高雄温泉 おおるり山荘

秘湯ファンの間では有名な温泉。

高原随一の絶景と眺望が嬉しい露天風呂

秘湯をゆっくり楽しみたい人に大人気😃

泉質
含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム
-硫酸塩・炭酸水素塩温泉
pH6.1
無色透明 酸味 硫黄臭
神経痛、疲労回復、リュウマチ、アトピー等

内湯
加温あり。
湯温42℃

広い石張りの湯船は20人くらい入れそうな

感じの浴槽

湯の花が少なく感じた。


露天風呂
濃厚な硫黄の香り😊
湯温38℃

透明なお湯の底にごっそりと白い湯の花が沈澱

全体が青白く見えるお湯

岩風呂の湯船は10人くらい入れそうな

感じの浴槽

眺望が😃


硫黄泉でも中性のため肌に

刺激がなく湯疲れしない😃

すべすべ感もあり浴後は長くポカポカし

肌に硫黄臭がたっぷり残る😃
那須連山茶臼岳の中腹にある

高雄温泉は江戸時代の万延年間に発見された。

弘法大師空海が大同元年(806年)に登山し

信仰登山が始まったと言われている。

山岳信仰が盛んなその時代には

『温泉様(ゆぜんさま)の湯』と呼ばれ

尊い温泉とされ長い間浴用されることは

なかった。

後に白湯山信仰のためにこの地を訪れる行者が

修行の前後に身を清める温泉となり

『御行の湯』と呼ばれるようになった。

信仰登山が時代の流れで衰退してから

明治時代に入り高雄股川上流の源泉近くに

浴場を移して湯の花採取が盛んに

行われるようになった。

一時は無人の露天風呂があるのみでしたが

昔からよく利用していた😊
次ブログに記載

現在はオオルリ山荘があり宿泊はもちろん

日帰りも楽しめるようになった。

露天風呂は標高1200m付近にあるため眺望は

抜群で関東平野が一望でき

晴れた日は栃木県と茨城県にまたがる

八溝山や筑波山の山並みが見える😃