Cとの約束の日。
彼が指定したのはテレビ局の9階だった。
恐らく5年前のことを罵られるだろうけど、こんな形でもCと会えることが嬉しかった。

誰も来ない静かな廊下でCを待っていると彼からメールが来た。
廊下の先にあるテラスに出るように言われる。テラスに出ると視線の先にCがいた。
彼はベンチに座ってタバコを吸っている。
私はCから少し距離をとってベンチに座る。
どちらからも口を開かない静かな時間が流れた。私は下を行き交う車の音を聞くともなく聞いていた。




「はい」




ふいにCがウーロン茶を渡してくる。
Cが新しいタバコに火をつけて煙を大きく吐き出した。




「来るって思わんかった(笑)」




5年前のことで私は来ないと思っていたんだろう。
Cが自分の口から出ていく煙を目で追いかける。平静を装っていても彼も動揺しているのかもしれない。




「あれからどうしてたの?」
「芸能記者は辞めました」




Cが驚いた目をする。
あの時、Cの事務所にも私の素性が入っていて、「うちのタレントに手を出した。しかも芸能記者のくせに」という理由で編集部は事務所の会見などに出禁となってしまった。
「責任をとれ」なんて誰からも言われなかったけど、「お前が辞めたぐらいじゃ補填できねえんだよ」と思われていることもよくわかっていた。
だから私は芸能記者をすぐに辞めた。





「元気そうですね。時々、テレビで観てました」
「うん、、、」





ぎこちなさ過ぎる会話。
5年の空白というより、私達の別れ方がそうさせているんだと感じた。
タバコを消してCが立ち上がる。




「もう会うことはないから。
ケジメとして会っただけ。じゃあね」




去り際、Cからそう言われた。
想像していたけれど、想像以上にその言葉は私の心をえぐった。

Cがくれたウーロン茶を喉に流し込む。
ゴクゴク飲んだ。
飲んでるうちに涙が流れた。
どうしようもなく切なかった。
何万回後悔してもしきれない5年前のことを思った。
時々でいいからまた会いたかった。だけど、それはもはや無理なこと。
どうしようもなく切なくて、しばらくそこを離れることができなかった。

「久しぶり」
Cが私に話しかける。
彼の目を真っ直ぐに見ることもできなかった。



「何してるの?」




少し鼻にかかる彼の声が懐かしくて泣きそうになる。
私はテレビ局で働いていることを簡潔に伝えた。それだけ言って立ち去ろうとする私の右腕をCが掴む。
私は驚いて初めてまともに彼を見た。




Cが私を見つめている。
私も彼の目を見つめたまま何も言えなかった。




「じゃあ」と言って、今度こそ私はそこを離れる。
彼の視線を背中に感じながら振り返りたい強い衝動をかろうじて抑え、エレベーターに乗る。
この日の夜、私が眠る頃、Cからメールが届いた。




「話がしたい。再来週の水曜日の13時、今日会った場所で待ってる」




Cは5年前のあの時のことを聞きたいんだろうと感じた。
私を責めることで彼の区切りがつくならば、Cから責められることで、私の中でも区切りがつくかもしれないと考えた。

吐き気を伴う緊張感に満ちた夜が足早に過ぎ、Cと約束したその日がやってきた。

見間違えようがない。それはCだった。

Cが顔をあげて私に気づく。
驚いた表情をした。
私は咄嗟に顔を伏せた。
彼のマネージャーが通りすぎたことを確認して顔を上げると、Cがまだ私を見つめていた。
激しく動き回る心臓をどうにもできなくて、私は顔を伏せたまま足早に通りすぎた。

気づいたら私は泣いていた。
驚いたからなのか会えたことが嬉しかったのか。

それからの私は、Cと会えた曜日の同じ時間に必ずあの廊下を通るようにした。
毎週そうした。もしかしたらまた会えるかもしれないから。だけどそれ以来、Cには会えなかった。

蝉時雨がうるさい季節になった。
Cとあの廊下で偶然出会ってから4ヶ月ほどが経つ。この日も、半ば恒例行事としてあの廊下を歩いていた。
「こんな夜に冷えたビールを飲むのは最高だよなあ」と思いながら目線を窓から外すと、




Cがいた。一人で歩いていた。




Cぐらいのトップアイドルが一人で楽屋の外を歩くのは珍しい。
あんなに会いたかったのに、いざとなると動揺してどうしていいかわからない。
逃げも隠れもできない廊下で「どうしよう」と思っている間にCが目の前に来た。




「久しぶり」




彼は小さく笑ってそう言った。

↑このページのトップへ