とか、近過ぎだろって思うかもしれないけど、私にとっては、すごく遠くて。
ドキドキしました、海外。
知らない世界で知らない人しかいなくて知らない言葉で。




また、どこかへ行ってみたい。



次は菜生〜。

すっかり夏の陽気になりましたね☀︎
加藤梨里香です🐒


あ、でも
夏の前に梅雨が来るのか。
最近、雨降る日に限って傘を忘れ
その度に買ってしまうという
うっかりを繰り返しています🙉
お気に入りの折りたたみ傘が壊れてから
折りたたみ傘忘れが頻繁になった(゚∀゚)
お気に入りって大事だね。


そんな最近は
大学に行って学びの日々です。
でもインプットだけじゃ
満足できないのが私という人間でして。
やっぱりアウトプットをしたい!!
うずうずしてます。

本番が終わると
いつもやりたいことが溢れてくる。
その一つに
いろんな人に会っておしゃべりしたい
が必ず含まれるんですが
だからと言って
今までは自分から誘ったりできなかったけど
今回は、会おうね!って言ってた人に
自分から連絡を取ってみたり。
他のことに関しても
ちゃんと行動にうつしたいと思います💪


image2_6.JPG


そしてね!

この前幕が閉じました
『ふらちな侍』
の公演パンフレットと公演DVD
が期間限定で通信販売されます😳🔥

行きたかったけど
観に来れなかったみなさん
会場でお買い求め忘れた、予約し忘れた!
なんてみなさん
ぜひこの機会にお買い求めください✨

期間限定だから
お忘れなくーーーー!!!

詳細です↓

必要事項を明記の上、メールにてお申込みください。
・公演パンフレット 2,000円(送料込)
・公演DVD 5,500円(送料込)
【件名】ふらちな侍 (パンフレット)or(DVD) 申込
【本文】・商品名と枚数・お名前・郵便番号・ご住所・連絡先

⚠️お申し込み期限は5月31日までです⚠️


image3_2.JPG



なんだか
着物と日本髪が恋しい…


では!
次ヒカル☆


加藤梨里香

Twitter→@Ririka_Kato
ブログ→






山本です^ ^!



車を運転する時、
白線に沿って…
縁石に乗っちゃわないように…
ってちょこちょこハンドル切って
下の方ばかり見て運転していると
フラフラと慌ただしい運転になってしまうけれど、

目線を進行方向に向ければ
車はちゃんとそっちに進んでくれると聞きました。

たしかにそうすることで
フラフラとした運転が解消されて安定したし、
しっかり前を見ることで次に何をするべきかを
落ち着いて考えられて
心に余裕を持って運転できるようになりました。




人生と似てるなと思いました。




目標定めて
その方向に目を向けて
落ち着いて進んでいく!


1526638930186.jpg



次は梨里香!^ ^




↑このページのトップへ