インターネットを見ていると、
物事の本質を理解していない人が多いと感じる。
だいたい、そういう人間に限って
自分だけの価値観や尺度を他人に押し付ける。
あたかも自分が正義であるかのように。
こういう人間に絡まれると
本当に面倒臭いだろうなと思う。
何が面倒かというと、
本人は自分が完全に正しいと思っている点だ。
ある事象に至った経緯や知識も無いまま、
その時の感情や偏った考えだけで
意見を言うのはいかがなものかと思う。
それはただの文句である。
では、全てを把握していない人間は
意見を述べてはいけないのか。
いや、そうではない。
自分の考えを一つの意見として述べることは
新たな発見ができると同時に
自分や他人の成長にも繋がるはずだし
積極的にやっていくべきだと考える。
しかし、その意見が完全に正しいのだと、
自分が正義であると断言して
他人に押し付ける行為は迷惑でしかない。

まあ、自分はどうなんだと言われれば、
何事もきちんと本質を理解しているとは
断言できないが。



僕はただ文句を言う大人にはなりたくない。

だから、これからもたくさん勉強しようと思うし、
ひとつひとつの自分の発言に
責任を持ちたいと思う。

便利な社会だからこそ、みんなも気をつけよう。