昔から思っていたのだが
音楽のBPMって
聴く時間帯、気温、体調、気分などによって
速く感じたり、遅く感じる事がある。

みんなはこういう経験は無いだろうか?

僕はだいたい朝起きてから夜寝るまで
お仕事や人と話す時以外は
一日中ずっとAirPods Proを着けて
音楽を聴いている。
ある曲を朝に聴くとゆったりと感じていたのに
一日が終わり、寝る前に同じ曲を聴くと
「あれ、こんなに忙しなかったかな」
と思う事がよくある。

たぶん、曲の速さが違って聞こえる感覚は
本当に存在すると思う。

人間は歳を重ねたり、新しい体験をしていないと
時間の進みを速く感じるとよく言われるが
その話と似ているのではないか。
BPM=60というのは、
秒針が進む速さと同じテンポである。
つまり、僕が曲をゆったり感じている時は
その過ごしている時間さえも
ゆったり感じているのかもしれない。
僕が曲を忙しなく感じている時は
その過ごしている時間さえも
忙しなく感じているのかもしれない。

趣味として音楽を聴く分には
こういう感覚の違いは楽しくて良いと思う。
しかし、この感覚が
最近の僕の曲作りを惑わせてくるのだ。

今後、僕が作った曲で
めちゃくちゃ速い曲が出たら
その曲を作っていた時の僕は
時間をゆったり感じていたんだなと
逆に、めちゃくちゃゆっくりな曲が出たら
その曲を作っていた時の僕は
時間の流れを速く感じていたんだなと
思ってください。

まあ、全てがそうとも限りませんが。





そして、こちらは
全然ショートじゃないショートバージョンの曲。

これはこれで
また別次元の時間感覚のズレですね。