皆さんは好きな楽曲のタイトルを、ちゃんと読めていますでしょうか。
これは決して難しい問い掛けをしているわけではありません。

「当て字が多用されており一見して読み方がわからない」
「タイトルと曲中になんらかの仕掛けがある為に読み方がわかりづらい」
「そもそも読ませる気がない」

いわゆる「アーティストの意向」というやつで、タイトルの読み方がわからないor本来の読み方と違う、なんてことが稀にあったりします。

「自分の楽曲にそういう曲ってどのくらいあったっけ…?」
と見返した所、数曲そういう「難読タイトル曲」が見受けられましたので、今回はそれらの正しい読み方と、何故そのようなタイトルになったのかというエピソードを軽くご紹介していきたいと思います。

(廃盤になった音源に収録されている曲も含めて、発売順に解説していきます。)

-----

「si(g)n」
(2013年発売:限定シングル「制裁は7月に」収録)

→「サイン」と読みます。
"発するサインを受け取った時、そこに独りよがりな罪の意識が生まれる"という意味を持ちます。
「g」を「自慰」として「sin=罪」に内包させることで「sign(サイン)」と読めるタイトルにしました。

-----

「p/v」
(2013年発売:限定シングル「制裁は7月に」/ミニアルバム「美しい生活の為に」収録)

→「ピーブイ」と読みます。
「プロモーションビデオ」の略称のPVと同じ発音です。
"punishment≠vanish"(罰は消えることはない)という文章を略してタイトルの表記としました。
先述の「si(g)n」と共に限定シングルに収録することで、対比として「罪と罰」という関係性を曲同士に持たせたという意図もあります。

-----

「henrietta」
(2013年発売:ミニアルバム「美しい生活の為に」収録)

→「アンリエッタ」と読みます。
「ヘンリエッタじゃなくて?」と聞かれたことがあるのですが、それはそれで正解です。
これは完全に作者の意向です。
英語読みならヘンリエッタで正解なのですが、フランス語読みをするとアンリエッタになるのです。
"Anrietta"という表記がなんだかしっくり来なかったということと、聴いてきた音楽や読んでいた小説、当時第二外国語としてフランス語を勉強していた…という背景もあって、アンリエッタと読むことにしています。
街を抜け出す歌なので、なんだかその辺の地域が舞台になりそうだなあと、ぼんやり思ったりもして。

-----

「aknowll」
(2014年発売:EP「さようなら、真冬の死神」収録)

→「アノール」と読みます。
2010年頃に制作した楽曲で、冷たい冬の景色について歌った曲です。
「クノールカップスープって冬に飲むと最高だよね」という会話から「クノール」という言葉の響きが気に入り、タイトルに反映させたいなと思ったのが始まりでした。
歌詞内にあるキーワード「知っていた」という部分から「all know(全て知っている)」という言葉を引っ張りだし、アナグラムすることによって「aknowll(アノール)」というタイトルになりました。
響き優先という、珍しい経緯で生まれたタイトルです。

-----

「ghost(in the xxxx)」
(2015年発売:EP「pictured black heaven」収録)

→「ゴースト」と読みます。
この手のバンドにありがちな「()の中は読まなくていい」というアレです。作者の意向。めんどくさいですね。其れがいい。
敢えて読むとするなら、続きの部分は「イン ザ マボロシ」と読みます。
歌詞を読むとわかる人にはわかるのですが、他曲へのリンクを匂わせる描写があり、また、曲中でも「xxxx」を言葉にしている箇所があります。聞き取りづらいけど。
これまで明言してはいなかったのですが、これを踏まえて聴くとまた広がるんじゃないかなあと。

-----

「a day u me」
(2015年発売:EP「pictured black heaven」収録)

→「アダユメ」と読みます。
"とある日のあなたとわたし"という意味を持たせたかったので、タイトルを日本語ローマ字表記にした上で、英語でその意味になるように分割してあります。
「あだゆめ」というタイトルの意味はそのままに、情景的意味も付与したかった故のギミックです。
変拍子を多用していることから、タイトルの難読性も相まって気に入っています。
意図が汲み取られているのか、結構人気があるので、「あの曲好きです。ア デイ…!」と良く言われます。
「そうか!読み方わからないのか!」と気付いたことから、今回のブログ記事執筆に至っております。

-----

「傀儡」
(2018年発売:デモシングル「femme fatale」収録)

→「くぐつ」と読みます。
"あやつり人形"という意味で、単語としてそのままの意味のタイトルです。
「傀儡政権(かいらいせいけん)」という言葉があるように、「かいらい」とも読めますし、しかも意味は変わらないので、迷う方もいるのではないかと。
歌詞の中ではハッキリと「くぐつ」と歌っているので、よく聴いたり歌詞カードを見た方は判別出来ていたのではないでしょうか。

-----

「femme fatale」
(2018年発売:デモシングル「femme fatale」収録)

→「ファム・ファタール」と読みます。
先述の「henrietta」の件からもおわかりいただけるかと思いますが、僕はフランス語表記を好む節があります。
この言葉はフランス語で「運命の女/魔性の女(男にとっての)」という2つの意味を持つ言葉であり、フランス語を勉強していた時代に出会い、「この言葉に負けないようになれたら使おう!とずっとあたためていた言葉でもあります。
説得力というかなんというか、若過ぎた自分には語るには不相応に思えたというか。
あくまで自分基準ではありますが、ようやくこういう歌も歌えるようになったんじゃないかなあと。
ここまでの自分達の集大成のような曲で、ひとつの終着点でもあります。
フランス語を使った理由は、なんだか日本語でも英語でも、情景がしっくり来なかったからです。
とても良い響きだし、言葉の持つ意味が素晴らしいですよね。

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4043.HEIC

声に出して読みたい(けど読み方がわからない)タイトルについてまとめてみました。

今回登場した殆どの歌詞はこちらから閲覧出来ますので、ご興味を持って下さった方は是非。
音が無くても楽しめると思います。

今回は各曲のエピソードやら背景に軽く触れてみましたが、作者としてはもっと深くお話しすることも出来ます。勿論、今回登場しなかった曲についても同じです。

ただ、楽曲の持つ「余白」から、受け取り手である皆さんが思うことも沢山あると思うので、また違う形で、作者なりの見解やらエピソードは語ってみたいと思います。

そして機会があれば、歌詞を読み解いている皆さんの見解も聞いてみたいです。
自分の作品が自分の手を離れて沢山の意味を持つというのは、作家冥利に尽きること。
今年は沢山文章も残していきたいと思います。




















fusetatsuaki

あけましておめでとうございます。
新年は実家にて迎えました。

実家に帰省すると、時間が止まった感覚に陥ります。
両親が定年退職してからは尚更。
過ごしている1日の時間は、東京のソレより明らかに長く感じるのに、東京へ戻る日が近付くにつれて「もうこんなに経ったのか」なんて思ったりして。

ウラシマ効果よろしく、ゆっくりとした時間の中で特にやることもなく過ごすと、日常に戻る瞬間に一気に時間が経った感じになってしまうんでしょう。

この街に僕の日常はもう無いという証拠。
少し寂しくて、少し安心する。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5093.JPG

ヨルニトケルの新体制がはじまりました。
本決定のアー写は違うものになりますが、進んでいる感じが気に入ったので元旦に公開した1枚。

今年の僕らは、今までやらなかったことにいよいよ手を出していきます。
ダンスするとかエレクトロに振り切るとか楽器を捨ててエアバンドになるとか…そういうのではなく、編成は今まで通りの4人組のツインギターですけども。

関わってくれる人達の力と自分達の力を信じて進むことが最良であり、ここで僕らがやらないと終わってしまうものが沢山あるように感じて。
そして、いよいよその環境が整ったという事実もあり。

音楽のみならず、様々な文化の価値がより相対的になってきています。
誰かにとっては不要物でも誰かにとっては宝物。

「自分達と価値を共有してくれる人がいるなら、それでいい」というスタンスで活動する人達はこれからどんどん増えていくだろうし、それでやっていける土壌が整い始めているとも思います。

そんな時だからこそ、僕たちはもう一歩踏み込んで活動していきたいなあと。
10年前に自分達が見ていた景色が霞んでいること、これに対して警鐘を鳴らすだけではなく、自分達で新たに作っていくしか無いよなあと。

その為にはまず、自分達がしっかりとした音楽家として結果を残すことが大前提となります。
新体制のヨルニトケルは以前にも増してそこのところを意識して動いていくので、来年の今頃も同じことを同じ感じで僕が言っていたら容赦無くxxしてやって欲しい。
そんなわけで2019年、期待して待っていてください。

-----

あと、個人的な試みとして、こことは別に有料のブログを開設しようと思います。
「誰でもアクセス出来る」というのは、時に思想の提示や表現の幅を狭めます。

「本当に興味がある/深く知りたい」という人にだけ読んでもらえたらいいこと、そういう人にしか刺さらないこと、というのが自分には多いように感じました。

広く伝えたいことや近況報告はここで、踏み込んだ内容や「これは金言だろう」と判断したことはそちらで、という風に使い分けていきたいな、と。

経験や知識を活かし、時間を割いて作ったものに対価が支払われるということは、ごく自然なこと。
元々僕は小説家とか随筆家とかになりたかったので、要はそれらを売る感覚です。

とりあえず開設時には下記のタイトルの文章を用意しておきます。

・表現者を殺す方法
・赤字信仰
・現世という有料コンテンツ
・憂鬱は虚像による
・死なない時間
・幻の国

興味が湧きそうでしょうか。
それともあまり惹かれないでしょうか。

どっちでもいいです。
これらの事柄は無料で渡すには重いし、僕の全力が詰まっていますので、対価をいただきたい。
惹かれた人にこそ渡したい言葉達です。

1月より執筆開始、2月半ばくらいには開設しますので。

-----

バンドのフロントマンとしてやりたいこと、ひとりの音楽家としてやりたいこと、ひとりの人間としてやりたいこと。
ようやく見えてきた気がします。

自分のここまでの経験とかをより一層活かしたいし、知らないことは知りたくなったら知りたいし。(知り過ぎても良くないので)

自分の言葉が自分に刺さらなくなったら終わりだと思っているし、自分の言葉に価値を感じでくれる人達には、それぞれの日々に彩りを添える言葉を渡したいと思っています。

そもそも僕たちは言葉を使ってコミュニケーションを取りますが、言葉なんて所詮借り物です。
僕は日本語しか話せませんので、海外の方とコミュニケーションを取るのは少し難しい。
表面的なやり取りは出来ても、思想を伝えたりとか踏み込んだ話をしたりとかは、下手したら一生出来ないかもしれません。

言語のチャンネルがたまたま合っていれば、その奥にある思想や思惑に触れられるということ。
外国語を勉強したり、海外に目が向く人の気持ちもなんだかわかってきました。
安住の地がこことは限らないですからね。

-----

難しく考え過ぎたり、難しい言葉を簡単に使ったり。
この辺の塩梅は考え直そうと思いました。
というか、今まであまり考えていませんでした。

なるべくわかりやすい言葉でわかりにくいモノを著して
なるべくわかりにくい言葉でわかりやすいモノを著して
そうしたら色んな見え方がするんじゃないかなあと。

朝からそんなことを考えていました。

おはようございます、これは現実です。























fusetatsuaki

2018年ももうすぐ終わり。
ここでひとつ僕らのシナリオが分岐することとなりました。

ヨルニトケルは2018年内のライブを以て、高橋洋祐によるドラムサポートを終了します。
2019年からは新たなサポートドラムを迎えて、活動を継続していきます。

突然の発表で驚かせてしまいすみません。

また、この文章、日頃よりヨルニトケルを応援して下さっている方にとってはものすごい違和感のある文章かと思います。

ですので、わかりやすく順を追って説明していきますね。

長文になってしまうと思います。
いつものことですが。

-----

洋祐は前任ドラムが抜けた後、2012年12月よりヨルニトケルのサポートとして演奏メンバーに加わりました。
元々全員が高校時代からの友人という繋がりもあり、すぐに正式加入を打診したのを覚えています。

しかしながら、ドラマーというのはどこの現場でも不足しがちですし、沢山の現場を掛け持つ方が多いのも事実。
そしてなによりも、洋祐本人が元々「ドラマーとして沢山の人と演奏していきたい」という意思を持って活動している人だということもわかっていました。

それらの一環としてのヨルニトケルでの活動ではありましたが、彼も手を抜くことなく活発に、勿論ドラムや、それ以外のアレンジ、プレイについての意見を出してくれましたし、「parade」の作曲や、数作の音源のレコーディングまで担当してくれました。

そして、共に活動していく中で、僕は「メンバー」の定義を「今この瞬間のヨルニトケルに参加している人」という風に思っているのだと気付きました。

-----

確かに洋祐はサポートで入ってきたけれど、僕らとしてはドラマーは洋祐で固定してやっていきたい。
洋祐もヨルニトケルの為に沢山の時間を割いてくれている。
この状態でのヨルニトケルは、この4人でしかあり得ない。

そもそも「正規メンバー」って何だ?

「正社員」と「アルバイト」は雇用形態こそ違えど「その企業に勤めている人」には違いない。
「ヨルニトケルしかやってない人」と「ヨルニトケル以外もやる人」は活動の幅こそ違えど、「今のヨルニトケルの音を鳴らしている必要不可欠な人」には違いない!

こんな風に考え、洋祐本人に「こんな理由で、表記はメンバーってことにしてもいいかな?」と伝え、承諾してくれたのを覚えています。

そんなわけで、実は「高橋洋祐、正式加入!」みたいなアナウンスは、これまで一度もしていないのです。
2012年からここまでの6年間、雇用形態(あくまで例えですが)はサポートではありましたが、僕らの要望と彼の熱意により、洋祐は「メンバー」として名を連ねていたのです。

(先日のリハで「GLAYに於いてのToshi Nagaiさん、GLAY5人目のメンバー、あの立ち位置と同じ」と言えば、伝わる人には一発で伝わるよなーなんてみんなで話してたんですが…わからない人にはわかりませんよね…なので、なるべく丁寧に書きました。)

-----

共に演奏を始めてから満6年、ここに来てのサポート終了が決まったのは12月に入ってからのことでした。

実際、洋祐はドラマーとしてこの6年でめざましい成長を遂げて、現在沢山の現場を掛け持ちしています。自分のセットも買いましたしね。ファムファタールのレコーディングで使いましたが、良い音でした。僕は友人/メンバーとして、これらの事実が嬉しいです。

しかし、ヨルニトケルも活発に活動していく…となると、スケジュールをお互いに圧迫し合う形となって、「どちらかのせいでどちらかが折れないといけない」という事態が少なからず起こってしまうのも事実でした。

「お互いのやりたいこととは」という部分を考え直し、お互いに最善のルートを模索した時、洋祐から「キリのいい所でサポート終了にした方がいいと思う」と打診されました。

これを受けて本当は「現体制ラスト企画!」みたいなものも構想していましたが、ヨルニトケルも洋祐も1月以降の活動が決まっていて、全く止まる気が無い故に、ここで企画を打つことで「思い出にして止めたくない」と考え、キリの良い「満6年」での、今年いっぱいでのサポート終了とすることにしました。

ここまでの6年間の軌跡…初のMVを作った、初の全国ツアーも行った、ワンマンも2回した、賞レースにも入賞した、劇伴音楽も担当した、それらに裏打ちされて沢山の人の前にも立ち、ヨルニトケルとしての自我を持てた…これらが僕らの全てであり、たとえ道は分かれても、同郷の友人であり、共に故郷を想う音楽家同士であることには変わりありません。

高校時代から出会って14年目の僕ら自身は、最早区切りを付けずに進むことが、今の最善の選択だと全員一致で確定しました。

-----

とはいえ、あまりに突然の決定ではありますので、「現編成の最後のライブに立ち会えないじゃないか!」と思うファンの方もきっといるかと思います。
それに関しては、本当にすみません。
熱い応援とご期待をありがとうございます。
僕らはいつも、そんな皆さんと作品や空間を共有出来ることを嬉しく思っています。
それ故に、すみません。
勿論、置いてきぼりにしたくなんてありません。
でも、僕らはお互いに進みたいんです、この先へ。記憶で終わりたくないんです。

ただ、実質の現編成ラストの12/27(木)高田馬場club PHASE公演の模様は、録画して後日YouTubeにて公開します。
映像でも、当日の熱量が届くくらいのステージにしますので。
ご理解いただけると幸いてす。

-----

2019年のヨルニトケルは布施、野月、木野の3人に新たなサポートドラムを迎え、今年は控えていたツアー含む地方遠征や、「新たな考え」に基づく活動を展開していきます。
これについては2019年を迎えてからお話しさせてください。
既に1/30にライブが決定しているので、この日から新体制ということになります。

高校時代、「隣のクラスにギター弾けるやつがいる!」という噂を聞き付けて出会ったのが洋祐でした。しかし彼は実はドラムが一番うまく、初心者集団だった僕らは「ドラムだけいないから誘いたいけど、彼とバンドをやるなんて畏れ多くて出来ない!」なんて考えてしまうほどでした。
それでもバンドの活動の時には必ず近くにひょっこり顔を出し会って、一緒に遊んでいました。

時は流れて24歳から30歳を迎えるまでの間、気付いたら僕らは一緒に音を鳴らしていました。
青森ではなく、憧れの東京にて。

2年前に僕がSuck a Stew Dryを脱退し、ヨルニトケルに専念することを決めた時に、野月くんや木野くんが「やってやろうぜ!」と意気込み激励してくれる中で、洋祐が乗っかりつつ何気無くLINEに書いた「おかえりなさい」という労いの言葉に、ひどく救われたこともありました。

この関係性を前にして、僕らはヨルニトケルのこれからも、洋祐のドラマーとしてのこれからも、お互いに最高のものにして欲しいと、思うのです。

この4人で最初に作ったのは、7曲入りのミニアルバムでした。廃盤になったものの、未だにライブでは演奏され続ける曲ばかり。
もちろん、これからも演奏していきます。

僕たち4人の中には、いつだってこの音源のタイトルが、活動のテーマとして掲げられていました。

だからこそ今年で、現体制を終えて、ヨルニトケルは新体制へと進み、洋祐はドラマーとして更なる飛躍の為に進みます。

お互いのこれからの、「美しい生活の為に」

今後ともヨルニトケルと高橋洋祐を、何卒よろしくお願い申し上げます。

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4730.JPG





















fusetatsuaki

↑このページのトップへ