一無、二少、三多をより多くの人に実践してもらい健康寿命に役立ててもらうのが目的とのことです。

「一無」は「無煙と禁煙」、二少は「少食と少酒」、「三多」は多動 (体を多く動かす)と多休 (しっかりと休養する)と多接
(多くの人、事、物に接する生活)」のこと。

自分がこれからの人生生きるために特に三多の多動、多接、多休は大事にしていきます。
日頃の行いが生活習慣病予防になってくと思うので積極的に自分から行っていきます。