今日、8月6日は広島に原爆が投下された日だ。
今もそうなのかは分からないが
僕がまだ広島に住んでいた頃は、
広島のテレビ局はどこも
平和記念式典を中継していたし、
小学校は登校日となっていた。
そのくらい広島の人にとっては特別な日なのだ。
そして投下された午前8時15分に
みんなで黙祷をする。


学生時代、被爆した方が学校に来られて
その時の体験を
生々しく話してくださったのを覚えている。
"思い出したくない記憶であるが
それを伝えることが義務である"
と話されていたのが印象的だった。
確かに、こういうことは次の世代に
伝えていかなければならない。
しかし、このような話をできる方が年々減っている。
だから次は教えてもらった僕たちが、
責任を持って伝えていかなければならないと思う。


過去の過ちを責めるのではなく、
二度と繰り返さないようにすることが
大切だと思う。
一番の罪は、過ちを忘れてしまうことだ。
今も世界のどこかで戦っている人たちがいる。
その人たちのために
大きなことはできないかもしれない。
僕たちはただ、
平和を祈ることしかできないかもしれない。
しかし、一人一人が意識することで
平和な世界に近づくのではないだろうか。
広島に原爆が落とされた8月6日、
長崎に原爆が落とされた8月9日。
毎年この日だけでも
平和についてきちんと考えたい。