月別アーカイブ / 2019年11月

今日は趣味友達の先輩とランチ、フットサル(人工芝)、温泉に行きました。
終始笑いの絶えない時間を一緒に過ごして楽しかったです。

時に真剣な話をしたり面白い話をして
笑って一日楽しい時間でした。
自分の話を気を遣わず言える人がいることは嬉しいなと改めて感じました。

お互いの近況報告や誰にも言えないような内容を同い年の友達や職場の人に自分の口から言えない話はあります。

趣味友達の人とだからこそ言えないことも言えることがあると思いますし、理解してもらえなくても相談することによって自分が感じてきたこととか普通だったこととかを再確認できる存在です。

そういった人と一緒にご飯を食べてスポーツが出来て幸せです。
そういう人をより身近に感じているからこそ大切にしたいです。

また、自分も何か力になれればと思っています。
頼れる人にもなりたいですし、信頼される人になっていきたいです。

今日は一緒に幸せな一日を過ごしていただいた先輩に感謝しています。
また、来週温泉に入って色んなトークをしていきたいと思います。





今日は日本のプロサッカーリーグの
「Jリーグの日」記念日です。
1992年(平成4年)のこの日、Jリーグ初の公式戦・ナビスコカップ決勝が東京の国立競技場で行われた。

決勝戦に集まった観客は5万6000人で、
1991年まで開催された日本サッカーリーグ(JSL)の観客数を大幅に上回ったことが
きっかけで翌年の1993年リーグ開幕戦の準備作業を進めたそうです。

自分が生まれる一年前に日本のサッカーリーグが誕生して小学生の頃からJリーグの試合を見るようになり好きになりました。

大人になった今も好きでサッカー観戦に行ったりしています。
スポーツ観戦をしてスポーツを盛り上げることをこれからも継続していきます。

日本のJリーグが愛されるように一緒に応援するファン・サポーターの皆さんと楽しんでいきます。

今日は地元の名物「長野県りんごの日」です。
地元のりんごは新鮮でシャキシャキして蜜が甘く美味しいです。
長野県産のりんごの美味しさをアピールすることが目的とのことです。

「フルーツ王国」長野県は、雨が少なく
日照時間が長いため、果実は十分な日光を浴びてじっくり育ち、また、昼夜の温度差が大きいことから、果実の旨みが増すのだそうです。

りんごの品種の一つ「ふじ」は、「国光」と「デリシャス」の交配品種であり、
「りんごの王様」とも呼ばれ、日本代表する品種。

そのりんごは種類が豊富で色んな名前のりんごがあります。
長野県生まれの「夏あかり」「アルプス乙女」「シナノピッコロ」「シナノゴールド」「シナノスイート」「秋映」のほか
「つがる」「紅玉」「王林」などがあるとのことです。

車を走らせてよくりんご畑を目にします。
それくらい長野のりんごは日本中から人気があると思います。

今年は、10月12日の台風の影響で河川の水が浸かってしまい、このままでは木が腐ってしまう危機に直面しています。
どうにか復興することを願うばかりです。

長野県産のりんごをより多くの人に食べてほしいです。

↑このページのトップへ