と、始めると お前何してるんだ?
などと言われそうだが
変な時間に仕事が終わり、一番電車で
退勤すればやはり 朝帰り だ。

たまにしか帰宅しないことも手伝い
近所の 早起きさん の 好奇な視線を感じつつセキュリティを解除し、
郵便物や配布物を抱えドアを開ける。
これの仕分けもまた一仕事だ。
まず自治会関連の配布物を拾い出し
今日の日付の行事の有無の確認。
次いで請求書類。
ほとんど引き落としなので問題はないが、たまに こんなのあったの?
なんてやつがある。
最後にDMをまとめてシュレッダーに
押し込んで作業終了。
プライベートな便りなどは稀にしかない。

ここまで終えてネクタイを外す。
冷蔵庫からビールを取り出し
1人で乾杯 🍺🎶🍺🎶🍺

後は寝るだけ。

朝帰り  朝酒  朝寝

今回も 三拍子 が見事に揃った。

郊外にある関連施設からの応援要請で
迎えに来た車に乗り込む。
ドライバー氏は元ハイヤーのドライバだったという人で
こんな道があったのか? という道を
スイスイとミズスマシの様に走る。
見ているとハンドルさばきは忙しいが、
後席にいる者にストレスを感じさせないあたりは、さすが元ハイヤードライバーだ。

到着まで時間が少しあるのでしばし仮眠。
これができるのとできないのでは、
天と地の違いが出る。

ふと目が覚めると周囲は田んぼで
台風の影響か、やや風が強いが、
よく見ると何かが飛んでいる。
どうやら アキアカネ の群れらしい。

酷暑かと思えば台風
すぐにまた酷暑に戻るのだろうが・・・ 

秋 近し

である。

家族、親戚、或いは親しい仲間。
集まって故人を偲ぶ。
素晴らしい習慣だ。
遠く離れた故郷に帰り寛ぐ方も多いだろう。

私はと言うと、 
お盆だから敢えて仕事をしている。
なぜならあの日 生きて苦痛に苦しむ人を無視し、死んでしまった者にすがりついてしまったからだ。

別にお盆だから、ということではない。
年中無休で仕事虫に徹している。

私の罪滅ぼし。

だから墓参りにも行けないよ😃
そのうち、行くけどね。

全てのやるべきことを遂げ
天が許し、君が迎えに来てくれる時まで、
私は 鬼の形相 で
罪滅ぼしをする。




↑このページのトップへ