あんまり他人に見せない僕の作曲風景。
いつもこんな感じで自分の部屋で作っている。


最近はグループの楽曲制作に
関わらせてもらっているが、
そんな僕のルーツとなった曲について
今日は書こうと思う。
というのも、学芸大青春メンバーの
ルーツとなった曲をそれぞれ2曲ずつ持ち寄って、
LINE MUSICでプレイリストを
作らせてもらったからだ。
ルーツとなった曲があり過ぎて
2曲に絞るのが難しかったが、
僕はA$AP Rockyの『Wild for the Night』と
Dragon Ashの『Drugs can't kill teens』
を選曲した。
今日はファン目線というか、
この曲たちに出会った頃の気持ちで書くので
あえて呼び捨てにさせてもらう。
学生の頃にSkrillexにハマっている時期があった。
彼の曲をYouTubeで調べている時に
たまたま『Wild for the Night』に出会った。
そしてハマった。
A$AP Rockyのラップ、声、ルックス、ファッション、
全てに衝撃を受けた。
何てかっこいいんだと。
僕のファッションは
彼から影響を受けている部分もある。
『Drugs can't kill teens』は僕が小さい頃に
実家の車でよく流れていた曲だ。
中学の頃にギターを触り始めたのだが、
初めにこの曲とGreen Dayの『Basket Case』を
父から教わったのを覚えている。
基本的にパワーコードだけのシンプルなギターだが、
めちゃくちゃかっこいい。
イントロとアウトロの感動的で渋いベースも
めちゃくちゃかっこいい。
歌詞にも勇気づけられる。
この曲は『Viva La Revolution』という
アルバムを通して聴いてほしい。

ということで、
僕たちのミニアルバム『君と僕の唄』と合わせて
このプレイリストも聴いてみてほしい。