友だち追加数

こんにちは。
なんでもプールに結べたがる性癖を持つプール研究家の西川です。

今日はひとつプールの未来を妄想。

まずこちらの動画を見ていただきたい。


手で気を放ち、身体を移動させて避けたりシールドを使って防いだりしながら相手チームを倒すというウェアラブルデバイスとARのミックスでドラゴンボールのような世界を実現するテクノスポーツ【HADO】の映像です。



目の前のモンスターを強力プレイで倒すこともできるようです。

こちらを提供いているのはmeleapさん

ちなみにARとは拡張現実のことで、ポケモンGOのように現実の映像の一部に可視化した何かを映し出す技術です。
VRは仮想現実で、見えているもの全てが作り出された映像です。
一部か全部かって感じで覚えるとわかりやすいかと。


さて、妄想野郎はこの技術を目の当たりにして思いました。

これが水中でできるようになると《マリオの世界》をプレイできるんじゃね??
TOP-01.jpg
super-mario-maker-girigiri-jump.jpg



陸上ではプレイヤーの脚力によってパフォーマンスに差が出てしまうので、高い壁をジャンプするとか飛んで横移動するというゲーム的3次元な動作は難しい。

しかし、水中だと脚力に依存しないので、高くジャンプできたり、飛んで敵や障害物を避けることができる。

しかも、年代層を問わず誰でも同じ体験ができる。

泳力には依存するので、できない人はプールに行って練習しよっか。とプールに誘導。
そしてプール人口を増やすという流れにも持ってこれる。

プールに興味を持つ人が絶対出てきて、プール利用率は絶対上がるだろうな〜と。

電波が届きにくい水中でプレイヤーの位置特定さえ正確にできれば実現可能だと思っているので、そのあたりの研究もTOKYO POOL LABOでやっていきたいと考えています。

2020までには水深5mのダイビングプールの中でゲーム体験ができる世界を作る!

そして、世界中のプールにこの体験を届けられるようになりたい!

ので、ラボ作りのためにクラウドファンディング支援してください!!


以上、現在絶賛開催中のクラウドファンディングの宣伝でした。

残り9日!

---------------------
服装も楽しみ方も自由な世界一おもしろいプール創りをクラウドファンディングで挑戦中☆
現在の支援総額:1,031,000円(達成度41%)
支援者数:61人
募集終了まで残り:9日


お友達登録していただくとブログの更新情報をLINEでお届けします♫

友だち追加数