生活音・騒音
トラブルに発展する生活音にはドアを

閉める音やトイレを流す音

他には携帯電話を床に置いた時の

バイブ音などが含まれます。

また子供の走る音や赤ちゃんの鳴き声も

アパートやマンションの構造によっては

トラブルの原因になり得るでしょう。

一方騒音には大音量での音楽の再生や

楽器の演奏必要以上に大きな声での会話

イビキ、咳、怒鳴り声での喧嘩などが含まれます。

原因を作っている方が思っている以上に音が

大きく響いている場合もあるため

解決することが難しいトラブルの一つです。


騒音の基準とは・・・

騒がしいと感じる音については個人差があり

どのような音を不快に感じるかも

人によって違います。

住宅内では日々様々な音が発生します。

動いた時に出る足音

日常的な会話

ドアの開閉音

いびき


また洗濯機や冷蔵庫などの家電から出る音

さらにテレビやステレオ、ピアノ等

趣味を楽しむ際に生じる音

ペットの鳴き声などもあります。

他の住人からすると不快な音になってる

可能性もあります。

一般的には音の大きさのレベルは『デシル』(dB)

という単位によって表します。

環境省が定めている環境基準によると

一般的な住宅地域では昼間で55デシベル以下

夜間では45デシベル以下とされています。

一般的な住宅の昼間の理想的数値が

55デシベルとされているので

日常的な生活音の中には

『騒音』と言えるような音が

沢山あることがわかります。

賑やかな住宅街であれば昼夜問わず

様々な音が聞こえてくるのであまり気にならない

かもしれません。

閑静な住宅街だと日中窓やドアを開けると

隣の住宅からの掃除機、洗濯機の音など

ちょっとした生活音も聞こえて気になることが

あるでしょう。

またどのような環境であっても夜間となると

周囲が静かになり昼間には気にならない

小さな音も目立って聞こえてくるのです。

周囲の音が『気になる』『うるさい』と感じると

同時に自分が出している音が周囲の人に

耳障りになることもあるので

周囲に配慮して暮らすことが大切です。




生活改善された方がいいと思うけど。

気にしてないみたいなんで傍観者決め込みます。

あなたが訴えられれば間違いなく

追い出されますよ。

昼夜問わず寝たり起きたりの繰り返し

夜中の行動。

もう少し自分のやってることよく考えてください。