皆様おはこんばんにちは!

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

ところで全然関係ないんですが人気コミックの「鬼滅の刃」が最終回を迎えました。
潔く綺麗に終わりましたね!
全く寂しい限りです…
関係無くてすいません!
馬の呼吸を修業中なもので…
分からない方 m(_ _)m

さて、ダービーへ向けて予想の基本へと立ち返り、現段階で出来る事!

一週間前の追い切りに注目しています。
ウッドコースで追い切りを行なっているのか?
併わせ馬がいるのか単走か?
坂路のみなのか?

先日のオークスと同じ距離とコースなので、
そのオークスで馬券に絡んだ馬たちと同じような追い切りが出来ている馬を探したい!

その各馬の共通点が、
・ウッドコースでの追い切りを必ず行なっている(坂路併用有り)

・併わせ馬が居て先着している

・時計も出している
(デアリングタクトは併わせ馬が居たか忘れました、単走?彼女は例外扱いとします)

この3点と同様な結果を出している馬こそダービーで狙いたい!

美浦トレセンなら南ウッドコース!

栗東トレセンならCウッドコース!

最終追い切りでは坂路調教も有ると思われるが、一週前追い切りではウッドコースが多いようです。

今のところ好気配な馬たちは…
コントレイル
サリオス
ワーケア
ヴェルトライゼンデ
ヴァルコス
ガロアクリーク
マイラプソディ
のようです。

追い切りが坂路調教のみの場合にはバッサリと消して行こうと思います。

コーナーを4回周るためウッドコース追い切りが有効と考えます。

詳細はJRA-VANの追い切り動画でも見れるので、視聴可能な方はご確認下さい。
その他競馬系のYouTuberにもご丁寧に教えてくれる方もいらっしゃいます。 
検索したら出てきますので是非ご参考下さい。

ただし最終追い切りまで気が抜けません!
ダービーはやっぱ当てたいですからね!

あと今週からCコースに変更されます。
先週、差しがようやく効き出したところ辺りが
内ラチ沿いとなり再び前と内有利となる可能性が高いと思われます。
丁度オークスのゴール前で3着馬の
ウインマイティーやデアリングタクトが差して来た付近のイメージかなぁ?

恐らく良馬場になるでしょう、前で勝負出来る馬
や中団付近から差してくる馬などを意識して、
最終追い切りで各馬がどんな結果を出すのか?
注目して行きます!

それでは今回はこの辺にて!
see you!