小さい頃は完全なものに惹かれていた。
とにかく整ったものが好きだった。
しかし、最近は不完全なものに魅力を感じる。
左右非対称なもの。
完成されていないもの。
そういう不完全なものは美しい。
月は、満月よりも三日月の方が好きだ。



今夜の月は上弦より少し満ちている。
これ以上満ちないでくれ。