何があってもどんなときがあってもひたすら前を見て今を進んでいきます。

今を生きることが使命だと感じます。